FC2ブログ

10 | 2019/11 | 12

Arsenal日記・4 

One for Goal,All for Goal ~拝啓 Arsene Wenger ~


ショートパスの交響曲が、ピッチの上で燦々と響き渡る。彼らのフットボールは、まさに芸術だ。

いつ、いかなる時も前へ前へと繰り出し、立ち塞がる者を鮮やかに翻弄する。彼らにとって「後退」の2文字は何より不名誉で醜いモノ。貫くべきは、美しく死ぬこと。故に、ただ攻めるのみ。そこに、フットボールの真髄が宿ると信じて――。

1人はゴールのために。誰もがゴールのために。

そして、ゴールは全てのために――輝く。

偉大なる超人が去り、残されたヤングガンズ達の新しい歴史が幕を開ける。

ようやく上昇気流に乗ってきたものの、常勝気流には程遠い。このままでは、アーセナルでプレーした単なる自己満足日記になってしまう。何かこう、インパクトのある記録を出したいところだ!!




---------- キリトリ -----------

12月


2日 対 Everton(H)

そういえば、天気について記述するのを忘れてた。ロンドンは雨ばっかり降っていて、試合の大半が雨な気がする。実際、灰色の空でお馴染みのロンドンだけども、プレミアの試合でそんなに雨降ってたっけか。。。あんまり見たことないような。CM(FM)では昔からお馴染みの不可思議な点を今更指摘しても仕方ないけど、やっぱり気になる。
(´~`)

で、天気同様に試合も荒れ模様。開始5分でA・ジョンソンにワンツーで易々とDFラインを突破されて失点。
(´;ω;`)ウッ…

さらに15分にはマクファーデンのスルーパスからヤクブにも豪快にネットを揺らされました~
Σ(‘∀`;)

「今日はダメな日だったか…」

なんて半分諦めてたわけですよ。

ところが、そこから大反撃のはじまりはじまり~!!!
m9っ`・ω・´)シャキーン

28分にまずアデバヨールがCKから同点弾をぶち込むと、45分にはフレブの鮮やかなドリブル突破とクロスに反応したファン・ペルシーがGKの脇を抜いて同点。

あとはハーフタイムに彼らを乗せればいいだけ。

54分、再びCKからアデバヨールがプッシュして逆転し、3-2勝利!!!
(・∀・)チゴイネ!

アデバヨール恐るべし。。。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

8日 対 Aston Villa(A)

相変わらず守備がお粗末な暁アーセナル。この日は、折角ファン・ペルシーが凄まじい個人技でファインゴールを決めて先制したものの、スローインで誰もエリア内のヤングをマークしておらず、あっと言う間に同点に。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ただ、ゲーム自体の流れはずっとアーセナルにあったことで「攻めてれば、いつか点は入るな」という感触はあった。

実際、69分にはファン・ペルシーがフレブのクロスに走り込んで勝ち越し!
キタ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!!!

4トップによる攻撃とやたら長いロスタイムに耐えて勝ち点3を積み重ね、ついに順位は2位へ♪

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

12日 対 Shakhtar(A):CL Grp H

既にアーセナルとポルトの突破が決定しているため、うちにとっては若手の育成機会、シャフタールにとってはUEFA杯へ回るために勝ち点を稼ぎたい試合となる。

オレンジボールを使った雪中決戦は、3分にクリアミスをルカレッリに拾われ、彼のスルーパスからカスティージョに先制されたものの、後半に入ってトラオーレのプロ初ゴールが決まり1-1ドロー。厳しい気候の中で踏ん張った若手を褒めてあげた。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

15日 Arsenal(2位) vs Man Utd(6位):(H)

シャフタール戦の若手起用は、ここを見据えてのものでもあったのです。
(゚Д゚)ノ

絶対に負けられな(ry
━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!

宿敵、マンチェスター・Uとの今季初対戦だぜ!!

