03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・48 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

開幕


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

ついに悲願のPremiership昇格を成し遂げたYeovil Townと暁空也。主人公であるTerryは、いよいよ弟と最高の舞台で相見えるのか。そして、どのブックメーカーからも「断然の降格候補本命」との烙印を押される中、暁監督はチームを奇跡の残留へと導けるのか。Yeovil Townの5度目のシーズンが始まった――。

超大量補強で、フルモデルチェンジを遂げたYeovil Town。毎年のこととはいえ、昇格への貢献者達を容赦なく切り捨てる暁監督には批判の声も少なくない。しかし、メディア予想で当然のように「最下位」と記されたチームを残留させるためには、大鉈を振るわなければならないのも事実。理想と現実との板挟みの中、いよいよシーズンが開幕する!!!





---------- キリトリ -----------

8月


21日 対 Chelsea(A)

超強敵相手のアウェイゲームであり、フォーメーションは4-3-2-1のディフェンシヴにした。

<Chelsea>

GK:Cech
DF:Cicinho,Terry,G.Rodrigues,Goncalves
MF:Cambiasso,Essien,Lampard,Nasri
FW:Higuain,Adriano

<Yeovil Town>

GK:Munua
DF:Cherundolo,DeMerit,Doherty,Harley
MF:Ambrosini,James,Delaney,Tiberkanine,Gobbi
FW:Tudgay

vsChelsea-Opening-formation.jpg


相手の強力な攻撃陣を押さえ込むべく、中盤の3枚と2トップにはタイトマーク&ハードタックルを仕掛けてみた。カード?そんなもんを怖がってたら、フルボッコにされちまうぜ!
(#゚Д゚)

そして、狙いは概ね成功したと言っても間違いじゃないはずだ。

圧倒的な「個」の差を物ともせず、そしてアウェイという苦しい状況にもかかわらず、Yeovil Townの11人勇敢に戦った。スタッツを見てもらえば、その奮闘ぶりは一目瞭然。相手GKがCechじゃなかったら、もっと僅差になったかもしれない。

しかし、この日は1人の怪物が凄すぎた。

15分にはマーカーを振り切って高い打点のヘッドを突き刺し、22分にはドリブルで3人を振り切ってゴール。68分にもスルーパスに抜け出して冷静にフィニッシュし、なんとハットトリック!!
・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・

にっくき怪物とは、こやつだ!

アドリアーノ


意地を見せたいYeovilは、80分にHibbertが今期の復活を期待させる鮮やかなドリブルシュートで1点を返したものの、開幕戦は1-3でChelseaの軍門に屈した。

vsChelsea-0pening.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

★試合後ミックスゾーンにて★

――残念ながら完敗でした。

1人の怪物に、我々は蹂躙されてしまった。ただ、私は決して絶望していない。むしろ希望を抱いたと言っていい。なぜなら、あのChelseaを向こうに回して、十分に見所をつくれたからだ。終盤には、3点差に意気消沈せず、1点を奪い取った。これは大きな自信になるだろう。

――勉強料を払ったと。

その通り。Yeovil Townは、ようやく一歩を踏み出したに過ぎない。しかし、この一歩が将来に繋がると確信している。少なくない授業料を払った分の元は必ず取るよ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

25日 対 Blackburn(H)

ホーム開幕戦という感動的な試合をぶっ壊したのは、ベテランのDohertyだった。愚か過ぎるファールで後半開始早々に一発退場。さすがに10人でVucinicとAcunaの強力2トップ擁するBlackburnを抑えるのは難しい。53分、70分にVucinicのゴールを許し、0-2で敗戦。悔しい2連敗となった。こいつら、つえ~。(;´Д`)

Vucinic.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

28日 対 Portsmouth(A)

このチームはなんといっても、Kranjcar(写真)。

Kranjcar.jpg


こいつをトップ下に、2トップがサイドに開くというフォーメーションを敷いているだけに、そこをガッチリと食い止めなければならない。当然、厳しいマークを付けて試合に臨む。これが上手くいき、チャンスはYeovilに多く訪れる。しかし、Pekhartが決められず、たびたび訪れたゴール前でのFKもMcCannが物にできない。結局、相手GKの好守もあってスコアレスドロー。3試合を終えて勝ち点1の最下位で8月を終えた。まぁ、こんなもんでしょ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

※James、Estevesこそ怪我で離脱しているものの、ほとんど怪我人はいない。リザーブリーグでは負傷明けの選手がコンディション調整に励んでおり、まだまだこれからでしょ。

○8月最終結果○

8gatsu_20071112111200.jpg


3戦して1分2敗。覚悟していたとはいえ、やはりプレミアのレベルは高い。


---------- キリトリ -----------

ちと短いですが、期間が空きすぎていたので更新しておきます。リアルで色々と問題を抱えており、今後は更新が突然止まることもあるかと思いますが、その辺りは勘弁頂ければ幸いです。

なお、還ってきたPCは素晴らしく快適な以前の状態に戻っておりました♪
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

ちゃんとタイーホものの動画なども無事でしたしwww
Ψ(`∀´)Ψ

やっぱり使い慣れているPCが一番ですね。会社から毎日PCを持って帰る生活ともおさらばで、しかも長く苦しい締切に追われる日々も一段落。少しゆっくりできそうです。

大宮がまさかの逆転負けを喰らって凹んでますが。。。
スポンサーサイト

コメント

大宮は残念でしたね・・・。

ホームで逆転負けは痛いですよね・・・。
しかも相手は大分ですし。
今週、その大分をヘタレ・名古屋が倒して、
大宮に貢献すると共に自らの残留を確定させて欲しいのですが・・・。
たぶん、無理です(爆)

話がそれましたが、やはりプレミアはレベル高いみたいですね~。
主役なきチェルシー戦は、アドリアーノの独壇場だったようで。
現実世界でこれだけ活躍してくれれば、
暁さんもさぞ喜ばれたでしょうな^^;
まだまだ序盤戦、これから巻き返しは十分あり得ますよ!

ちなみにクラニツァルは、ウチのセルティックにもいますね。
ウチの場合は、MCで起用してますが、
やはりトップ下が一番使いやすいかなと思います。

毎度、コメント多謝

大宮の敗北に悲嘆に暮れる、暁です。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そうでした、次節大分は名古屋とでしたね。完膚なきまでに叩き潰してやって下さい!!

もっとも、大宮と広島の完全な一騎打ちになりつつありますし、下手すれば両チームともまだ自動降格圏に落ちる可能性があります。怖くて仕方ないダメっぷりですが、最後は笑って振り返れるといいなと。

Yeovil Townは、予想通り厳しい戦いを強いられています。なにせ、選手の能力を眺めても圧倒的に不利ですからね。はっきりいって、プレミアレベルの選手なんて数人ですもん。なので、残留ギリギリか降格かって感じになると思われます。
(;´Д`)

少しでも粘れるように頑張りますね!
(゚Д゚)ノ

クラニツァールは、そういえばどらぐら様の日記で名前を見かけましたね。リアルでもようやくフィットしてきているようですし、やはり偉大な選手になりそうな予感がします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。