07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念~聖なる夜に乾杯~ 

◎メイショウサムソン
○ポップロック
▲インティライミ
×ロックドゥカンブ
△ダイワメジャー


~データ的考察~

※過去10年参照

・過去条件馬の出走はなく、1000万下のレゴラスは大幅減点が必要。

・古馬6勝未満、3歳馬4勝未満、連対率50%未満は減点。20頭中で連対率が50%未満だった馬は5頭のみ。

・重賞未勝利は03年2着のリンカーンのみ。重賞勝ちがあった19頭のうち02年2着のタップダンスシチーを除く18頭は重賞3勝以上かGⅠ連対があった。重賞未勝利、重賞2勝以下でGⅠ連対なしは減点。

・01年2着アメリカンボス、02年2着タップダンスシチー以外はGⅠで2着以内の実績があった。GⅠ連対なし、5着以内なしは減点。

・98年1着グラスワンダー以外は芝2200メートル以上での連対があった。

・98年1着グラスワンダー、05年1着ハーツクライ以外は同年内に勝利を挙げていた。年内未勝利、年内GⅠ以外で2桁着順あり、年内GⅠを含めて2度の2桁着順ありは割引。

・連対馬のほとんどが前走GⅠを走っている。

★データからの推奨馬:メイショウサムソン、ウオッカ
★データからの脱落馬:チョウサン、マツリダゴッホ、レゴラス、シルクネクサス


~血統的考察~

★血統からの推奨馬:フサイチパンドラ、ハイアーゲーム
★データ、血統からの脱落馬:チョウサン、マツリダゴッホ、レゴラス、シルクネクサス、コスモバルク、サンツェッペリン


~日程的考察~

・過去10年間で中1週の馬が連対した例はない。

・過去10年の連対馬20頭中で11頭が中3週。


~調教的考察~

S:インティライミ、ウオッカ、マツリダゴッホ
A:サンツェッペリン、ダイワスカーレット、ダイワメジャー、ポップロック、メイショウサムソン

★データ、血統、日程・調教からの脱落馬;チョウサン、マツリダゴッホ、レゴラス、シルクネクサス、コスモバルク、サンツェッペリン、デルタブルース、ハイアーゲーム


~騎手的考察~

・過去10年間でテン乗りした騎手は昨年2着のO・ペリエ(ポップロック)のみで、優勝した騎手はいない。以前に騎乗経験のある騎手が、有馬記念で再度コンビを組んで連対した例も、03年2着リンカーンのみ。

・過去10年の日本の連対騎手15人のうち、00年2着メイショウドトウの安田康以外は関東、関西それぞれのリーディングで20位以内に入っていた。

・過去10年の連対騎手20人全てが同年に重賞を勝っていた。重賞を1勝しかしてなかったのは02年佐藤哲のみ。残る19人のうち16人は重賞を3勝以上していた。

★データ、血統、日程・調教、騎手からの脱落馬:チョウサン、マツリダゴッホ、レゴラス、シルクネクサス、コスモバルク、サンツェッペリン、デルタブルース、ハイアーゲーム、デルタブルース、ドリームパスポート


~枠順&コース適正的考察~

・過去10年で15、16番からは1頭も連対馬が出ていない。ただし、15番は6回、16番は4回しか出走がない。

・過去中山芝を未経験で連対したのは97年シルクジャスティス、03年2着リンカーンのみ。これを除く18頭のうち、連対率が50%未満だったのは4頭。

★データ、血統、日程・調教、騎手、枠順、コース適正からの脱落馬:チョウサン、マツリダゴッホ、レゴラス、シルクネクサス、コスモバルク、サンツェッペリン、デルタブルース、ハイアーゲーム、デルタブルース、ドリームパスポート、インティライミ、ロックドゥカンブ

「残った馬」

ウオッカ、ダイワスカーレット、メイショウサムソン、ダイワメジャー、フサイチパンドラ、ポップロック

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

いよいよ年内最後のGⅠレース。ダイワメジャーは優秀の美を飾るか。それとも、牝馬の戴冠があるのか。3歳馬の下克上は――。とにかく話題には事欠かない。クリスマス〝イブイブ〟のメインイベントとして、見逃せないレースとなりそうだ。

本命は春秋天皇賞制覇のメイショウサムソン。これを成し遂げた馬は、有馬記念で連対率100%。前走の3着もコース取りの差で、勝ち馬とは同タイムだった。土曜の夜に降った雨も「恵みの雨」で、1枠1番のゲートも先行して押し切れる同馬にとって追い風。来年の海外遠征に向けて、改めて日本最強を示す。

対抗はポップロックだ。距離が伸びれば伸びるほど強さを発揮する上、ペリエ騎手の手腕は今年も冴えに冴えている。JCでの好走を経て、状態は完璧に仕上がった。昨年2着の実績も光り、ここは頂点も窺える絶好の舞台だ。

3番手は軽量でキネーンへの乗り換えも魅力のロックドゥカンブ。前走は完全に脚を余しているだけに、好勝負できる。

「重め残りだった」と前走の敗因がはっきりしているインティライミが穴候補。朝日CC、京都大賞典の走りはGⅠ級の底力を感じさせるもので、一発がありえるとすれば同馬か。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

メイショウサムソンからポップロックの1点にするか、ロックドゥカンブも混ぜての3頭BOXにするか悩み中。ただ、サムソン―ポップのオッズが安すぎて…。

私は今日だけ休みで明日は仕事なので、なんとかこの馬券をとって楽しく過ごしたいところ。皆様も、いいクリスマスを♪
(* ^―゚)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。