<フォーメーション>

vsManU(H).jpg


お互いに鏡映しの4-4-2フラットで変わりなし。ユナイテッドはヴィディッチとスコールズが怪我でブラウンとフレッチャーが入ってる。ハーグリーブスとナニはベンチ。他のフィールドプレイヤーのベンチはサハとオシェイ。

「脅威のドリブルマシーン」C・ロナウドと、ルーニー&テベスの悪童コンビには要注意。ここはフリーにさせないように対応しておく。
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

また、この日も雨でピッチがぐっちょり。ショートパスを繋ぐのは止めて、ダイレクト主体で。ホームのピッチを素早くワイドに使って展開する。

開始8分、いきなり試合が動く!!!

ロシツキーが丁寧に上げたCKをファン・ペルシーがそらしてゴール!
キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!

が、ドリブルマシーンがそこから急速旋回。守備に攻撃に顔出しまくり。右サイドからの突破が怖すぎる。

もっとも、フレッチャー&キャリック対セスク&G・シウバという中盤中央の戦いではアーセナルが優位に立つ。

それでもユナイテッドはR・ファーディナンドが大活躍。陸と空で抜群の存在感を示しとる。
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

アデバヨールは彼によって完全に沈黙。何もさせてもらえない。

うちのトゥーレ&ギャラスのコンビも負けてないけどね!
(`・ω・´)

そして、ビッグゲームでの勝負強さに期待して起用したレーマンが大活躍!!
( ゚Д゚)ウマー

際どいシュートは彼によって無効にされた。

ほぼ互角の展開で前半が終了。ポゼッションは譲ったものの、なんとなくリズムはうちのがいい気がする。ハーフタイムのチームトークは「ファンのために戦え!」。

後半もC・ロナウドの突破をクリシーが止め、エリア内への侵入は2人の鉄壁センターバックとGKの連係でストップ。ルーニーとテベスはコンディションがイマイチなのか、別に全然怖くない。

また、暁采配が珍しく的中!!

見せ場のないアデバヨールに代えて投入したエドゥアルドが、ロシツキのクロスにピンポイントで飛び込んで2-0!!!
( ゚д゚)ドカーン!!

今季初対決はアーセナルの勝利で幕を閉じました♪
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人

MOMは、2アシストのロシツキ。レーマン、ギャラス、ファン・ペルシーも同じくレイティング8を記録。ユナイテッドではリオがレイティング8と気を吐いた。

※この日はファンデ・ラモスとアンチェロッティが来てたらしい。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

19日 「Liverpool sack Benitez」

ここまで13位と酷い順位に沈んでいるリバプールがラファ・ベニテス監督の解任に踏み切った。後任にはきら星のごとき名監督の名前が上がっているが…。

21日 ★チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦組み合わせ抽選会★

すっかり終了したのを忘れてた。。。
(;・∀・)

組み合わせが決まる前に、各組の勝ち抜けチームを紹介。面倒なのでカタカナでいいですか?

※左が首位通過

A組:インテル、リヨン
B組:マンチェスター・ユナイテッド、ベンフィカ
C組:バレンシア、スポルティング
D組:バルセロナ、PSV
E組:チェルシー、セヴィージャ
F組:アヤックス、ミラン
G組:ローマ、シュツットガルト ※なんとR・マドリーが3位で敗退
H組:ポルト、アーセナル ※知らない間に2位での通過になってた

こんな具合です。G組でマドリーがこけた以外は、概ね順当な結果となりました。
( ・ω・)∩

さて、いよいよ抽選が始まります。。。

おっと、いきなり名前を呼ばれたぞ!!

そして引き当てたのは・・・

インテル!!!!!

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

いきなりインテルとですか。
(;つД`)

( ´―`)y-~~

で、こんな感じに決まりました。

CL-FirstKnockoutRound.jpg


まぁ、ここまで来たらどこと戦っても難しいわけで。なるべく頑張ってみます(弱気)。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

22日 Bolton(9位) vs Arsenal(2位)

常に先手を取られる苦しい展開を救ったのは次節チェルシー戦に向けて温存していたファン・ペルシー。途中交代で出てくるなり貴重な同点ゴール。なんとか2-2で引き分けた。アウェイは苦手だなぁ。。。がっちりマークしてたはずのアネルカにゴールくらったし。
 Σ(´Д`lll)

ヤースケライネンも止めすぎ。
( ´Д`)

エドゥアルドがこの日も得点していて、徐々にフィットしてきているのが分かる。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

26日 Arsenal(2位) vs Chelsea(1位)

ビッグロンドンダービーじゃ!!
キタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!!

