07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツがクロアチアに敗れましたね 

クロアチアは「やる」と思ってましたが、ドイツを破りましたか。仕事の都合で試合を観ることはできませんでしたが、ドイツはロングボールに頼ったフットボールを繰り広げてしまったようで。スピードはなくても強さと高さのあるクロアチアに対して、それは全くの愚策です。もっと落ち着いて、じっくりと腰を据えて戦えばよかったのに。

レーブ監督は、「結局、我々は弱いチームだったということだ。ロングボール主体の戦いになってしまい、中盤でまともなプレーを見せることはできなかった。コンビネーションを披露できなかっただけでなく、正確性を欠いていた。失望しているよ。この敗戦の理由を理解するのに1日は必要だ。我々は落ち着いて、この試合を分析しなければならない」と完敗を認めたようで。

最終節に全てを懸けて戦うドイツに、幸運は訪れるのでしょうか。

さて、今夜はイタリア対ルーマニア、オランダ対フランスのビッグゲームですね♪
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

TBSでも両試合を中継するようですし、一般の方の注目度も高いですね。背水の陣のイタリアは曲者ルーマニアを倒して最終節に望みを繋げるのか、オランダはフランスを下して予選突破を決めるのか、明日は土曜日で休みですし、私は両試合とも観ようと思ってます。スコア予想は、イタリア対ルーマニアが2-0でイタリア、オランダ対フランスは1-1のドローで。土壇場のイタリアが強いのは〝歴史〟が証明してますからね。オランダには勢いがありますが、それが逆に手痛いしっぺ返しを浴びそう。フランスも、前へ出てくるオランダからなら点を取れるはず。


ようやく、長く苦しかった仕事のピークを超えたので、今夜はゆっくりします♪
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人

最後に1つだけ記事を載せて終わりです!

○カッサーノがサンプ残留を選んだ別の理由とは?

今シーズン、サンプドリアでかつての輝きを取り戻し、イタリア代表にも復帰を果たしたアントニオ・カッサーノ。ユーロ2008初戦を控え、イタリア代表で調整に励むカッサーノだが、この大舞台を前にサンプドリアへの完全移籍が決定し、「完全にサンプドリアの選手となることが一番の目標だった」と、喜びのコメントを残していた。サンプドリア残留を喜んでいたカッサーノだが、イタリアから離れることを拒んだのには、出場機会を得られることに以外に、もう1つ別の理由があったからのようだ。

実は、テレビCMに出演する17歳の女の子にひと目惚れしたとか・・・。既に彼女には400本の赤いバラを贈り、猛アピールを済ませているという。

このプレゼントは効果があったのか?その後の進展はどうなったのか?

これらの疑問の答えは定かではないが、サンプドリア残留を望んだ理由は、これこそが本当かもしれない。ちなみに、カッサーノはレアル・マドリー時代にも、スペインのテレビタレントにひと目惚れし、500本の赤いバラを贈ったという前科?があるのだが、その時は見事に玉砕したようだ。この度、カッサーノに訪れた新たな恋の行方は?果たして・・・。

~超ワールドサッカーより~

カッサーノって、結構ロマンティストなんですね♪
(ノ´∀`*)

しかも、今回の相手は17歳ですか。
( ゚Д゚)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。