05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・51 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

11月


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

ついに悲願のPremiership昇格を成し遂げたYeovil Townと暁空也。主人公であるTerryは、いよいよ弟と最高の舞台で相見えるのか。そして、どのブックメーカーからも「断然の降格候補本命」との烙印を押される中、暁監督はチームを奇跡の残留へと導けるのか。Yeovil Townの5度目のシーズンが始まった――。

9月終了時の楽観的な予想は完璧に外れた。このまま一気に降格してしまうのか、監督の手綱捌きに命運は託された。



―――――――――― キリトリ ―――――――――――


6日 Fulham(9位) VS Yeovil(19位)

Biglia(Fulham).jpg


Hesselink(Fulham).jpg


この写真の2人をはじめ、なかなかに分厚い選手層を誇るFulhamとのアウェイゲームは、31分、Zakuaniに直接FKを決められて先制を許す。なかなか前へ進めないYeovilだが、意地を見せる。幾度も訪れたチャンスをフイにし続けたPekhartに代わって出場したTudgayを起点に細かくパスを繋ぎ、飛び出したSionkoが同点ゴール!!!
キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

しかし88分、DeMeritがエリア内でPKを与えてしまい、痛恨の勝ち越し点を決められてしまう。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

万事休す

そう思ったところに奇跡が舞い降りた!!

ロスタイム、相手のクリアミスを拾ったTudgayが冷静にコースを突いて同点弾!!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

素晴らしい粘りで追いつき、勝ち点1を奪い取った!
ヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人

※ただ、TiberkanineとJamesが削られて負傷退場。。。前者は全治2週間程度、後者は1カ月程度と最悪。( TДT)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

※国際Aマッチデーを挟むため、次の試合は21日。レンタル選手を含めると9人も代表選手がいるわけで、なんとなくチームの成長に目を細めてしまう。よくぞここまで来たもんだ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

15日 Yeovil VS Gresley:練習試合

コンディション調整と得点感覚を掴ませるための試合です。
(゚Д゚)ノ

ほとんどリーグ戦で出番のないJenningsがハットトリックしてたり、Pekhartもきっちりとハットトリックしてたりと計算通りの結果になりましたとさ♪

vsGresley.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

21日 Watford(15位) VS Yeovil(18位)

なんたる僥倖か、PKを3回も貰い、その全てをSionkoが決めてハットトリックを達成。さらにリザーブリーグでゴールを量産していたSlavkovskiを起用したところ、いきなりゴールを決める活躍ぶりで、4-0の圧勝を飾りました。他方、52分には、AmbrosiniにPennantが引き倒されたシーンを巡ってSambaとChotoが大爆発。Sionkoに殴りかかったSamba、Slavkovskiを蹴ったChotoの両名が一発退場する大荒れ模様となりました。
(;・∀・)

Slavkovski2.jpg


※一気に15位まで浮上♪v( ̄Д ̄)v

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

24日 Yeovil(15位) VS Aston Villa(12位)

ここからホーム3連戦。初戦を勝って勢いを付けたかったが、戦力面での劣勢は拭えず、0-1から追いつくのが精一杯だった。AnderssonがFKを直接沈めて移籍後初ゴールでした♪

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

27日 Yeovil(15位) VS Reading(16位)

Saha.jpg


SahaとLitaの2トップを擁するReadingとの一戦は互いにオープンに打ち合う形となった。

先手を奪ったのはYeovil。37分、カウンターからSlavkovskiがドリブルで突進、エリア内へ侵入すると、後方から走りこんできたMcCannへパスを出す。これをゴール右隅に流して先制する。

スコアは1-0のまま後半へ。

しかし83分、DeMeritのクリアミスを拾われて同点に追いつかれてしまう。

「またドローかよ!」

怒りで沸騰する暁監督とは対照的に、McCannは冷静だった。ロスタイムにFKを得ると、左足を一閃!!美しいカーブを描いた白球がGKの脇をすり抜け、Yeovilが歓喜の白星を挙げた♪
ヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人

McCannは今季2度目の先発で結果を出した。
(・∀・)チゴイネ!