相手は18試合で16勝2敗という超絶的な結果を残しているスーパーチーム。だが、うちのホームではデカイ顔させね~ぞ!きっちり黒星付けて帰らしてやっからよ!!
(#゚Д゚)ゴルァ!!

スタメンは以下の通り。

vsChelsea(H).jpg


誤算だったのはフレブの疲労が思ったより重くて起用できなかったこと。だいぶ馴染んできたエドゥアルドをセカンドトップに使い、ファン・ペルシーを右サイドに回してみた。彼の突貫力で、守備に難のあるチェルシーの左サイド(マルダ&コール)をぶち抜いてやる!!

と意気込んでみたものの、チェルシー鬼つえ~
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

圧倒的なフィジカルでボールを運べばあっと言う間に奪われるし、ゆったりと的確に繋ぐからボールに全く触れね~
(;つД`)

なんと支配率は40対60

この自由にやられっぷりはどういうことか。
ヽ(;´Д`)ノ

そしたら前半29分、ファン・ペルシーのオウンゴールであっさり1点献上~
(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

続くロスタイムにはドログバにこぼれ球を拾われてあっさり追加点をプレゼント。
 Σ(´Д`lll)

0-2でハーフタイムを迎える。

監督、当然ロッカールームで激怒!!
(#゚Д゚)ゴルァ!!

劣勢だろうがなんだろうが、なりふり構わずメンタリティを右端へド━(゚Д゚)━ ン !!!

これが意外と効いたから吃驚w

後半もポゼッションは譲ったものの、シュートチャンスはアーセナルに訪れ始める。

ついに69分、エースの意地でアデバヨールが追撃弾!!!
キタ━━━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━━━!!!!

残りは約20分、追いつけるか。

だが、どんどん時間が減っていく。チェフのセービングは相変わらず完璧で、際どいシュートもシャットアウト。

残り5分。

もうダメなのか。。。

敗北を感じ始めたサポーターがざわつき始める中、チェルシー側のペナルティエリア内で疑惑のホイッスル!!!

シミュレーションか?それともPKか?
( ; ゚Д゚)

今作は結構シミュレーションを取るだけに、一瞬息が止まる。

レフェリーが指し示したのはペナルティスポット!!!!!
キタ━━━━ヽ(´ロ` )ノ━━━━!!!!

キッカーはファン・ペルシー。こいつのPKといえば、宇宙開発を思い出す。

(おいおい、大丈夫か…)

ゆったりとした助走から…正面へズドン!

チェフの正面へズドン!!
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

だが、転がった先はファン・ペルシーの前だった!!

今度こそ決めて、同点~♪
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

必死でチェルシーを追い詰め、勝ち点1を分け合った。
ε-(´∀`*)ホッ

にしても、こいつらの強さはおかしい。空中戦で全く競り勝てないし、運動量が凄すぎる。後半のラッシュでスタッツは多少格好ついたものの、一時はポゼッションが3割台だった。悔しいのぅ。悔しいのぅ。

※MOMは、ファン・ペルシー。ロシツキはこの試合でもアデバヨールのゴールをアシストしてる。素晴らしい。

vsChelsea(H)result.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

29日 Arsenal(2位) vs Tottenham(18位)

監督の首が飛ぶなど絶賛大不調のトッテナム。開幕戦の恨みを晴らす時は、今だ!!
(・∀・)

士気が下がりっぱなしで、ろくに攻撃の形もつくれないトッテナムに猛攻を仕掛け、3-1でリベンジ達成!ウォルコット&エドゥアルドの2トップがなかなか機能していたのが印象的。2ゴール、1ゴールでチームの全得点を挙げた。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

※それにしても、今作は異常なほどに練習で怪我人が出ない。試合では結構削られて怪我してるけど、まだ誰も練習で怪我してないかも。アーセナルのフィジコ、施設が優秀なだけですかね。プレーしている方はどうなんでしょうか。ぶーぶー文句垂れながら怪我と悪戦苦闘していた2007が懐かしい。。。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○12月最終成績○

