05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arkaと共に在るか・2.1 

~還ってきた男~

Zenit-Legia_(4).jpg
続きを読む

Arkaと共に在るか・2 

今回の内容は・・・


gunyaa.jpg





kaa.jpg
続きを読む

Arkaと共に在るか・1 

ティトン(シュツットガルト)、ピシュチェク(ドルトムント)、オルコウスキ(ケルン)、クバ(前ドルトムント)、ミリク(前レバークーゼン)、レバンドフスキ(バイエルン)・・・。歴史的な理由も含め、独ブンデスリーガとポーランド人との“縁”は深い。日々、独ブンデスリーガを追う者として、いつしかポーランドのリーグにも興味を抱いた。

同様に多くの選手がプレーするオーストリアと悩んだのは秘密だ!

そして、「Football Manager 2016」(以下、FM2016)のアイコンをクリック。その扉を開いた。
続きを読む

Football Manager 2015のデモが公開されました 

Football Manager 2015のデモが公開されました。商品を予約している人は、ダウンロードできます。

筆者は2014を全くプレーしないまま、2015を迎えました(苦笑)。もっとも、SIへの“お布施”は生涯続けるつもりなので、プレーの有無は関係ありません(それでいいのか)。

さて、2015には新しい要素があります。その幾つかを紹介します。

まず、監督(=プレイヤー)の経歴によって初期能力が変化します。

Manager Style

指導者としてのライセンスと選手としての経歴を最大にすると・・・

Manager Style Max

一方、共に最低にすると・・・

Manager Style Min

かなり違いますね。監督としての生活に、大きな差が出るはずです。

ユーザインターフェイスも、より視覚的に捉えられるようになりました。

Start_2014102421373861a.jpg

左端にアイコンが並んでおり、上から「ホーム」、「メール」、「選手」、「スケジュール」、「コンペティション」、「セカンドチーム」、「U-19」、「戦術」、「チームレポート」、「スタッフ」、「練習」、「スカウティング」、「移籍」、「クラブ」、「理事会」、「予算」です。

布陣や戦術の設定は、すっきりとまとめられています。

formation_201410242146001d5.jpg

選手名の左側にある円グラフの長さや色は、適正を示しています。分かりづらいかもしれませんが、MoritzとHofmannの適正はAccomplishedで、他の選手はNatural。また、Brosinskiは「full back」の役割が「Very good rating for the senior team」となっており、非常に向いています。

戦術を細かく設定するのが、以下の画面です。

tactics_20141024214602bb2.jpg

マインツのスタイルを表現すると、以下の指示でしょうか。

tactics2.jpg

緑が選択した指示で、赤は矛盾する指示です。

練習は、あまり変化していない気がします。

training_20141024220024416.jpg

何を集中的に鍛えるのか、どれくらいの負荷をかけるのか、平時と試合の前後を分けて決められます。

むしろ面白いのは、スカウティングの変化です。

arnautovic.jpg

分かりますか?

スカウトの知識によって、選手の能力がアバウトに表示されるのです。ただ、Paceが14-20は差があり過ぎませんか?足の速さが、そんなに違って見えるはずがない(苦笑)。試み自体は歓迎ですけどね。

その他、色々と改良されているようですし、プレーを通じて発見する喜びを味わいたいと思います。

以下、主な日本人選手の能力を紹介しておきます。酒井宏樹や大迫は、かなり評価されていますね。原口や柿谷は、やや低めからのスタートです。
続きを読む

RB Leipzigに翼を授ける・3 

 ※「LFC Marshall's FM13 Transfer Update」を使用


RB_Leipzig_20131202132140171.png 
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。