04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arsenal日記・3 

One for Goal,All for Goal ~拝啓 Arsene Wenger ~


ショートパスの交響曲が、ピッチの上で燦々と響き渡る。彼らのフットボールは、まさに芸術だ。

いつ、いかなる時も前へ前へと繰り出し、立ち塞がる者を鮮やかに翻弄する。彼らにとって「後退」の2文字は何より不名誉で醜いモノ。貫くべきは、美しく死ぬこと。故に、ただ攻めるのみ。そこに、フットボールの真髄が宿ると信じて――。

1人はゴールのために。誰もがゴールのために。

そして、ゴールは全てのために――輝く。

偉大なる超人が去り、残されたヤングガンズ達の新しい歴史が幕を開ける。

開幕から足取りのおぼつかない暁アーセナルは、オーナーをして「もう少しパフォーマンスを改善させてくれないと」と言わしむるほど。このままでは連載打ち切りの可能性も否定できないだけに、一層の努力が求められる。



―――――――――― キリトリ ―――――――――――

10月


2日 対 Shakhtar(H):CL Grp H

開始4分、レーマンの絶妙なパントキックをアデバヨールがダイレクトボレーでネットへ突き刺すという、とんでもゴールが飛び出した試合は、30分にエブエが綺麗なミドルを決めて勝敗決した。これでCLは2連勝♪
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人

リーグ戦でもこれができれば。。。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

6日 対 Wigan(A)

上位に付けるWiganのホーム、JJBスタジアムへ乗り込んだアーセナルはファン・ペルシーが大爆発!!!
!∑(゜∀゜)

3分の先制点に続き、50分、62分、65分とボレーありミドルシュートあり、エリア内からの豪快なシュートありで4得点!
(・∀・)チゴイネ!

このところ決定率が急速に高まっているアデバヨールにもゴールが出て、5-2で圧勝です♪
(TдT) アリガトウ

やっと、アーセナルらしい美しく強いフットボールを見せられたかなぁ。
ε-(´∀`*)ホッ

vsWigan.jpg


この日はホームで使っている戦術のまま戦ってみたけど、アウェイだからと慎重にいきすぎず、一気に攻め寄せた方がいいのかも?!

順位もやっと11位まで回復。ここから逆襲だ!!

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

17日 【選手獲得】

・Sergio Mota(17) Sao Pauloから625Mで獲得

SergioMota.jpg


スカウトの話では、エドゥアルドよりも上の能力を秘めているとのことで青田買い。ブラジル人のため、労働許可証がネックだったが、再申請したら通った。
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

まだ17歳ということもあり、じっくり育てましょう♪

※国際Aマッチデーが続いているため、次の試合は20日。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

20日 対 Fulham(H)

4連敗で降格ゾーンまっしぐらのフルアムをホームに迎えて、ロンドンダービーの開催であります。
(゚Д゚)ノ

もっとも、ロンドンにはプロクラブがありすぎて、ありがたみはない。
(;^ω^)

試合はフルアムGKニエミの大活躍によって、なかなかゴールが奪えない中、30分にCKのこぼれ球をアッフェラーイが押し込んで先制。やたらカードを連発するレフェリー(Steve Bennet)のKYぶりもありながら、60分にスメルティンを退場させてくれたのはGJ。ロスタイムにはアッフェラーイのクロスからアデバヨールが豪快に決めて2-0で勝利♪
v( ̄Д ̄)v

相変わらず芝が渋ってるため、途中から戦術を「ダイレクト」、「ワイド」に変更したのが効いたか。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

23日 対 Porto(H):CL Grp H

ここまで2連勝のアーセナルと1勝1分のポルト。グループ突破が本命視される2強が、まずはエミレーツスタジアムで激突する。

【スターティングメンバー】

vsPort.jpg


フルアム戦から中2日だが、コンディションはまずまず保っているため、ずらっと主力を並べた。最近チーム内での存在価値を上げているアッフェラーイだが、両サイドはとりあえずフレブとロシツキでいく。対するポルトは、主力の怪我もなく万全のセレクション。ってか、どいつもこいつも能力高い。。。とりあえず、クアレスマとルチョ、ポスティガには激しくいこうと決めた。

そしたら開始僅かに4分、するすると3列目から上がってきたR・メイレレスの弾丸ミドル、”キタ━━━━ヽ(-_-,,)ノ━━━━!!!! “

弾幕薄いよ、なにやってんの!!
( ゚Д゚)ドルァ!!

反撃のアーセナルは10分、ゴール前でFKを得ると、ロシツキがちょこんと押し出してファン・ペルシーがシュートというトリックプレー!!

これが決まって同点に追いつく♪
キタ━━━━ヽ(*∀* )ノ━━━━!!!!