12月は、リーグ戦が6試合で4勝2分の無敗、CLで1戦1分。リーグ戦では2位も、チェルシーとの勝ち点差11の逆転は厳しいか。むしろ2位以下はかなり接近しており、うかうかしてられない。

12gatsu_20071113151402.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

1月


1日 【選手合流】

契約が合意に至っていた2選手が合流した。セルジオ・モタはまだ18歳のため、暫くリザーブリーグで訓練。指導役にファン・ペルシーを就けておいた。本来は、彼が「アイドルだ」と語るG・シウバの方がいいんだろうけど、ポジションが違いすぐる。キースリンクは、レディング戦は無理でもその次あたりにはベンチ入りさせたいところ。丁度、FA杯3回戦で相手は超格下だし。

※移籍関連では、チェルシーがCSKAからヴァグネル・ラヴ(ブラジル代表)を、アストン・ビラがガードナー(ジャマイカ代表)、ニューカッスルがドノバン(アメリカ代表)をゲット。

1日 【ロナウヂーニョ、タイトルを総なめ】

各種表彰式が行われたこの日、ロナウヂーニョがバロンドールなど主要タイトル全てを独占した。なお、各ポジションの最優秀選手はGK:チェフ、DF:マイコン、MF:ロナウヂーニョ、FW:イブラヒモビッチ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

2日 Reading(14位) vs Arsenal(2位)

これといったピンチもなく、3-0で圧勝。ファン・ペルシーはレイティング9を記録した。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

4日 【選手獲得】

現在、契約延長を怠っていたところ、GKアルムニアに数クラブからオファーが来ており流出の危機があるための、ボスマンでGKを探していたら、スペインのレクレアティボのバルボサが良さそうだなと。年齢も23歳だし。

Barbosa.jpg


---------- キリトリ -----------

5日 Arsenal vs Carlisle:FA Cup 3rd Rnd

初先発させたキースリンクがいきなり豪快なシュートを決めたー!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

それ以外は低調なデキで、やっと後半中も半ばになって途中出場のサーニャが追加点。試合前にはファンから「大量得点による圧勝を期待」なんてあったのに、消化不良のダメダメゲームをしてもうた。まぁ、キースリンクがやってくれたからいいでしょ♪キースリンクはMOMもゲット。( ・∀・)イイ!

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

6日 【選手放出】

アルムニアが契約延長拒否してキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
サラゴサへ旅立つようです。まぁ、仕方ないか。レーマンとは減給の上で契約を延長してあるし、ファビアンスキとバルボサがいれば大丈夫でしょう。

7日 【FA Cup 4th Rnd抽選会】

まだまだ下部のクラブが多く残っているのに、引き当てたのはトッテナム!!
エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

なんで籤運悪いかなぁ。。。。
(;つД`)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

12日 Arsenal(2位) VS  Portsmouth(9位)

ニュージェント、ムンタリら主力数人を欠くポーツマスに、7戦無敗中のガナーズが負けるはずはない。しかも、久しぶりの中6日とあって、主力のコンディションは上々だ。次の試合も1週間後のため、ベストメンバーを揃えても問題ない。で、この直前にバーミンガムからジュルーが帰ってきたので、彼をスタメンに組み込んでみた。うむ、とても優秀な選手じゃ。
(・∀・)チゴイネ!

Djourou.jpg


なお、ギャラスは左サイドバックに回ります。当然、ここは勝たなきゃいけない試合。

ところが、ナイジェリアンパワーの前にいきなりの劣勢。終始ポゼッションで後手を踏み、なんとポーツマスの支配率は64%という値に。CKからウタカに先制されると、40分にこぼれ球を詰めたアデバヨールが決めて追いつくものの、84分の逆転劇の直後にはカヌー!!
 Σ(´Д`lll)

ロスタイムに追いつかれて、無念のドローとなりました。
( ´―`)y-~~

ヤル気あんのか、こいつら。
(#゚Д゚)ゴルァ!!

