08 | 2017/03 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・54 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~


A sequel





---------- キリトリ -----------

A sequel.

後日談。

「あの敗戦」から後の彼らの歩みを、まだ話していなかった。

しかし、語れることは決して多くない。

断腸の思いで下した大刷新の号令も、全ては絶対目標のため。

チームは最後まで、一丸となって戦った。

残る者、去る者、その往く先は違えども、見据える先はただ一点。

そして、「不可能任務」は成し遂げられた――。

sonogo.jpg


premiership.jpg


junikin.jpg


---------- キリトリ -----------

<クラブ情報>

Information.jpg


※初期のクラブ情報をきちんと撮ってなかったのが痛恨です。比較できれば、より成長が分かったんでしょうが。。。

<資産>

Summary.jpg


シーズン終盤に契約更改があり、そこで一気に給与予算が倍に、移籍資金が500M超へと増えました。順位金が入り、TV放映権料も入って、来季の開幕前には素晴らしい予算が組まれることでしょう。フリー移籍や移籍金を払っての移籍も、少しずつ進めており、今季レンタルで加入していたPekhartとSlavkovskiの獲得が決まっています。

その一方で、当然「粛清人事」は行われているわけで、昇格に多大な貢献を果たしてくれた選手もGutiら数人が契約を解除されていたり、今季で契約満了となっていたりしています。主人公のTerryも、その1人です。彼は来季、チームにいません。

future-transfer.jpg


<暁 空也>

Kuya.jpg


Kuya-info.jpg


自身の能力値は何とも言いがたい微妙な数値になっていますが、これが高いからって特に意味はないわけで(ですよね?)、これを撮るにあたって初めて確認しましたw

それよりもチームの歴史を数字で見る方が、数倍感慨深い。「なかなか地道に進んできたんだな」と、振り返る次第です。

---------- キリトリ -----------

11位でフィニッシュとなりましたが、完全に残留が決まったのは残り3試合というところで、最後まで気の抜けない、心臓に悪いシーズンでした。戦力的にはギリギリでしたが、途中から導入した4-3-2-1が思いのほかフィットし、1トップに起用したSlavkovskiの奮闘もあって、なんとか残留に漕ぎ着けました。

来季も、いつも通り多くの新戦力がチームに加わり、今度は1桁順位を目指してYeovil Townの新しい航海が始まることでしょう。もっとも、まだまだ戦力も、環境も、規模も非常に小さいクラブです。とはいえ、奇跡的な残留を果たした彼らには、確かな自信が宿っています。これから大きく羽ばたいていく可能性も見え始めました。若手が芽吹き、ベテランは肥やしとなり、監督が水を注ぐ。この循環が、ゆっくりと回り始めた彼らの未来は、きっと明るいことでしょう。

ほらっ、目を閉じれば――金色や銀色で埋め尽くされた静謐な部屋が。

片田舎より出でて、世界の頂点へ。

伝説の序章が、幕を開けた――。



---------- キリトリ -----------

いつかまた、Yeovil Townでプレーすることもあるでしょう。大切に、このデータは保存しておこうと思います。

とあるFM仲間は、私=Yeovil Townだと言いました。まさしく、そうかもしれません。この日記を通じて、多くのFM仲間と知り合えました。交流が持てました。ゲーム内での歴史はもちろん印象深く、思い出に残るものですが、もっともっと大きなモノをもらった気がします。心からの感謝を。
スポンサーサイト

コメント

ひとまず、お疲れ様でした!

最終的には11位ですか、大健闘じゃないですか(*゚∀゚)=3

Yeovil Town日記のように、
下位クラブからドラマ仕立てで頂点を目指すスタイル、
実に感銘いたしました。
私のように、ある程度力のあるクラブで欧州制覇を成し遂げよう!
というものより、余程難易度の高いものであり、
それ故に、やりがいや思い入れのあったものではないかと思います。

こんばんは、おそらく「あるFM仲間」です。

おー11位ですか、初年度でこの順位はさすが名将w
長くやると愛着出てきて粛正もしにくいですよね。
そんな世代交代の難しさもリアルでいいですけど。

乗り遅れましたがマリのDFの件、個人的には下3人を選ぶ気がします。
皆さんが言うようにDembaも捨てがたいですけど、自分なら控えで育てるかなぁ。
まぁクラブと国ではそこら辺の事情がわかりませんが;

あちらの日記も期待してますね。

お疲れ様でした。

ヨーヴィル日記、凄く楽しかったです。
この日記の開始前後又はチーム青森の日記前後から仲良くさせていただいて、
また、自分がイングランドで監督を始めるきっかけとなったりして、
終わってしまうことに少し感慨深いものがあります。
続いてのマリリン日記、楽しみにしております。

なんとか踏ん張りました

>どらぐら様

下位クラブが共倒れしてくれたこともありますが、なんとか残れてよかったです。

ただ、結果を見て頂けると分かると思いますが、いわゆる4強には基本的に大敗してるんですよねぇ。ユナイテッドとの試合なんて、先制して「これは!」と思った瞬間から怒涛の反撃を浴びて、とんでもない大敗を喫してしまいましたし。
( TДT)

運もあっての残留というのが真実だと思います。プレミアはやはり甘くないなと。

ドラマ仕立ては、完璧に自分の理想通りに書けたかどうかというと正直物足りないのですが、「自分の色」としては確立できたかなとは思ってます。それが面白いかつまらないかは別にして(苦笑)。
(;^ω^)

思い入れはありますが、また違ったクラブでも良績を残せるよう、まずはマリ代表監督として頑張ります!

