07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚しい勝ち星 

降りしきる雨の中、喉をからして声援を送り続けた5万1千人の溜め息が聞こえてくるようだった。

これほど虚しい勝利を、誰が心から祝福できるだろうか。“持たされた”日本は、いつものようにペナルティーエリア前でのアイディアとチャレンジに欠け、バーレーン守備陣は人数をかけて侵入者の各個撃破に努めるだけでよかった。ロスタイムに内田の幸運過ぎるゴールが決まり、何とかアウェイでの借りは返したものの、デビュー初ゴールにもかかわらず、全く喜びを表さなかった内田の表情が、その消化不良ぶりを雄弁に物語っていた。

戦前の予想通りに引きこもるバーレーンに対し、日本は中村俊、中村憲、遠藤のトライアングルを起点として立ち上がりからボールをキープ。安定したポゼッションを基に、両サイドの押し上げ、1トップの玉田のオフ・ザ・ボールを引き出してチャンスをつくるが、体を張ったバーレーンの守備に破綻の兆しは見られない。

特にアタッキングサードでの閉塞感は目を覆うばかりだ。クロスの精度が低い上に、コントロールやパスなど細かい部分でミスが続出。慎重になるあまり、シュートにすらいけないシーンも目に付いた。相変わらずセットプレーの質は高いが、流れの中からゴールの匂いが漂う瞬間は皆無。手詰まり感は刻一刻と強まっていった。

それどころか、バーレーンのカウンターからの手数をかけないフィニッシュに度々ゴールを脅かされた。楢崎の好守に救われ、無失点で乗り切ったとはいえ、前掛かりになったところを突かれる悪癖は、この日も改善されていなかった。

最終的には、バーレーンの有り得ない“お見合い”に助けられて勝ち星を拾った。しかし、自力で奪った点はゼロ。依然として攻撃のコンセプトは固まらず、期待された新戦力も、モチベーションの高さこそ窺えたが、チームのピースとしてはまりきっていないのは明らか。最終予選に向けて不安だけが募る失態だった。

※携帯からのため、誤字・脱字は勘弁下さい。コメントへのレスも遅れててすみません。明日必ず。


いよいよ愛するスペインが準決勝進出を懸けてイタリア戦に臨みます。27時半に起きて、ユニフォームを着て声援を送るとします。イタリアの快進撃フラグが立ちまくりの中、見事突破できたら一気に頂点まで走り抜けるかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

 試合前に岡ちゃんが「このチームは仲良しグループじゃなく、いい意味で団結してる」と言ってたけど、相変わらず意志の疎通を欠いているというか、約束事のないチーム事情をさらすような結果でした。

 個々の選手に対していろいろ言いたいことはあるんですが、それはさておき、思い切った改革案として大幅な選手のポジション・チェンジを図ってみてはどうか。
 例えば、玉田や大久保はセンターでトップを張るタイプには見えない。むしろ4-3-3か4-5-1のウィンガータイプで、果敢にクロスを上げさせる。ここに固定されると大久保は怒るかもなぁ。

 はたまた中村俊のボランチ起用とか。ミランのピルロみたいな感じで起用してみる。あ、その場合、DFの選手は不必要な上がりをしない。その代わりロング・ボールの精度を高めて、相手の空いたスペースを突く。引いた相手だろうが何だろうが、要は相手が一瞬見せるスキを見極める選手が、中盤センターとDFに欲しい。

 では、FWは誰か?うーん、人材難だ。本人は嫌がるだろうけど、視野の広さと身体の入れ方がうまい本田をコンバートしてみてはどうか。

斬新な発想ですね

>駒様

私も、彼らにはピッチ内でのコンセンサスが全くないように見えます。しかも、一向に改善する兆しがない。「知的で戦術的柔軟性に長ける」と国際的に認識されている日本人にとっては考えられない事態ですよね。これは監督の力量不足なのか、それとも選手が馬とか鹿なのか分かりませんが、最終予選に向けて不安になってしまいます。

ポジションチェンジという発想は面白いですね~♪玉田や大久保の1トップは私も無理があるように思いますし、突破力やスピードの生きるウイングという手は試しても面白そう。オシム氏も一時、そういう3トップに挑戦しませんでしたっけ?大久保も、神戸ではウイングをやったりしてますし、多少は大人になったので受け入れるかとw

それから、中村俊のピルロ化ですか。守備がかなり不安ですが、鈴木啓や上がらないw釣男で脇を固めればいけるかもしれませんね。見てみたい気はします。

FWの人材難は、もうずっとのことなので諦め気味ですが(苦笑)、本田だとヘディングが全然できなそうw

本当は、フィジカルに優れたポストプレイヤータイプがいいのかもしれませんが、平山に期待できない以上、いませんね。。。

バーレーン戦は、寿人が先発で出場することもありワクワクしながら観たのですが相変わらず最悪の内容でしたね。
内田のゴールで喜んでる岡ちゃんを見て何というか、思わずため息が出ました。
こんなんで最終予選を戦えるのか心配です。

岡ちゃんはこの後現地でユーロの解説をするそうですが、そんなことをしている場合じゃないような気がします・・・

あまりに無策

>誠様

広島サポの方にとっては、佐藤が出たことだけが唯一楽しめたのではないでしょうか。内容はまたも皆無で、岡田監督の株は下がり続けています。最終予選に向けては不安しか募りませんね。。。

「Jリーグ再開頑張れ、俺はユーロの解説に行く」でしたっけ?もうね、呆れてモノも言えません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。