07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Champions League Final 

2008 5.21(wed) Luzhniki Stadium/Moscow

Manchester Utd. VS Chelsea

27:45(Jpn)~





【先発予想メンバー】

Manchester Utd.

4-4-2or4-1-2-2-1

<4-4-2>

GK:ファン・デル・サール

DF:ハーグリーブス、ファーディナンド、ヴィディッチ、エブラ

MF:キャリック、スコールズ、C・ロナウド、パク・チソン

FW:ルーニー、テベス

<4-1-2-2-1>

GKファン・デル・サール:

DF:ブラウン、R・ファーディナンド、ヴィディッチ、エブラ

MF:キャリック、ハーグリーブス、スコールズ、パク・チソン、ルーニー

FW:C・ロナウド

※上は「エルゴラッソ」、下は「フットボリスタ」の予想。パクに代わりギグスが先発する可能性あり。

Chelsea

4-3-3or4-1-4-1

<4-3-3>

GK:チェフ

DF:エッシェン、R・カルバーリョ、テリー、コール

MF:マケレレ、バラック、ランパード

FW:カルー、J・コール、ドログバ

<4-1-4-1>

GK:チェフ

DF:エッシェン、R・カルバーリョ、テリー、コール

MF:マケレレ、J・コール、バラック、ランパード、マルダ

FW:ドログバ

※上が「フットボリスタ」、下が「エルゴラッソ」の予想。ただ、練習でコールが足首を負傷したため、欠場の可能性あり。


○展望

今季のチャンピオンズリーグ(以下、CL)決勝は、過去15回の歴史の中で初となるプレミア勢同士の顔合わせとなった。対峙する両雄は、プレミアリーグ連覇を果たしたマンチェスター・ユナイテッドと2位に終わったチェルシー。ともにイングランド・プレミアリーグを牽引するメガクラブだ。

この両チームの今季の対戦成績は、1勝1敗の五分。昨年9月23日のユナイテッドホームでは2-0でホームチームが勝利したものの、4月26日の再戦では2-1でチェルシーがリベンジに成功している。2冠を目指すユナイテッド、リーグ戦の雪辱がCL初制覇の偉業にも繋がるチェルシーと、モチベーションの面でも甲乙付けがたいものがあり、イングランドのクラブらしい激しくスピーディーな展開が期待できそうだ。

ただ、それ故に派手なゴールラッシュは望めそうにない。確かに、ユナイテッドにはC・ロナウドをはじめルーニー、テベス、ギグスが、チェルシーにはドログバ、J・コール、ランパード、バラックといった「単独でゴールネットを揺らせる選手」や「ゼロからゴールを生み出せる」選手を何人も抱えている。

しかし、両チームがCLで見せてきた戦いからは、こうした破壊力は窺えない。むしろ、決勝戦へと導いた原動力は、高度な組織力に基づく堅牢な守備力だった。自軍エリアまで戻ってプレスをかける献身的なFW、豊富な運動量と圧倒的なフィジカルで中盤を支配下に置くMF、補完性の極めて高いDF――最後尾から最前線までが精緻に連動し、相手の攻撃を絡め取る姿は、完封の山を築いた。

決勝までの12試合で許した失点はチェルシーが7、ユナイテッドが5。ユナイテッドに至っては、強力な攻撃陣を有するローマ、バルセロナとの戦いで1度たりともゴールを許していない。この数字を見るだけでも、両チームの難攻不落ぶりが分かる。

ユナイテッドのファーガソン監督は「過去のイタリア勢との戦いの中でCLの勝ち上がり方を学んだ」と語っていたが、彼らがCLで披露してきたのは――国内との温度差が「ジキルとハイド」を思わせるほど――まさしく「カテナチオ」だった。

となれば、華やかなボールゲームは在り得ない。まず守備から入り、攻撃はトップへ当てるロングボールか両サイドを走らせるカウンターで手数をかけない。120分、もしくはPK戦までを見据えた「後の先」争いが繰り広げられ、勝敗はロースコアで決まる可能性が高い。最終的に結果を分けるのは、「ウノ・ゼロ」の巧拙かもしれない。

そう考えれば、より堅守速攻に馴染んでいるチェルシーに一日の長があるか。ユナイテッドはC・ロナウドやルーニー、ギグス、ナニーらカウンター向きのタレントを擁しているが、チェルシーは4月26日の対戦で、カウンターに徹するユナイテッドの攻撃をほぼ完璧に押さえ込んだ。そもそも、後輪駆動型のチェルシーはカウンターを浴びづらい。

プレミアリーグ最終節で負傷したテリー、ドログバ、さらにはコールが直前の練習で足首を痛めるなど主力のフィジカルコンディションは思わしくないものの、CL初制覇に向け、先日亡くなったランパードの母親のため、「ブルーズ」は勝利を渇望している。この想いの分だけ、チェルシーが最後に勝ち切るか。手の内を知り尽くした同士の均衡状態を打開するのは、いつだって精神力というのが相場なのである。
スポンサーサイト

コメント

お互い

手の内はわかってるでしょうし、
仰るとおり守備がしっかりしているので、
アクシデントが起こらない限りは、ロースコアの展開になりそうですね。

グラントは禁酒してるそうですが、優勝したらそれを解禁するんだとか(笑)
ぜひ勝利の美酒に酔いしれてもらいたいものです!

眠いっす。

わたくしは、ManchesterUnitedを応援したいです^^

今更ですみません

>どらぐら様

ほぼ予想した通りの1-1でしたね。ただ、想像以上にアグレッシヴだったなとは思います。いずれにせよ、見ごたえのある好ゲームでした♪

チェルシーは残念ながらもう一押し足りませんでしたね。。。内容は良かっただけに、残念です。

確かに眠いw

>あかなな様

わざわざコメントありがとうございます!

眠い目をこすって応援した甲斐があったのではないでしょうか?私もさすがに起きた当初は眠くて大変でした(苦笑)。24時に寝て27時30分起床は厳しい。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。