07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫の決戦、始まる 

こんばんは、昨日で26歳になった暁 空也です。

サンフレッチェ広島と京都サンガによる、J1残留と昇格を懸けた試合の初戦が今日、京都サンガのホーム西京極で行われました。

2007 J1J2入れ替え戦 第1戦

京都サンガ(J2) 2-1 サンフレッチェ広島(J1)  [西京極 12637人]

1-0 田原 豊(前28分)
2-0 田原 豊(前39分)
2-1 平繁 龍一(後43分)

チームカラーを同じくする「紫の決戦」の〝前半〟は、田原の2ゴールで劣勢が予想された京都が2-1とリードして折り返しました。

個人的には、周りにサポの方がいること、槙野、柏木、高萩、高柳、平繁ら魅力的な若手が揃っていることなどから、広島を応援していますが、内容に反して結果の出ない「悪循環」から完全に抜け出せたとまでは言えない印象。もぎ取った貴重なアウェイゴールを活かし、何とかホームでの逆襲を狙って欲しいところです。

さて、現在の私は押し寄せる仕事に終われる毎日です。とりあえず会社を19時半には出ましたが、今夜はあまり寝られそうにありません。これから年明けまでビッシリと仕事が詰まっており、厳しい戦いが続きそうです。幸い、来週は多少日程に余裕があるため、クラブW杯の観戦に支障はなさそうです。ミランが明日来日すると、いよいよ明後日には開幕を迎えます。各チームの解説については、また気分転換の時間にしようかと考えてますので、ご期待下さい。

日本代表の浦和には、是が非でもセパハンないしはワイタケレに勝って頂き、ミランの胸を借りて欲しいのですが、田中達也まで負傷しては、いかにも厳しそう。逸冠ショックが、活性剤になることを祈るばかりです。

○ポンテに続いて…浦和・田中達也が左太もも裏肉離れ悪化で全治3ヶ月 来年J開幕出場危機

リーグ戦2連覇を逃した浦和の日本代表FW田中達也(25)が左太もも裏肉離れを悪化させ、全治3か月になっていたことが4日、分かった。7日開幕のトヨタ・クラブW杯出場は絶望的となり、来年3月のJリーグ開幕戦出場も危うい状況となった。

関係者によると、田中達は公式戦で5試合ぶりの復帰となった1日の横浜C戦で後半から出場したが、患部を急激に悪化させた。前線での苛烈(かれつ)なプレスなどの影響で患部のダメージが拡大し、腱(けん)にまで及ぶ深刻な事態に陥ったという。ホルガー・オジェック監督(59)の決断が完全に裏目に出た格好だ。

田中達は11月14日のACL決勝セパハン戦後、左足に激痛を感じ、指揮官との直接会談の末に許可された精密検査で肉離れが確認された。復帰目標をクラブW杯に設定し、慎重なリハビリで完治に近づいていたはずだった。だが、終盤のリーグ戦5試合1得点という決定力不足解消のため、老将は1度も練習に完全合流できない状況で横浜C戦の遠征帯同に踏み切り、強行起用の結果、最悪の結末を迎えた。

あるスタッフは「クラブW杯は難しいと思う。でも、今から休めば来季開幕には間に合うと思う」と語るが、度重なる負傷に苦しむ小さなエースが3年連続でJ開幕戦を欠場する危険性が高まった。

~報知より~

1トップを採用せざるを得ないわけか。。。ポンテも不在で、1点を奪えるかどうか。かなり厳しい状況に追い込まれてしまいました。

---------- キリトリ -----------

いきなり話は変わりますが、13日に出るPSPの限定カラー「ディープ・レッド」が微妙に気になる。でも、いつもゲームを買っている「古本市場」では予約を受け付けていない。それほどの数は確保できないからなのか、何なのか。ネットでは予約を受け付けているところがあるものの、それだとポイントが使えない。いずれにせよ相方に誕生日プレゼントとして買ってもらうことになりますが、なるべくコストダウンを図るのが男の甲斐性なわけでw、さてさてどうするか。別に普通のでも全然構わないっちゃ構わないし…。

本日、会社の書類で間違って25と書いてしまい、まだまだ26歳に慣れていない、暁 空也でした。
スポンサーサイト

コメント

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます♪

年末は忙しいと言いますからね。
お体は大切になさってください。

入れ替え戦は、京都がまずは勝ちましたね。
しかし、広島もアウェーゴールを奪いましたし、
まだまだわかりません。
でも、広島は失点の多いチームだけに、ちょっと大変かも・・・。

浦和は踏んだり蹴ったりですね。
なんかACLからの失速の仕方が、阪神のそれと被ってるような(苦笑)
どちらも一時は、リーグ優勝に一番近いと思われていたんですけどね。

ありがとうございます!

>どらぐら様

わざわざ誕生日の祝辞まで頂き、ありがとうございます。
m( __ __ )m

体調は、激務の割に珍しく踏ん張っています。なんとか今月は耐えたいところです。
(;・∀・)

入れ替え戦の内容をざっと見ても、確かに守備の局面での注意力不足は気になりますね。「うっかり」の通用しない大事な試合にもかかわらず、ちょっと簡単にやられ過ぎた。心配です。

浦和は・・・一気にトーンダウンして、とりあえずセパハンに勝てるかどうかって感じですね。あの終盤の失速ぶりは一種異常で、立て直せるのか心配でなりません。なるほど、阪神という比喩はあながち間違いでないかも。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。