07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトレティコに認められた高校生・下 

※今回の記事は、「フットボリスタ」3月26日号の川内イオ氏の連載を抜粋・編集したものです。


1月7日からAマドリーBの練習に参加していた内田。最初は「衝撃」の連続だったと言う。

「背は大きいし、闘争心は剥き出しで、キックの質もスピードも全て日本の高校生レベルとは比べ物にならない。U-17スペイン代表でキャプテンだったカマーチョもいるんですけど、長短のパスが全部正確で、FWが動いた先にぴったりパスが来るんですよ。一番驚いたのが、バックスピンをかけて足下に収まるように計算されたパス。今までそんなボールを受けたことがなかった」

圧倒的なレベルの高さ。しかし、それに臆するどころか、内田の表情は充実感に溢れれていた。

「最初はパスも回って来なかったんだけど、紅白戦で点を取ったら変わり始めました。弱気だと何もできないから、強気で自信を持ってプレーしなきゃだめなんで、毎日とにかくシュートを打つイメージでやりましたね。ここに来たら、やっぱりアピールしなきゃいけないじゃないですか」

1月末時点で内田の行き先はまだ決まっていなかったが、2部の3つのクラブと具体的な話が進んでいると聞いた。内田は、自分がいわゆるサッカーのエリートでないと自覚している。だからなのかもしれない。内田の視線からは、上を目指す強い気持ち、ハングリーさが滲み出ている。

「夏はアトレティコに認めてもらうために来て、それは叶った。でも、どんどんステップアップしていかなきゃいけないんで、これからです。プレッシャーはあるけど、それは乗り越えるしかない」

内田は「卒業式を終える頃には、いろいろ決まっていると思う」と言っていた。内田の代理人はAマドリーの前強化部長ロベルト・ロドリゲス氏。サッカー界に精通する氏の手腕で事が順調に進んでいれば、間もなく春風に乗って「18歳の日本人リーガプレーヤー誕生」の一報が届くだろう。

---------- キリトリ -----------

その後、どうなったのかは氏のレポートを待つかどこかで報じられるのを待つしかないが、いずれにせよリアル「龍時」の誕生なるか。興味深く見守りたい。


---------- キリトリ -----------

本日はW杯予選バーレーン戦が23時20分からありますね。明日は25時過ぎからBS1でスペイン対イタリアの親善試合を放送してくれるとか。仕事が溜まっているのに…睡眠を削る日々が続きそうですwww
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。

おはようございます。
こういうのって凄く興味深いです。今年の楽しみにしたいですね。
日本代表・・・不覚にも睡眠をとっていたため見忘れましたが、1-0で負けたんですね。急造3バックが失敗だったのかな・・・3次予選で敗退というのは見たくないです。(^^;

こんばんは~

>ジャッキー様

レス遅くなってすみません。
m( __ __ )m

日本人がプロ入り前に直で海外へ挑戦するというのは興味深いですよね。どこまで通用するかは分かりませんが、ぜひ彼には頑張って欲しいです。

フル代表は本当に情け無い戦いぶりでしたね。ある意味で、眠い目をこすりながら起きていた日本人の気持ちを裏切ったのです。溜息しか出ませんでしたよ。。。

こんばんは~

レス全然遅くないですよ~w
それだけを言いにいきました(^^

ありがとうございます!

>ジャッキー様

そういって、またレスが遅いという罠(苦笑)。
(;´∀`)

今後とも宜しくどうぞ。
(m´・ω・`)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。