FC2ブログ

07 | 2019/08 | 09

岡田武史監督が誕生へ…日本サッカー協会が正式就任要請・12/7の理事会で決定 

日本サッカー協会は27日、脳梗塞(こうそく)で入院している日本代表のイビチャ・オシム監督(66)の後任として、1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会で日本代表を率いた岡田武史元監督(51)に就任を正式要請することを明らかにした。

既に岡田氏と接触した日本協会幹部は好感触を得ており、早ければ12月3日の常務理事会を経て同7日の理事会で正式に決定する。

日本協会の田嶋幸三専務理事と小野剛技術委員長がそれぞれ後任人事の選定を説明。既に岡田氏と2度話し合いを持ったという小野技術委員長は「前向きな感触を自分の中で受けている」と述べた。日本協会は年俸、契約期間などの条件を提示する。岡田氏は日本協会を通じて「現状ではお話しできません」とコメントした。

技術委員会はオシム監督が回復しても再び指揮を執ることが困難と判断し、後任候補の人選を進めていた。来年2月に2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会アジア3次予選が始まる状況を見据え(1)オシム日本の土台を生かせる(2)リーダーシップ(3)コミュニケーション能力-を挙げて、これをクリアできる岡田氏を選んだ。

岡田氏は、97年のW杯アジア最終予選中に、更迭された加茂周監督の後を受けコーチから
監督に昇格。日本代表をW杯初出場に導いた。99年からJリーグ2部(J2)コンサドーレ札幌を率い、翌年に1部(J1)昇格。03年からはJ1横浜F・マリノスの監督を務め、2連覇を果たした。現在は日本協会で環境保護活動担当の特任理事を務めている。

~サンスポより~

とはいえ、岡田氏で本決まりかというとそうでもないわけで。現状では「あくまで「有力候補の一人」といったところでしょう。

そもそも、国民が納得するのかどうか。ガチガチで退屈なフットボールを見せられる苦痛に、悲鳴を上げる様が今から想像できます。

時間がないのは間違いありません。けれども、身近な安牌で済まさず、熟慮を重ねて欲しいものです。少なくとも、選んだ理由を朗々と読み上げられるほどには。

---------- キリトリ -----------

○横浜FW鈴木が戦力外、J数クラブが既に獲得打診か 吉田、吉村にも戦力外通告

横浜が26日、元日本代表FW鈴木隆行(31)に戦力外通告をした。02年W杯でも得点を挙げた鈴木は今季開幕前、横浜FCに移籍した久保の後釜としてレッドスターから加入。だが、ゴール近くで得点源としての働きを期待するチーム側と、豊富な運動量で前線をかき回す動きが持ち味の本人との間でギャップが生じ、出場機会を失った。それでも腐らず、まじめな練習姿勢を貫いており、J数クラブからすでに獲得の打診があるもよう。

また同日、DF吉村光示(31)とMF吉田孝行(30)も戦力外通告を受けた。吉村は今季出場なしだが、吉田は21試合に出場。人もボールも動くサッカーをチームに根付かせ、4月から9月にかけての10勝6分け3敗の快進撃の原動力になっていた。

~ニッカンスポーツより~

横浜、始まったな。
|д゚)カンサツ

マイミクに2人+αほど横浜FMサポの方がいますが、来季はビッグクラブの一つとして復活できますか。予算規模、収益は浦和の次なのに、経営陣の質が低すぎる。。。

---------- キリトリ -----------

○浦和が来季補強の目玉としてFC東京・今野泰幸獲り!12月にも正式オファー

今季、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を制覇し、Jリーグとの2冠達成を目前にした浦和が、来季補強の最大の目玉として、F東京の日本代表MF今野泰幸(24)獲得に乗り出すことが26日、明らかになった。MF長谷部誠(23)のセリエAシエナ移籍が決定的で、その穴を埋めるべく、浦和側は獲得資金3億円を準備。12月にも正式オファーを出す予定だ。

◆今野 泰幸(こんの・やすゆき)
1983年1月25日、仙台市生まれ。24歳。すべての守備的ポジションをこなす日本代表MF。2001年東北高卒業後、札幌加入。04年、F東京に移籍。03年世界ユース選手権、04年アテネ五輪出場。178センチ、73キロ。独身。

~報知より~

マルチタレントの重要さを一番理解しているのが浦和。もし獲得できれば、素晴らしい補強になりますね。ってか、長谷部の話は本当に実現するのかどうか。

---------- キリトリ -----------

○アレマニア・アーヘンのブッフバルト監督が解任 采配に経営陣が不満

サッカーのドイツ2部リーグ、アーヘンのギド・ブッフバルト監督(46)が26日、解雇されたことが分かった。チーム関係者が明らかにした。

昨季、Jリーグ1部(J1)浦和をリーグと天皇杯優勝に導いたブッフバルト氏は今年6月にアーヘン監督に就任したが、采配(さいはい)に経営陣が不満を持っていたといい、理事会の承認を経て解雇が通告されたという。