と こ ろ が

42分にCKをステパノフに決められて勝ち越された~
エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

相手の中央部分の激しいマークを外そうと、ダイレクト&ワイドに変えて攻めるも、センターバックは高くて強く、GKエウトンは機敏な飛び出しと鋭い反応。全く入る気がしない。。。
(;つД`)

終盤には総攻撃に出るものの、最後のチャンスとCKに上がったレーマンがお留守のゴールにロングシュートを放り込まれて1-3 orz

ホームで破れてグループ2位に転落。ちなみに相手GKがMOMでしたとさ。またかよ。。。
┐(´―`)┌

vsPorto-result.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

27日 対 West Ham(H)

嫌な空気を払拭したいぞ、この試合で!
(゚Д゚)ノ

ライバルチームを叩けば、雰囲気もまた変わってくるというもの。

幸い、相手には怪我人が多く、ベストメンバーとは到底言えないラインナップ。対してうちはCLでの披露を考えてファン・ペルシーとアデバヨールを温存したものの、分厚い選手層から不安なし。

とはいえ、エドゥアルドとベントナーの2トップは頼りね~
(;´Д`)

シュートまで行けるのも珍しい上にシュートが枠にいくことが基本的にない罠www
|ι´Д`|っ < だめぽ

セットプレーからシウバが決めて得た貴重な点を、得意のポゼッションで何とか守りきるしかないか(苦笑)。
ヽ(;´Д`)ノ

相手がベラミーの1トップというやや無茶なシステムで来たのが助かった。スピードタイプでは、うちの守備はそうそう抜けない。

1-0で迎えた52分にはA・ファーディナンドが全然関係ないところでアデバヨールにエルボーかまして退場してくれたので、もっと楽な展開に。

67分、ファン・ペルシーのミドルシュートがポストに当たって跳ね返ってきたところをアデバヨールがプッシュして2-0とすると、そのまま逃げ切って完勝。アデバヨールは完全にエースになったなぁ。
( ・∀・)イイ!

この試合、セヴィージャのファンデ・ラモス(リアルでは10億円を超える年俸に負けてセヴィージャからトッテナムへ)が観に来てたみたい。お目当てはギャラスとロシツキだってさ。売らないので無駄足ですよ~。
(・∀・)/~~

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

30日 対 West Ham(A):Carling Cup 4th Rnd

マンチェスター・シティ戦の時と同じように、リーグ戦の直後にカップ戦で対戦するという奇遇。なんてつまらないんだw
┐(´д`)┌

このカップ戦は軽視しきりのため、若手中心でメンバーを構成してみた。2トップは一向に結果の出せないエドゥアルドとベントナー。そして、彼らはまたもや結果を出せなかった。
┐(´―`)┌

CKからの失点が最後まで響き、0-1で敗戦しましたとさ。なんとなくで、元々ある「4-4-2 ディフェンシブ」を使ったのがダメだったかw

適当ではダメという戒めの試合。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○10月最終成績○

10gatsu_20071108211011.jpg


リーグ戦は3戦3勝の無敗も、CLではホームで敗戦、カーリングカップも敗退と微妙な成績。余命が刻一刻と減っていっている気がしてならないわけで。
(;つД`)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

11月


【月間最優秀監督を受賞】

キタ━━━━ヽ(´ι _`  )ノ━━━━!!!!

まぁ、こんなの得ても何の足しにもならないからなぁ。首を懸けた戦いは続く。

2日 【移籍金増額のお知らせ】

成績が今一歩の分際で、収益は順調のよう。だいぶ使った移籍金が増えて、2.8Bになった。冬に誰か獲るか。。。
( ・ω・)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

3日 対 Middlesbrough(A)

18位と低空飛行が続いているボロとのアウェイゲームは、まさに「セスクのセスクによるセスクのための試合」だった。

今季はここまで〝そこそこ〟のパフォーマンスに終始、「ベンゲル渇望症」的な感じだったが、ようやくお目覚め。エブエからのパスをエリア外から鮮やかに巻いて決めた得点、またもやエブエからのクロスに飛び込んで叩き込んだ2点目、共に美しいゴールで、チームの3-0勝利を導いた。なお、アデバヨールの先制点もアシストしたエブエは3アシスト♪

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

7日 対 Porto(A):CL Grp H

ホームでの借りを返したいガナーズは、10日のリーグ戦の相手が下位のサンダーランドということもあり、全力で叩きにいく。それに、これに勝てばグループリーグ突破は確実。「負けられない戦いがここにある」。

相手は前回対戦時と同じフォーメーションで同じメンバー。今回はR・メイレレスにも気を配りつつ試合をスタートさせた。

しかし、ドラゴンスタジアムでのポルトは一味違う。得意のポゼッションでも劣勢に立つと27分、ポスティガに豪快なミドルシュートを浴びて、あっさりとリードを奪われる。
(#゚Д゚)y-~~イライラ

前半は結局0-1で折り返し。ハーフタイムに檄を飛ばす。

この檄が珍しく効いた!!

