07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【浦和対名古屋】浦和開幕2連敗。なお続く暗中模索【雑感】 

手放しで褒めるのは早過ぎる。昨季もスタートダッシュは抜群だったからだ。後半に勢いを削がれたのも、解消すべき課題に違いない。それでも、この日の名古屋が見せた“ピクシースタイル”は、進化の予兆を十分に感じさせた。

前半から、名古屋の良さばかりが目立った。

高い位置から積極的にプレスを仕掛け、浦和のパスミスを誘ってボールを奪う。奪ってからは近くで三角形をつくりつつ、逆サイドの選手が上がり、サイドチェンジも交えてパスコースを3から4常にキープする。後方からは2列目、3列目、サイドバックが続々と前を追い越し、局面での数的優位は常に確保されていた。

組織的な動きに加え、個人が躍動。マギヌンが中盤でボールを収めて緩急をつけ、縦のボールにはヨンセンが確実なポストワークで反応。玉田も積極的に仕掛けて、守備網をかいくぐる。

ピッチをダイナミックにつかった展開に、浦和の3枚のDFは後退を余儀なくされた。

こうなると、ボランチとの距離が開き始め、バイタルエリアで圧力かからない。左右に揺さぶられ、エリア内へクロスの雨が降り注ぐ。エリア内を固めれば、ドリブルでの侵入を易々と許した。

その上、カウンターに転じても連動性に欠け、いずれも散発で、相手を押し下げるほどの脅威は与えられない。攻撃陣が防戦の負担を軽減できなければ、防戦一方になるのは当然だ。浦和が失点するのは時間の問題だった。

前半14分、左からのクロスに飛び込んだヨンセンが、DFを引きずりながらヘディングシュート。都築は一歩も動けず、名古屋が先制に成功する。

反攻の“手数”に乏しい浦和は、ロングボールから個の力で打開しようと試みるも、前半につくり出せた際どいシーンは、高原の突破から細貝のシュートに繋がった37分過ぎの一度きり。FWと2列目以降との距離が遠く、たたみかけるような厚みは皆無だった。

まるでアウェイを戦うチームのように、自由なボール回しを許し、ピッチを蹂躙された。

いつもは石橋を叩いても渡らないオジェックでさえ、動かずにはいられなかったのだろう。高原に代えて永井を投入し、“仕切り直し”を図る。

その緊急オペが実ったか、外から中へ入ってフリーになる動き、2列目の飛び出しなどで少しずつ名古屋の堅牢にギャップができはじめ、浦和のフィニッシュワークが活性化していく。後半立ち上がりには素早い攻めから鈴木のシュートがポストを叩き、決定的なシーンが続発。ここにきて急速に得点の匂いが漂い出した。

その流れをモノにしたい浦和は梅崎を入れ、前輪の回転数を一層上げにかかる。

それに水を差したのが、都築の軽率過ぎるプレーだった。

FKのボールを相手に渡す愚行で、名古屋に追加点を献上。追い上げムードは一気に霧散した。

後半29分に梅崎が完璧な飛び出しから決定機を迎えるなど、少ないながらゴールに迫ったのはアジア王者の個力を感じさせたが、0-2にされてから前へ前へと仕掛ける姿勢がむしろ希薄になっていったこと、身体をぶつけてでも相手ボールを奪おうとする気迫が全く感じられなかったことを見るにつけ、「アジア王者のプライドはいったいどこへ行ってしまったのか」と首を傾げざるを得なかった。

ホーム開幕戦。詰めかけたサポーター達の振り絞る声が、ピッチ上の見窄らしさに反響し、憐憫を誘う。

暗中模索の“赤”に、未だ夜明けの気配はない──。
スポンサーサイト

コメント

浦和に完勝!

正直、運や相手のミスに助けられた面はありますが(苦笑)

勝利の要因は様々ですが、
ひとつにはマギヌンが攻撃面で非常に良いアクセントとなっていたことですね。
テクニシャンの少ない中盤にあって、
彼のようにボールをキープでき、リズムをコントロールできる選手は貴重です。
ともすれば、持ちすぎでリズムを崩すことにもなるのですが、
この試合に関しては、そういったことはなかったように思えます。

こんばんは~。壊れかけのPCで書いてます。(^^;
オジェック監督解任されましたね。
浦和は好きなチームなので、ここからの巻き返しに期待しています。戦力は十分だと思うので。

ピクシーはJリーグの宝だと思うので、名古屋についてはピクシーが解任されないような結果は必ず残して欲しいと思います。

それにしてもFMにJリーグがないのが残念です。
FMにJリーグがあれば、ヨーロッパの人たちにもJリーグに興味を持ってもらえるような気がするんですけどね。

濃い内容でしたね!

>どらぐら様

見事な勝利、おめでとうございます!
( ・ω・)∩

相方をはじめ、私の周りは浦和サポばっかりなので、ちと気まずかったりもするんですがw

仰るとおり、マギヌンはいいアクセントになってましたよね♪キープも展開もシュートもできますし、ポジションチェンジなどもしつつ攻撃の軸になっていて。

後半の立ち上がりに押し込まれるなど、もちろん課題もあるでしょうが、今季こそは期待してもいいのではないでしょうか。

うちは昇格してきた京都に逆転負けですから、悲しい限りです。。。

PC大丈夫ですか?

>ジャッキー様

PCは私も1度壊れてからイマイチ調子がよくないんですが、壊れる前にバックアップをとっておくのは忘れたくないものです。
(;´∀`)

オジェックはついに解任ですね。選手達との関係が冷え切っていたのも理由らしいですが…。これからエンゲルスが立て直せるのか、注意深く見守りたいですね。

Jリーグは権利関係がやかましい上に、許可を得るための金も高いらしいですからね。折角、世界的なゲームでアピールするチャンスなのに、もたいない限りです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。