それにしても、枠内へシュートが全く飛ばないPekhartと大違いだな、Slavkovskiは。190センチの身長ほど高さはないものの、ドリブルが上手くスピードもあり、さすがは「Ibrahimovicの弟」。今が伸び盛りで、ますます期待できそう。フリーで獲れないものか。。。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

28日 【選手獲得】

Danny Westwood(18) Dunfemlineよりフリー移籍

DannyWestwood.jpg


Smithより上の資質があるとのことから、獲得してみた。これからどれだけ伸びますか。

28日 【スタジアム拡張が終了】

工事中だった我らがホーム、Huish Parkが堂々の完成を迎えた。今回の工事で4500シート増え、収容人員16929人、シート数12507となった。Premiershipのチームとしては小規模も、このクラブの規模なら十分か。まぁ、20チーム中でぶっちぎりの最低ですが。(;・∀・)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

30日 Yeovil(12位) VS Man U(5位)

Mitchell Bryant

Bryant.jpg


という19歳のワンダーキッドをRooneyの相棒に据えた2トップの働きがイマイチで5位にとどまっているMan U。だが、C RonaldoやFerdinand、Carrickらは健在で、TottenhamからはLennonが加わるなど充実した戦力には変わりない。早くも前半1分30秒、Rooneyに先制を許してしまう。ところが7分、NevilleにDelaneyがエリア内で倒されてPKをゲットSionkoが冷静に決めて同点に追い付く。

しかし、個のタレント力の差は歴然。たいしてチャンスは与えなかったものの、独力でゴールを決められて3失点。終わってみれば、1-4の大惨敗だった。2得点のBryantがMOM。Rooneyも2得点。強すぎるって。┐(´∀`)┌

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○11月最終結果○

11gatsu_20071126235656.jpg


2勝2分1敗という成績には大満足。新スタジアムも完成したし、収入面に関してはこれから上向きでしょう。ただ、残留争いはますます白熱。残留ライバルの負けを毎節祈るばかりですw
スポンサーサイト

コメント

新スタジアム完成おめでとうございます!

新スタができるのって、なんか良いですね。
スタジアムのある入り口に自分の名前があったりとか、
妄想したりしてw
(実際、豊田スタジアムにはピクシー・ゲートなるものがあります。)

ウチのセルティック・パークは、理事会が勝手に毎年、工事を進めていったら、
83,400人収容のスタジアムになりました^^;
実際は6万人ぐらいなんだそうですが。

試合終了直前の値千金のゴールは、嬉しいものですよね。
よく勝利意欲の高い選手がいると、そういうゴールが生まれるとは言いますが。

大健闘♪

遂にYeovil日記も、世界クラスの選手が登場し始めましたね。
今のところみんな敵チームの選手ですけど・・・f^_^;)
そんな中で健闘してるとは、大したもんですよ。

Slavkovskiはプレミアでも通用しそうですね。
私の箱庭の話ですが、この選手はいつも放出されてます。
インテルでは出場機会を得られないみたいです。
なのでチャンスありかも。
とりあえず褒めまくりましょうw

プレミア怖い(饅頭怖い)

>シート数12507

シート数だけでウチのスタジアム全席超えた…
ポカ~( ゚д゚ )~ン

集客力を高めて予算強化

>どらぐら様

拡張してもなお、毎試合ほとんど満員です♪
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人

クラブの金庫にも金がガンガン貯まっていくので、「降格しなければ」、来季の予算は結構貰えそうな気がします。
(;^ω^)

ってか、セルティック・パークはそこまで大きくなるんですね。
( ゚Д゚)

私は結構精神面を重視して選手を補強するので、終盤での劇的なゲーム展開が多い気もします。やはり人間性ってのは大事です☆

第2のSmithにしたいところ

>ボビー様

周りのクラブの戦力の分厚さに、毎試合恐れ慄いているわけですが、それを破った時の快感は「成り上がりプレー」ならではかもしれません。
v( ̄Д ̄)v

残念ながら、現状では給与予算枠が90%埋まっているので、上手くいってもフリー移籍は1人しか獲れなそうですが、なんとか残留して名のあるプレイヤーを加えたいと思っています。
( ・ω・)∩

Slavkovskiは使っているうちに成長していくイメージはありますけどね。Interでプレーしている時に感じました。ポテンシャルは結構高めに設定されているのかなと。幸か不幸か分かりませんが、私の箱庭でもSlavkovskiの立場は微妙ですから、契約切れを上手く釣り上げたいと思っています♪

どこまで増えるのか

>すろう様

あとどれくらいまで増やせるのか分かりませんが(予め上限値が決まってるんですよね)、スタジアムの大きさは収入と直結するので重要ですよね。すろうさんのところも、のびしろがあるといいんですが。。。
(;・∀・)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。