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

19日 Blackburn(6位) VS Arsenal(2位)

トゥーレとエブエが代表に行っているので不在。ブラックバーンもモコエナとマッカーシが同じく代表でいない。とはいえ、互いにバックアッパーが揃っているため、さほどの影響はなさそう。

アーセナルはリアルでもブラックバーンを苦手にしており、ちと不安。事実、前回はホームで破れている。
(;´Д`)

しか~し!!

同じ敵に2度負けてなるものかとアーセナルが躍動!

前半3分にセスクが鮮やかなミドルで先制点を奪取すれば、僅か6分後にファン・ペルシーの代わりにスタメン起用されたエドゥアルドがエリア外からカーブをかけた巧みなシュートで追加点。さらに30分にはクリアが短くなったところにシウバが押し込んで3点目をゲット。前半だけで3-0とし、試合は決まった♪
v( ̄Д ̄)v

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

26日 Tottenham VS Arsenal:FA Cup 4th Rnd

監督の首を挿げ替えても全然浮上してこないトッテナム。試合前にはヒューズ監督から「余裕で勝てるっすよ」なんて言葉もあったのに、蓋を開けてみたら約40秒でアーセナル先制!!
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

エドゥアルドがまた決めたよ♪

とか言ってたら、あっさりと逆転されてFA杯からもさよなら。ダメだね、こいつら。勝負弱いったらありゃしない。
┐(´―`)┌


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

30日 Arsenal(2位) VS Derby(12位)

レギュラーはセスクとファン・ペルシー、アデバヨールのみという完全なるターンオーバーを敷いたこの試合は、オウンゴールでやっと先制した後、キースリンクにリーグ戦初ゴールが生まれ、万歳で終われるかと思ったら、ロスタイムに失点。ふざけんな!
(#゚Д゚)y-~~イライラ

なんで、こうしまりがないのか。一向に減らない失点にイラついた試合でしたとさ。

一応、これで10試合負けなしらしい。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○1月最終成績○

4戦3勝1分のリーグ戦はいいとして、4回戦で敗退したFA杯はいただけない。しかも逆転負けだからなぁ。
┐(´∀`)┌

チェルシーとの差も、3位以下との差も開き、ちょっとモチベーション維持が難しくなってくることか。

★冬の移籍総括★

フライングして、1月31日までに決まった冬の移籍を紹介。

transfer-08-1gatsu.jpg


ってか、普通は冬の移籍ってチームの弱点を補完するためなのに、どこも動きすぎw
(;^ω^)

ピルロなんてバルセロナへ何故か移籍しちゃってるし、シュバインシュタイガーもインテルへ。マルティンス、ポドルスキーも動いた。現実ではチームが手放さないであろう選手が売られていくのは、ちと興ざめか。ま、これも一つの楽しみと思えばいいか。
スポンサーサイト



コメント

現実と同じなのがスパーズ、違うのがチェルシー

スパーズのヨルが現実同様、解任されてるのが妙にリアルですねw
一方、チェルシーは額面どおりなら、やはり最強ですなw
こうはいかないのが現実なんですが(つД`)
差をつめるなら、ドログバらアフリカ人選手4人が抜けるこの時期でしょうかね。

あとイングランドやスコットランドって、冬だと雨天が多いですよね。
実際がどうなのかは詳しくは知りませんが、あれはちょっと嫌ですな。
特にショートパスやドリブルを多用する戦術だと。
それ以上に嫌なのは、スペインやイタリアで夏場、妙に気温が高いところ。
スタミナ消耗しまくりで困ります。
下手すると夜なのに30度以上が当たり前になりますからねぇ。
あと、同じ天気が続くところもおかしいです。
ずっと雨って、梅雨じゃないんだからさ!

トッテナムはどん底ですw

アフリカネーションズカップが始まっていて、確かに多少はチェルシーの勢いも止まりそうな感はありますが、うちもエブエとトゥーレがいないですからねぇ。。。チェルシーは異常に強くて厳しいです。

天気のおかしさは激しく同意。絶対過剰につくり過ぎてますよ。あんな天気だったら、とっくにリアルで問題になっているはずですから。聞いたことありませんし、中継でも見たことありません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)