FC2ブログ

07 | 2019/08 | 09

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol17~ 

12月

1日 月間最優秀選手が発表され、RC StrasbourgのHagguiが受賞した。チュニジア代表のハイレベルな若手センターバック。

2日 対 Bordeaux(H) 10位

下位に低迷しているBordeauxとの試合で、ようやくGrenobleの武器である攻撃陣が蘇った。Bagayokoが1ゴール、Akrourが先制弾を含む2ゴールと活躍。ここ数試合の鬱憤を晴らす3-0の圧勝劇だった。

※この辺りから冬の移籍に向けて獲得と放出に動き始める。幾つか決定したのだが、それは1月1日にまとめて載せる予定。

9日 対 FC Nantes(A) 15位

Nantesは今季絶不調だなぁ。それでも、オッズは相手が2倍でうちが3倍強ときたもんだ。もっとも、オッズに関係なく好勝負を続ける我々はそんなものを信じたりしないのだ。試合は両GKが出色のデキでゴールを許さず、スコアレスドローで終了。試合終了間際に決定的なチャンスを与えてしまったが、Shlosserがよく止めてくれた。文句なしにMOM。

試合後、FC NantesはDeschamps監督の解任を発表した。

16日 FC Nantesの新監督にGerard Houllierが就任。あれ、いつの間にLyonを首になってたの??

17日 昨年準決勝まで進んだCoupe de Franceの抽選会があり(どうやら1部リーグは9回戦から参戦するらしい)、初戦の相手は3部リーグのSCO Angersに決定した。あれ、昨年も戦わなかったっけ・・・。

17日 クラブW杯決勝戦が行われ、欧州王者のLiverpoolが南米王者Sao Paulo FCを3-0で下し、優勝。Cisseが2ゴールの大活躍。

19日 対 AJ Auxerre(A):Coupe de La ligue 2nd Round

カップ戦にプライオリティーを置いていない我々はサブメンバーで構成し、「勝てれば儲けもの」と考えていたが、やはり相手は格上。甘くはなかった。3-0の完敗で、オグリが相手を殴って退場するという失態までおまけについてきた。いやはや、ここまで差があるなんてね・・・。

※42.5Mを配当金として得た。昨年より1回買った分だけ多い。

※これにて年内の日程は終了。年明けまで短い冬休みとなる。

24日 RC LensはDenoueixを成績不振で解任した。後任はDeschamps。同じくSC BastiaもPerrinを解任し、新監督にDugueperouxの就任を発表した。


○12月最終成績○

やばい、撮り忘れてた・・・。


Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol16~ 

11月

1日 月間最優秀選手が発表され、Stade RennaisのEdmanが受賞した。リアルではトッテナムにいるスウェーデン代表の左サイドバックですな。

1日 冬の移籍を見据えてか、移籍資金が340M追加された。貯蓄額はかなりだけど、毎月赤字なのに大丈夫なの?先月は122Mのマイナスだったというのに・・・。

1日 対 Olympique Lyon(H) 2位

ついに欧州に名を轟かす仏最強チームとの対戦が叶った。ホームだけに恥ずかしいゲームは出来ないが、Maloudaを怪我で欠く以外はベストメンバー。ふむ、FredとCarewの2トップか。互いに攻撃を持ち味とするチームらしく、立ち上がりからスピーディーな展開となり、Carewのヘッド2発でLyonがリードするも、後半に入りGrenobleが猛反撃。54分にBahのミドルシュートで1点差に詰め寄ると、65分にはゴールハンターBagayokoが混戦からボールをプッシュして同点。ロスタイムまで両者勝ち点3を狙って攻め続けたが、2-2のドローと痛み分け。

4日 対 AJ Auxerre(H) 3位

Akrourの素晴らしいダイビングヘッドで先制し、さらにPKまで貰い決めれば試合は決まっていただろうが・・・これを失敗。後半早々に同点とされると足が止まり、なんとか逃げ切るので精一杯。2試合続けてホームでのドローとはいえ、相手の格を考えれば上出来だが、満足とはいかない。