49分、セスクがCKから珍しいヘディングのゴールを突き刺して追いつくと、試合終了間際にドラマは起きた。

再びCKから、今度は途中出場のベントナー!!!
(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

結果が出なくても使い続けた甲斐があった。。。
ミミ彡  ゚̄ ̄’ 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡  正直、感動した

雪辱の2-1勝利で、予選突破に王手をかけた。

試合後にはサーニャが「ハーフタイムでの監督の言葉が力を与えてくれた。それが逆転に繋がったんだ」とのコメントを残していたように、どうやら珍しくチームトークに成功したらしいw

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

10日 対 Sunderland(H)

19位と不振に喘ぐサンダーランドが相手なら、控え主体で十分。

その過信が仇となる。

8分、チョプラにヘディングシュートでネットを揺すられ、あっさりとビハインドを背負う。

もっとも、リーグ戦5連勝中の勢いはこれしきでは止まらないのだ!
( ^∀^)

10分にオウンゴールで追いつくと、43分にエドゥアルドの正確なシュートで逆転する。

後半に入っても攻勢はアーセナルで、48分、58分と連続してベントナーが得点。終了間際に再びチョプラにゴールを許したものの、4-2で完勝し、6連勝を飾った。
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

12日 【選手獲得】

PSVのラゾビッチ、R・マドリーのJ・バチスタ、シャルケのクラニィら噂に上ったFWは数知れず。しかして釣り上げたのはレバークーゼンキースリンク!!
(゚Д゚)ノ

とっぱらいで2B、プラス次回移籍時に30%という高条件をもって、23歳の俊英がガナーズに加わることが決まりました♪
(〃▽〃)

Kiessling.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

17日 対 AFC Wimbledon(H)

国際試合に行かない選手のための試合。5-0での圧勝も当たり前か。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

24日 対 Newcastle(A)

国際試合でコンディションを落として帰ってきた主力が多く、メンバーのやり繰りに四苦八苦。高さとパワーで勝るニューカッスルが相手となれば、なおさらコンディション不良は響いてくる。ボールをなかなかキープできない上、空中戦で敗れ続けると、ほとんどチャンスらしいチャンスをつくれず、バートンとエンゾグビアの強烈なミドル2発で沈んだ。
ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!

連勝は6でストップし、順位も6位へと落っこちた。
(;つД`)

完敗らしい完敗は初めてかもしれん。。。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

27日 対 Celtic(H)

敗北の傷癒えぬところへ決勝トーナメント進出の懸かった大一番がやってきた。
キタ━━━━ヽ(Θ∀Θ )ノ━━━━!!!!

セルティックのフォーメーションは、以下のように4-1-4-1。アウェイを苦手としている彼らだけに、まずは守備から入るのか。一方のアーセナルは〝普段着〟の4-4-2。ただ、セスクのコンディションがギリギリだったため、ベンチに置いた。センターバックにセンデロスを起用したのは、当然V・O・ヘッセリンク対策。高さのある相手には彼の出番だ。

vsCeltic(H)-CL.jpg


ところが、対策を講じたにもかかわらず、そのヘッセリンクに38分、ヘディングで先制弾を許してしまう。
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

追撃のアーセナルは45分、ウォルコットがドリブル突破からクロスを上げ、そこへアデバヨール!!
キタ━━━━ヽ(☆∀☆ )ノ━━━━!!!!

チームのピンチを幾度となく救ってきたエースの一撃で試合は振り出しに戻る。

すると迎えた後半10分、左サイドバックで起用されているギャラスがオーバーラップして放り込んだクロスにエドゥアルドがフリーで待ち構える!

一度はボルツのスーパーセーブに遭うも、なんとこぼれたボールは再度エドゥアルドの元へ。

無人のゴールへ流し込んで、アーセナルが逆転に成功する。

これで気落ちしたセルティックに反攻の意志は見えず、接戦をものにしたアーセナルが勝利と決勝トーナメント進出を決めた♪
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

―――――――――― キリトリ ―――――――――――


○11月最終成績○

6戦5勝1敗という成績は決して悪くない。接戦をものにできる底力も付いてきているような手応えは感じられた。あとは、この勢いをしっかりと保っていかなければならない。まだまだ脆いところがあるからなぁ。
(;´∀`)

※順位表は撮り忘れたから無し!!
スポンサーサイト

コメント

頼れる電柱・ヘッセリンク

07でのセルティックでは、彼は欠かせない存在でしたね。
ジャンプ力があり、フィジカルも強いので、空中戦では強く、
かつ、足元の技術もそこそこあったので、貴重な攻撃の核でした。
ただいま2011-12シーズン終盤ですが、34歳でまだまだローテーション要員です。

アデバにセスク、ようやく主力どころがお目覚めのようですね。
新たな戦力も加わりますし、ここからの巻き返しに期待ですな。

コメント遅くなりました

ヘッセリンクの価値を最も知る男かもしれません、どらぐらさんは♪

それにしても34歳でもまだ戦えるなんて、タフなプレイヤーですね~
( ゚Д゚)ヒョエー

アーセナル日記も、なんだかんだで半分近く終了しました。どこまで勝ち進めるのか、ご期待下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。