さすがは「あるFM仲間」

>Lたん

やあやあやあ
( ・ω・)∩

11位という順位は多分に運に恵まれた感もあるけど、試行錯誤して何とか残れたことに充実感を得てるのは事実かな。ハラハラドキドキで楽しい〝航海〟でした。

あれだけ吹聴したGutiもだけど、明らかに能力が見劣りする主人公をどう扱うかは難しかったなぁ。はっきり言って、主人公でなければとっくに放出していたからさ(苦笑)。

そんなところも含めて、なかなか面白い体験をできました♪
(*´∀`)

マリ代表の3バックについては明日公開する日記で見てもらえれば分かると思うんだけど、実戦ではわりかし適当に決めちゃったんだよねw

そんなわけで、改めて意見を聞いてみたんだけど、意見をくれた方々の理路整然たる分析には敬服したなぁ。どうしても、代表監督だと選手の選び方が雑になる気がする。手塩にかけて育てることはできないし。

実際、Dembaは自分で使って育成したいところだけど、こればかりはクラブの環境による部分が大きいから、今は見守るのみ。個人的には、バックアッパーとして使うつもりだったかな。

ビルバオ日記、楽しみにしてるから、きちんと継続してちょ!
(* ^ー゚)

まさかそれを憶えているとはwww

>すろう様

ちょwwwそこwwwww
(;´∀`)

そういえば、すろう様とも知り合って月日が経ちましたね。こうしてコメントをやりとりするようになって、またミクシィでも絡んで・・・不思議な縁でございます。

今後ともどうそよしなに。
( ・ω・)∩

ってか、マリリンは色々な意味で熱いですよねw
(*´∀`)

ニコニコ動画とかでも、ついつい探してしまったwww

お疲れ様でしたヽ( ´ー`)ノ

とうとう完結ですか。
私の中のイメージも「暁 空也=Yeovil Town」でしたね。

日記にすると1シーズンって凄く長く感じます。
試合レポ、移籍、選手プロフィール、戦術・・・
書くと凄く長いのに、読むと一瞬で終わる(苦笑)。
「これに過大な時間や労力を費やして何になるのだろう。」
ふとそんな思いが頭をよぎる。
それでも何故か書いてしまう日記職人の人達。
だからこそ、長く続けた日記には愛着もひとしお。
終わるときって寂しいですよね。(゜-Å)

頑張れ日記書く人!
きっと何かの役に立つ!

ご苦労様でした

テリー兄…
Gutiも去りましたか。
ちょうどいい区切りだったのでしょうかね。

代表はクラブとは違った難しさがありますね。
若手の成長がクラブの手に委ねられているのがなかなか難しそうです。
だけど、それがまた楽しそうでもあります。
08では代表にもチャレンジしたいものです。

素敵なお言葉ありがとうございます

>ボビー様

そうなんですよね、日記って書くのは時間が凄いかかるのに、公開してみると長さはたいしたことなかったり。それから、「どうやったら面白くなるか」、「文章はどこまで削れば読みやすいのか」などなどに頭を悩まされたり。
(;´∀`)

自己満足でいいはずなのに、どうしてか愛情を注いでしまうんですよね~。凄い不思議。でも、こうして続けてきたからこそ、日記職人の皆様と交流を持てたんですよね。ボビー様とも懇意にさせて頂けるようになりましたし。

こういう人と人との繋がりがまた、日記を書かせるのかもしれません。

これからも、良き日記職人仲間でいさせてくださいませ。
m( __ __ )m

ありがとうございます♪

>インギー様

古くからいた選手、そして主人公が去った今が止め時だったように思うのです。もちろん、これから強くなってリーグチャンピオン、CL制覇へと突き進むのもありでしょうが、2008もプレーしないといけませんからね~。そんなわけで、一区切りつけました。
( ・ω・)∩

代表監督ってのは、純粋に選手を巧くはめこんで結果を残すだけの存在ですから、気は楽ですね。予算もないですから。ただ、やはり暇ですwww

おつかれ~( ・∀・)ノ

Yeovil Town日記お疲れ様でした。
自分が暁さんの日記で最初に観たのは、Yeovil Town日記だったので少し寂しい気もします。
クラブと代表ではまた違う難しさなどあると思いますが、マリ日記期待してますので頑張ってください。

ありがとうございます♪

>誠様

どうもです。
( ・ω・)∩

Yeovil Town日記は、本当に色々な方々との「結節点」になってくれました。もちろん、私も寂しさを感じずにはいられませんね。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Mali代表日記、いよいよ第1弾の公開となりました。なんか最近は第1弾ばかり書いてる気がしますがw、これから末永くお付き合い頂ければ幸いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。