07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流麗に、鮮烈にオレンジは舞う 

その身にまとうユニフォームのように鮮やかな色彩で世界王者を轟沈せしめたオランダと、空辣極まりない内容でルーマニアを仕留めそこねたフランス。最高と最低。好対照な初戦を終えたオレンジとブルーの邂逅は、この明暗がくっきりと表れる結果となった。

勝てば予選突破が決まるオランダは、「勝っているチームはいじらない」の格言・定石を遵守し、イタリア戦と同じメンバー。一方のフランスは、より攻撃力のある3選手を組み入れてきた。オランダの攻撃力を受け止めるのではなく、真っ向から迎え撃つ。そんな主張が色濃く滲み出ていた。フォーメーションも鏡映しの4-2-3-1。がっぷり四つに組んでの小細工無用の決闘がキックオフ前から予感できた。

初戦の“リベンジ”に燃えるフランスは、立ち上がりから体を激しく当ててボールホルダーを徹底的に潰し、中盤での主導権を握りにいく。そこからリベリーのキープ力、あるいは両サイドのスピードを生かして攻撃へと転じる。

トップ下に入ったリベリーは至る所に顔を出し、パスを受けてはドリブルで相手ラインを引き下げ、巧みに緩急を付けた散らしでオランダの守備網を分断した。

しかし、オランダは慌てない。リベリがボールを持つとすぐさま2人、3人が囲み、フランスの心臓に自由を許さない。守備組織は連動して高い危機管理体制を構築。1トップを務めるアンリへのルートも遮断し、青の“侵食”を水際で食い止めた。

イタリアから3点を奪った攻撃陣は引き続き好調子を保ち、前半半ばまでのボールポゼッションは7割近くまで達した。ダイレクトを多用した流麗なパスワークを、フランスはつかまえきれない。すると9分、CKからカイトがヘディングでネットを揺らし、オランダが先制する。

フランスは反撃に転じるが、イタリア戦で改めて存在感を発揮したGKのファン・デル・サールが、この日も安定したセーブを披露。シュートの“小雨”を丁寧に捌ききり、前半はオランダが1-0でリードして折り返す。

後半に向け、オランダはさらに攻勢を強める。ハーフタイムにはエンゲラールに代えてロッベンを投入。2列目を分厚くした4-1-4-1(攻撃時は4-3-3)へシフトし、フランスの息の根を止めにかかる。オランダならではの「DNAが主張する」果敢な采配だ。

ところが、後半からリズムに乗ったのはフランスだった。開始5分間で数度のチャンスをつくると、4分にはゴブのシュートのこぼれ球にアンリがシュート。これをオーイエルが手で止めたようにも見えたが、レフェリーの笛は鳴らず。9分にもマルダのバイシクルスルーパスにアンリがフリーで抜け出したが、シュートは枠の遥か上へ外れた。

この逸機を、オランダは──イタリア戦と同様に──見逃さない。59分、ニステルローイの軽やかなルーレットからロッベンが左サイドを突破。上げたクロスは逆サイドを併走してきたファン・ペルシーにぴったりと合い、追加点。フランスに1点を返された直後には、スナイデルのパスからロッベンが飛び出し、ディフェンダーに寄せられながらもGKの上を射抜くスーパーゴール。ロスタイムのスナイデルのミドルシュートには、スタジアム中から感嘆の溜め息すら漏れた。

美し過ぎる電光石火の速攻は、イタリアに続きフランスの息の根も止めた。

堅守を誇るイタリア、フランスから3点、4点を叩き込んだオランダ。高度なテクニックを有し、1本のパス、一瞬で無からゴールを陥れることのできる前線の「個力」はずば抜けている。毎度お馴染みの「お家騒動」とも無縁な彼らの実力に、もはや疑いの余地はない。20年ぶりの欧州制圧に向け、視界は極めて良好だ。


※携帯からにつき、構成の不備や誤字脱字は勘弁を。
スポンサーサイト

コメント

ひょっとしたら

ひょっとするかも!?
そう思わせるほどの強さでした。
個人的に大好きな選手であるロッベンが活躍してくれたのも、
非常に嬉しかったです。

一方、イタリアとフランスは、
下手したら両者共にGL敗退の危機ですね。
片方はともかく、両者共にはさすがに予想の範囲外ですよ・・・。

遅レスすみません

>どらぐら様

どうにも「信頼」とは無縁のオレンジ軍団ですが、ここまでの強さを見せ付けてくれると期待は否が応にも高まってきますよね。ロッベンも、キレキレの動きを見せてくれましたし、前線は本当に魅力的。決勝トーナメントでも楽しみです。

イタリアとフランスは、ここにきてガクッと落ちてしまいましたね。オランダが良すぎるのか、彼らがダメすぎるのか。画面からはイマイチ判別しにくいですが、老齢化とモチベーション低下から来る落ち込みでしょうかねぇ。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。