アーヘンは第19節を終え、5勝4分け5敗で18チーム中の9位と成績が振るわなかった。

~スポナビより~

これで釣男さんの移籍話も消滅。まさかの日本代表監督就任フラグだったりして(絶対ない)。
(;^ω^)

---------- キリトリ -----------

○名古屋とピクシー、次期監督就任で基本合意 27日に仮契約を結び、愛知県豊田市で記者会見を行う

サッカー・J1の名古屋は26日、次期監督への就任を要請していた旧ユーゴスラビア代表でチームOBのドラガン・ストイコビッチ氏(42)と基本合意に達したことを明らかにした。27日に仮契約を結び、愛知県豊田市で記者会見を行う。

名古屋は、今季限りで退団するセフ・フェルフォーセン監督(60)の後任としてストイコビッチ氏に就任を打診したが監督資格を満たしていないことが分かり、一度は交渉を断念。その後、セルビア協会を通じてJリーグの監督資格に必要なS級ライセンスに相当する欧州連盟のプロライセンスが来年1月に取得できるめどがついたため、交渉を再開した。今月24日にストイコビッチ氏が来日し、交渉を進めていた。

~ヤフーより~

今日会見するのか…。どんな采配を揮うのか。期待は…あまりしない方がいいような。。。

---------- キリトリ -----------

○“ブログ休止宣言”の若槻千夏、年内にも芸能界引退へ…クリエイターへの転身を希望か

タレント若槻千夏(23)が芸能界を年内にも引退する方向で調整していることが26日、分かった。親しい友人に、タレント活動をやめて転職したい意向を打ち明けている。この日は自身の公式ブログの更新休止を発表した。

関係者によると、若槻は複数の親しい友人に「年内に(芸能界から)フェードアウトしたい」と打ち明けた。公式ブログのアクセス数は業界トップクラスを誇り、来月中旬までに7本のバラエティー出演を控える人気者だが、別の関係者によると、クリエイターへの転身を希望しているという。

~ニッカンスポーツより~

ゲンダイでも東スポでもzakzakでもないですよ、ちゃんとしたスポーツ紙の記事ですw
(;・∀・)

結構売れっ子なのに。。。
スポンサーサイト

コメント

ピクシー監督

期待と不安が半々ですね。
はっきり言って、この起用はギャンブルです。
クラブとしては、ピクシー体制で失敗は許されないわけで、
選手やスタッフ、フロントには相当な覚悟が必要です。
決まった以上は、ファンとしては応援するしかありません。

若槻は引退否定してましたよ、自身のブログで。
一体、何だったのでしょう?

まあ、仕方ないかな...。

 岡ちゃんに関しては、タイトルの通りです。「反町氏を持ってくるんじゃないの?」と最初思ってたのですが、謝罪したとはいえ、川淵氏がさんざこき下ろしたチームの監督ですから、フル代表と兼務は無理かな...と。

 時期が時期だけに、選択肢は限られてるわけで。むしろ、監督を誰にするかと言うよりも、どんな面子で周囲を固めるかの方が重要だと思います。
 代表のサッカーを見ていると、身体能力を云々する以上に、相手に対するスカウティングを含めリサーチが足りないような気がします。「運動量が足りない」とよく言われてますが、それは戦術がファジーだから、選手が無駄走りをしてるだけのこと。徹底的に相手を研究し、緻密な戦術を立てて、行く時と行かない時のメリハリをつければ、選手は必ず90分間ベストのまま動けますよ。

 ここまで来たら、岡ちゃんがどうこうよりも、協会をはじめとしたバックアップ態勢に注目したい。叱咤だけじゃ選手も監督も動きません>川淵氏。

 
 

いよいよピクシー監督ですね

>どらぐら様

期待と不安が半分ずつでしょうか。監督としての手腕は未知数でありながら、クラブに残した実績から期待せざるを得ない。ピクシーは難しい立場ですね。監督と選手が共に成長していけるような雰囲気が出来上がるといいのですが…。

若槻の件は把握しました。なにがなにやら。営業の一環ですかねw

監督だけの問題ではないですもんね

>駒様

川渕―反町ラインは今の所、信頼関係を失ってはいないようですが…さすがにあれだけ苦しい戦いぶりを見せてしまってはフル代表の監督は遠いでしょうね。

監督よりも周りの固め方――その通りだと思います。どうにも適当な分析だったりしますからね。もっとスペシャリストを雇って、きちんと相手の状態を把握してから戦えば、仰る通りに選手のパフォーマンスも上がることでしょう。

協会のバックアップを期待したいですが、オシム監督がてこ入れしようとしていたダメ組織な以上、叱咤激励くらいしかできないのかもしれません。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)