8日 対 FC Metz(H) 20位

最下位をホームに迎えたこの試合、開始2分にPKを得て先制するものの、それ以降はお互いに決定機すらほとんどない大凡戦。退屈きわまりないゲームに、試合後監督は無言で立ち去った。

17日 FC Grenoble U-18:練習試合

ユーロ予選で次のリーグ戦まで17日も空くことから、ユースと試運転。2-0というダメっぷりはどうしたものか・・・。

25日 対 FC Sochaux(A) 15位

開始4分で先制、1分後に同点に追いつかれ、前半ロスタイムにディフェンダーのミスから逆転を許し、途中出場のオグリが77分に同点弾を叩き込んだものの、またもやディフェンダーのミスから84分に逆転されるという最悪のゲーム。やる気あんのか、守備陣は。( ゚Д゚)ドルァ!!


○11月最終成績○

11gatsu.jpg



Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol15~ 

10月

1日 月間最優秀選手が発表され、我等がエース、Bagayokoが受賞した。

4日 対 Toulouse FC(H) 3位

4位の我々との対戦は、上位戦線に踏みとどまるためにお互いに重要だ。緊迫した試合はお互いに出足を窺う展開となったが、1-1で迎えたロスタイム、Akrourが渾身の一撃をゴールに叩き込み勝ち点3を土壇場で手に入れた!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

6日 成績不振で監督を解雇していたBordeauxの新監督にKlinsmannが就任した。おお~。Σ(゚Д゚)

6日 右サイドバックのバックアッパーBarbierが全治4週間~2カ月の怪我。こいつは怪我が多いなぁ。

10日 要所でゴールを決めてきた若きサイドアタッカー、ChiumientoがU-21の試合で負傷し、全治4日~2週間。

14日 対 AS Monaco(A) 7位

1部のトップチーム、Monacoとの対戦。個々の能力を見る限りでは比較するのもおこがましい差があるが、アウェイにもかかわらず先制する頑張りを見せた。結局は逆転負けを喫してしまうのだが、地力は確実に強化されているようだ。Akrourがきっちり決定機を決めてれば2-2には出来たなぁ。

20日 Coupe de La ligue 1st Roundの抽選が行われ、相手は2部リーグのLe Havreに決まった。

24日 対 Le Havre(A):Coupe de La ligue First Round

相手が2部だと侮って良いほど、うちのチームは強くなかった。ほぼオールサブで挑んだこの試合は、21分で退場者を出す最悪の展開。PKを久々出場のGrauが止めてくれたのは良かったが、数的不利を抱えたままでは失点も時間の問題。3分後に先制を許す。しかし、1部の誇りか10人でも果敢に反撃。34分、Koutouanが同点ゴールを叩き込む。10人になった時に3-4-2と攻撃的なシステムを維持したのが奏功したか、前に出る姿勢が相手の猛攻を阻んでいた。

そして試合は延長線へ。

輝いたのは後半残り10分から出場していたAkrourだった。エースであることを証明する単独突破からのゴール。「これで勝った」。そう思った。しかし、120分。相手のクロスにマーカーが完全に振られ、土壇場で同点に追いつかれてしまう。PK戦に突入だ。

互いに2本ずつを決めて迎えた3本目、相手キッカーのシュートはクロスバーを叩いた。後攻のGrenoble、着実に決めた。4本目はお互いに成功、5本目の相手キッカーも冷静に決めた。我々の5人目はBoudarene。なんとこれを外してしまう。ここからはサドンデスとなる。6人目の相手キッカーが助走に入る。Grauは冷静に見切り・・・見事ストップ!!決めれば勝ち。今度こそ。Masson・・・豪快に決めた!!!

