09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州一リッチなリーグで見る、降格という「ボトムレス・ピット」 

※フットボリスタ4月30日号の山中忍氏のコラムより抜粋・編集

●生死の境目に約20倍の収入格差

17位と18位の間に存在する、プレミアリーグとチャンピオンシップ(2部)との境界線。「残留組」と「降格組」を分ける一線は、「生」と「死」の境目と言っても過言ではない。降格に伴う収入の激減が、クラブ存続の危機をも招きかねないからだ。

昨季、テベス移籍の規約違反に対する制裁が、ポイント剥奪ではなく罰金だったことで降格を免れたウエストハムは、現状のまま中位でフィニッシュすれば、約80億円のリーグ報酬を手にする。片や、代わりに18位で降格したシェフィールドUは2部で中位が濃厚だが、手にする報酬額は約4億円にとどまる。チャールトンとワトフォードを含む昨季の降格組は、いずれも中小規模の「軽量級」だったため、転落のショックも比較的軽度で済んでいるが、例えば「古豪」と呼ばれるニューカッスルのような「重量級」が被害者となれば瀕死の重傷を負うだろう。

●在庫一掃セールの生々しさ

最たる例が、03-04シーズンにプレミアから姿を消したリーズだ。CL準決勝進出から、僅か3年後の出来事だった。降格直後、クラブ生え抜きで「ミスター・リーズ」の呼び声が高かったアラン・スミス(現ニューカッスル)は、泣きながら「ファンに申し訳ない」と語って見る者の涙を誘ったが、転落後のリーズの衰弱ぶりはさらに痛々しかった。

トップリーグの一員としての巨大な副収入源を失ったクラブに、プロ契約選手60人中15人が年俸2億円以上という経営規模を維持することは不可能だった。最大の資産だったスミスや年俸約7億円だったビドゥカ(現ニューカッスル)はもちろん、当時ユース出身の18歳で「将来のミスター・リーズ」と期待されていたミルナー(現ニューカッスル)までが、資金繰りのために売却の対象となった。

クラブ側は、表向きは「2部最強の戦力で復帰を目指す」と口にしながらも、実際には〝プレミアでの将来〟ではなく、〝2部での明日〟を迎えるために四苦八苦していた。当時、筆者は代理人事務所に出入りしていたが、所属選手へのオファーを募るリーズからのFAXは、閉店間際の「在庫一掃セール」の告知さながらの生々しさだった。

結局リーズは昨季終盤に破産宣告を余儀なくされ、リーグによる処罰(10ポイント剥奪)を受けて3部リーグへとさらに転落している。下部リーグとの収入格差が開く一方の今日、残留組最後尾の足下には「三途の川」が流れているも同然だ。

---------- キリトリ -----------

プレミアバブル、CLバブルの恩恵を最も受け、そして最も〝被害〟を受けたクラブとして、リーズの名前は永久に語り継がれることでしょう。当時のオーナーの放漫経営が招いた〝人災〟であったことも忘れてはなりません。アジア全域にファン層を拡大し、圧倒的な〝集金力〟を誇るプレミアリーグ。いつか来る終焉までに、第二、第三のリーズが生まれないといいのですが。

---------- キリトリ -----------

現在、相変わらず原稿の締切に追われており、朝4時に起きて夜遅くまで仕事するという日々が続いてます。
(;つД`)

その割りに昨日はフットサルを4時間やったりもしていて、自業自得な感はあるんですが、GWも気楽に休むわけにはいかなそうです。
( TДT)

ブログの更新も疎かになりがちですが、暫しはお許し下さいませ。
m( __ __ )m

にしても、間に祝日が混ざるとCLを見逃してしまうんだから困ったものです。とりあえずチェルシー対リバプールは原稿を書きながら、流し観すると思いますw

そうそう、今週のサカダイ(サッカーダイジェストの意)がなかなか面白い特集を組んでいたので買ってみました。普段はサカマガもサカダイも買いませんが、とかく見過ごされがちなフットボールにまつわる金の話に切り込んでいるのは素晴らしいと思いますね。ってか、まだ内容は全然読んでませんがwww
スポンサーサイト

コメント

私が欧州サッカーに興味を持ち始めた頃には、
既にリーズは降格していたので、強かった頃を知らないのですが・・・。
(ニワカでサーセンw)

これとはちょっと違うかもしれませんが、
今はバレンシアがちょっとヤバイかもしれませんね。
どうやらビジャやシルバら主力を売り払うようです。
相当、財政が悪化したのでしょうね。
自分たちが強いと思うことは良いのですが、勘違いして過剰にお金をかけすぎると、
失敗に終わった時の被害は尋常ではないですな。

バレンシアは

>どらぐら様

新監督の就任で前節は快勝しましたが、カニサレスは退団を表明してますし、他にも移籍希望者が出そうな気配ですね。CLに出られないのは痛い。財政が火の車になれば、主力も放出せざるを得ないでしょうし。

やはり身の丈に合った経営、ないしは優秀な経営者が会長でないとダメですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。