09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の続き 

※引き続き、エル・ゴラッソの川端暁彦氏のコラムを引用。

●格差の中の戦術的傾向

戦術的な驚きが高校選手権にあるとは誰も思っていないだろうが、それだけに驚いた人もいたかもしれない。新戦術に驚いたというわけではなく、旧戦術の復活への驚きというやつだ。

宮城工と三鷹はそれぞれ形の違うマンツーマン+スイーパーシステムを使って守備を固めることに成功していた。流経相手に粘り抜いた東福岡もマンツーマンで張り付くストッパーの後方にスイーパーを置いたチームだ。伝統的に攻撃的なフットボールを身上としてきたチームだけに、このやり方には驚きがあった。

全体として4バックのラインで守るチームが多いという傾向には特段の変化が見られなかった。国見や鹿実だって4バックのラインを敷く時代だ。ただ、結果を残したチームの中にスイーパーシステムが3校もあるというのは近年なかったことで、今後への波及を含めて興味深い現象と言えるかもしれない。

結果を残したチームの戦術が模倣されるというのは高校サッカーの伝統的な傾向なため、特に三鷹は真似するチームが出てくるだろう。ただ、三鷹の戦果は「形」ではなく、「応用力の高さ」に支えられて実現したのだということを見逃すと、劣化コピーにしかならないだろう。

攻撃面では1トップ(3トップ)のチームが今年も着実に増えている。ワイドに選手を置く東福岡のようなチームもあれば、シャドー的に選手を配する野洲のようなチームもあり、高川学園のように3トップが極端に流動的でつかみ所のないチームもあった。

●イチゴに期待すること

あるJの指導者は「(Jユースに)まるで高校サッカーみたいなチームが増えた」と怒っているが、こうした傾向を「高校サッカーの良いところを見直すJユースが増えた」と肯定的に捉える高校の指導者は多い。あちらを立てればこちらが立たなくなる育成のジレンマを象徴するようなやりとりで、個人的には非常に面白い議論だと思う。こういう時、人は安易に「その中間くらいに正解がある」と思いたがるものだが、残念ながら、その中間にあるのは「中途半端」というネーミングの似合うどうしようもないものである。

昔ながらの〝ユース派〟の象徴である柏と、〝部活寄り〟なFC東京の決勝というJユースサハラカップの〝イチゴ〟は興味深かった。高校生達による全国大会。もう一つのエンディングはどんなものになるだろうか。伝統校の中の伝統校たる藤枝東と、大学と連動する新興校の流経大柏。〝イチゴ〟はおまけと言いつつ、それを食べるのがショートケーキを食べる上で、最もたのしみなものであることもまた間違いない。

---------- キリトリ -----------

私の持論であり、展望と同じくするものが、氏の文章には宿っていた。その上で、現場にいるからこその推敲がなされている。敬愛と羨望を込めて。

ちなみに私はイチゴが大嫌いですw

---------- キリトリ -----------

バイエルンの次期監督にクリンスマンが決まったみたいですね。いよいよ母国に帰還する黄金の鷹が、どうチームをつくり上げていくのか。楽しみです。明日も仕事につき、今日はこれぐらいで。
スポンサーサイト

コメント

高校サッカーを戦術的に見た事がなかったので
このコラムには驚きました。
おかげで高校サッカーの楽しみ方がひとつ増えましたよ。
あと決勝しかないのが本当に残念。

クリンスマン就任ですが…。
彼の発言でカーンが荒れ、チームのモチベーションが下がり、一時バイエルンが悲惨になった事があるので、あまり良い印象がないですね…。
クラブでの実績が無いというのが、さらに不安を煽ります。

とりあえず不安もありますが、決まった以上は全力で彼を応援したいと思います。
がんばれクリンスマン。
  • [2008/01/12 01:07]
  • URL |
  • バイエルン好き
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

高校サッカーも転換期

>バイエルン好き様

いよいよ決勝戦が近付いてきましたね。開幕前から推してきた藤枝東の優勝を願っていますが、流経のプレッシングフットボールとの相性は決してよくないだけに心配です。とはいえ、高校年代の頂点を決める大会の1つとして、ハイレベルな試合を期待したいですね。

クリンスマンは誰にもこびへつらわないところがカッコいいわけですが、戦術家としての力量はどうなんでしょうか。代表監督時も、実際の戦術は現代表監督のレーヴが考えていたようですし、さてさて。とりあえずカーンとの仲は・・・彼が今季だかで引退するので大丈夫でしょうw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。