試合の流れが三転も四転もしたこの試合、なんとか制したのはGrenobleだった。
(;´Д`)

25日 Coupa de La ligue 2nd Roundの抽選が行われ、対戦相手はAJ Auxerreに決定した。うーん、ここでさよならかなぁ。(;・∀・)

28日 対 FC Istres(A) 13位

ここは勝ちを狙える相手だったが・・・先制した後の攻めが不味く、後半にFKを直接決められてドロー。決定力が足りないなぁ。


○10月最終成績○

10gatsu.jpg

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol14~ 

9月

1日 月間最優秀選手が発表され(そんなのあるんだ・・・)、6試合で7ゴールを決めたFC IstresのCedric Faureが受賞した。


17日 対 RC Lens(A) 20位

今月初旬にユーロの予選があったため、2週間以上試合が空いてしまった。そのため次節までは中2日しかない。相手は実力上位とはいえ、最下位に沈むチーム。サブを主体にメンバーを組んだ。ところが、地力に勝るLensの猛攻に晒されてピンチの連続。久々に先発したShlosserがスーパーセーブを連発してくれたお陰で無失点に抑えられたが、大量失点しててもおかしくなかった。逆に攻撃陣は2トップが絶好調。Bagayokoがハットトリック、Akrourも2得点を挙げて5-0で勝利した。
v( ̄Д ̄)v

20日 対 Lille SC(A) 12位

この戦力で何故12位なのか分からないLille。いつの間にか10億円以上を費やしてBetisからEduを獲得してるし、MakounやBodmerと構成するセンターハーフはリーグでも屈指だろう。唯一見劣りするのはディフェンスラインか。

立ち上がりからゲームを支配したのはGrenoble。得意のパスワークから相手の鈍重なディフェンスラインの裏を突き、ゴール前に度々迫る。しかし、相手GKSylvaが全てシャットアウト。そうこうしている間にミドルシュートを2本決められ、前半を終えて2点のビハインドを背負ってしまう。後半、怪我から復帰して初めてベンチ入りしたオグリが1点を返し、何度もゴールを脅かしたが、結局1点足りなかった。

23日 対 OGC Nice(H) 7位

4位対7位の対決は、戦前の予想ではホームのGrenobleが有利とされていた。その通り、序盤から攻めに出たGrenobleは早くも11分、Bagayokoが決めて先制する。そして21分、NiceディフェンダーBlaszczykowskiの愚行がゲームを終わらせてしまう。エリア内に侵入したBagayokoに真後ろからチャージし、一発レッド。このPKをZerkaが冷静に沈めて追加点を挙げると、25分にはBagayokoがこの2ゴール目、さらに39分には再びPKを得てZerkaがネットを揺らし、あっという間に4-0と大差がつく。後半は流し気味になったため76分に失点したが、4-1で中位決戦を圧倒した。

30日 対 Nancy Lorraine(A) 14位

この試合のヒーローは久々に先発出場したオグリ。4分のBagayokoの先制点をアシストしたのに引き続き、21分、41分とスピードに乗ったドリブルから自らゴール!!アウェーで3-0の完勝。


○9月最終成績○


9gatsu.jpg

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol13~ 

8月

5日 対 FC Nantes(H)

またまた1部の常連チームと対戦。ホームにもかかわらず相手のオッズが2倍というゲームは、しかしてホームのGrenobleが圧倒。前半から押せ押せで攻めたが、相手GKに神が降臨。なかなか点を奪えずにいると、連携ミスから独走を許し最悪の形で失点。なんとか1点を取りたいGrenobleの執念が実ったのはロスタイム!BagayokoのシュートがこぼれたところにAkrourが詰めて、同点!!!なんとか勝ち点1をゲットした。

10日 ○選手獲得○

・Moncef Zerka(24) D/WB/AM RC,FC 仏1部リーグNancy Lorraineより260Mで獲得

Zerka.jpg


20060806082651.jpg




私好みのスーパーユーティリティープレイヤー。彼を移籍リストに入れてるなんて、どこまで余裕があるんだろ、Nancyは。ベンチ入り人数が5人と少ない仏リーグにはぴったりの選手ですな。

12日 対 Montpellier SC(A)

昨季2部リーグを制したMontpellierとの「昇格チームダービー」(なんのこっちゃ)は、アウェーということもあり劣勢を覚悟したが、オフシーズンの補強の成果か互角以上の戦いを繰り広げた。開始早々の4分にはBagayokoが移籍後初ゴールをゲットして先制すると、前半を1点リードで折り返す。さらに、後半開始から僅かに6分後、再びBagayokoが高い打点のヘッドを突き刺して2-0。守備陣も集中力を切らさず身体を張ってゴールを守り、許したゴールはColomboの素晴らしいミドルシュートのみ。2-1で逃げ切ってリーグ戦初勝利!!

13日 伊1部リーグJuventusがFernando Torresを6.1Bで獲得。おいおい、マジですか・・・。(;・∀・)

16日 対 Le Mans(H)

昇格後初めて本命印がついたこの試合、相手GKに神が舞い降りて点が入る気すらしなかったが、負傷退場を機にようやくAkrourが先制点!試合を優勢に進めるのも我々で、ゴールラッシュかと思いきや・・・10分後にCKから同点に追いつかれてしまう。その後は互いに決定機を無駄にし続け、時間ばかりが過ぎていったが・・・なんと92分、Ambourouetが値千金の勝ち越しヘッド!!彼の嬉しい移籍後初ゴールが、チームにも勝ち点3をもたらした。ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

ちなみに、中3日ということでGKと2トップ以外は全員控えだったのだが、問題なかった。上手くターンオーバーを続けていきたいなぁ。

19日 対 RC Strasbourg(H)

今度は中2日かよ・・・。(;´Д`) ただ、ターンオーバーのおかげでメンバーのコンディションはまずまず良いですよ。 m9(`・ω・´)シャキーン
そして、この日はAkrourが獅子奮迅の働き。42分に中央を単独突破で先制点、61分には左からのクロスにヘッドで合わせ、GKに弾かれると更にそれへ飛び込んで2点目!76分、相手のミスからBagayokoがチーム3点目を叩き込むと、シュート12本中枠内2本という相手の決定力の無さにも助けられ、3-0で圧勝した。これで順位は2位へと浮上。まぁ、今後落ちるのは間違いないですけどね;

22日 ArsenalがTottenhamからDefoeを6.4Bで獲得。そんな金ないでしょ、ガナーズに;

25日 MarseilleがRennaisより825MでKim Kallstromを獲得した。リアルと違って強いMarseiile、どこまで強くなるのか。

25日 Hertha BSC Berlin対LiverpoolのUEFA Super Cupは、2-1でLiverpoolが勝利した。

27日 対 Olympique Marseille(A)

結果から言えば、よくアウェーで頑張った。許したのはPKによる1点のみ。攻めては3度の決定的なチャンスを創った。残念ながらBarthezのスーパーセーブによって全て弾かれたが、敗戦が自信となる一戦と言えよう。30日にはパリSGをホームに迎える。ここで成果を出したい。

30日 対 Paris Saint-Germain(H)  12位

下位に低迷しているパリSGとの試合、怪我人続出の影響だろうか。今のうちに勝っておきたいところだ。試合はホームのGrenobleが立ち上がりから攻勢で、ParisSGはカウンターからゴールに襲い掛かる展開。前半を0-0で折り返して迎えた後半、先手を奪ったのはParisSGだった。カウンターからPauletaが巧みなポジショニングを見せ、フリーでヘッド!しかし、簡単に負けないのがGrenobleの良い所。72分、Guarinがエリア外から得意のミドルをぶち込んで同点!!勝ち点1を分け合った。

※軽症マークが3人について焦ったが、いずれも直後に交代したのが良かったか、負傷には至らず。良かった。( ´―`)フゥー...


○8月最終成績○

8gatsu.jpg

続きを読む