FC2ブログ

05 | 2019/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷監督の憂鬱~|ι´Д`|っ < だめぽ~ 

    r⌒\// ////:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ //// //
    (´ ⌒)\ ///::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|// //
ポッポー ||  \|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| _/ /ヽ        /ヽ
     人   ...\    +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;/ /   ヽ      / ヽ
    (__)     \    ( (||||! i: |||! !| |) )    /__/U  ヽ___/  ヽ
また (__)天狗か .\+  U | |||| !! !!||| :U  /__/   U    :::::::::::U:
    (・∀・#)       \   | |!!||l ll|| !! !!|/| | 天 // ___    \     ::::::::|
  _| ̄ ̄||_)        \∧∧∧∧/  | | 狗|   |    |  U     :::::::::|
/旦|――||// /|      <   天 >  | |  |U |    |        :::U::|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |      <   狗 >      l ├―‐┤   U   ...:::::::/
|_____|三|/      < の の >     ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
────────────< 予 仕 >─────────────
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \< 感 業 >天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!   
/⌒ヽ  / ''''''     ''''''    < !    >こういう天狗のように鼻が立ってたのが
|  /   | (●),   、(●)   | ∨∨∨∨\天狗の天狗なんだよな今の天狗は
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     / ヤダヤダ  \天狗の天狗を知らないから
| |   |    `-=ニ=- '    /〃〃∩  _, ,_  \天狗の仕業じゃ!  , ;,勹
| |   !     `ニニ´   `/  ⊂⌒( `Д´) <\          ノノ   `'ミ
| /    \ _____ /      `ヽ_つ ⊂ノ    \        / y ,,,,,  ,,, ミ
| |    ////W   / )、._人_人__,.イ.、._人_人_人     / 彡 `゚   ゚' l
| |   ////WW /<´ 天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!>\  〃 彡  "二二つ
| |  ////WW /    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒   \|  彡   ~~~~ミ




---------- キリトリ -----------

それは、趣味で進めているFM2007版のインテルでのことじゃった。。。

1年目

4.75Bを投じてデ・グズマン、マドゥーロ、ナウドらを補強し、意気揚々とシーズンを迎えた新任の暁監督。その指揮下、インテルは国内で圧倒的な強さを見せてスクデットを制したものの、チャンピオンズリーグではまさかのグループリーグ敗退。回ったUEFA杯でもベジクタシュに敗れて準々決勝で姿を消した。

2年目

憤懣やるかたないサポーター達へ〝リベンジ〟を誓った暁監督は、気前の良いオーナーに守られて、またもや大量補強を敢行。ビアンキ、モントリーボ、ピサーノ、ラウール・メイレレスら、総額7.5Bのきら星のごとき選手達が加わったインテルは、いよいよ欧州制圧に乗り出した。

国内では不安定な足取りで早々にスクデット争いから脱落したものの、チャンピオンズリーグではじぶとさを発揮。初戦のレンジャーズ戦を1-2で落とした時にはどうなるかと思ったが、残りを全勝して勢いを取り戻すと、決勝トーナメント1回戦はセルティックを4-2(A)、1-0(H)で下して突破した。

続く準々決勝の相手はリバプール。ホームで迎えた初戦は、相変わらずの堅守ぶりに手を焼いき、手痛いスコアレスドローに終わる。アンフィールドでのアウェイマッチは、開始4分にPKを決められ絶体絶命に陥るも、9分、アドリアーノが起死回生の同点ゴール!!アウェイゴールで有利に立つ。

その後は、1点が欲しいリバプールの攻勢をインテル守備陣が必死に耐える形になったが、最後は全員を自陣に帰したインテルが虎の子の1点を守りきり、準決勝進出を決めた。

準決勝の相手は赤と黒の縦縞。そう、お隣のミランだ。

しかし、今季はここまでリーグ戦で2回、コパ・イタリアで2回対戦して2勝2分と苦にしていない。その好相性そのままに、ホーム扱いの初戦では何と4-1と圧勝!!!
ケラケラヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノケラケラ

vsMilan-CL.jpg


リターンマッチでは、いきなり0-2とされて焦ったが、ここもアドリアーノが貴重な1点を挙げて1-3粘りきり。

ついに決勝進出を果たす!!!
ヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人

ちなみに、決勝までの合間にローマを破り、コパ・イタリア制覇!!!
v( ̄Д ̄)v

意気揚々と、そしてフルメンバーでモウリーニョ率いるチェルシーとあいまみえる!

実は暁監督、これまでのプレー歴の中でCLを制した記憶がない。遥か昔のCM時代にはあったような気もするが、直近では間違いなくなかった。

故に、その高揚感と期待感たるや、ベッドの上で小躍りするほどのことだった。これほどベッドが揺れるなんて、セクロスの時ぐらいしかない(マテ

<インテル>

GK:J・セザール

DF:J・サネッティ、ブルディッソ、サムエル、マックスウェル

MF:スタンコビッチ、ビエラ、カンビアッソ、モントリーボ

FW:イブラヒモビッチ、アドリアーノ


<チェルシー>

GK:チェフ

DF:シシーニョ、テリー、カルバーリョ、A・コール

MF:バラック、エッシェン、ランパード、マケレレ

FW:ドログバ、シェフチェンコ

CL-final-formation.jpg


ピッチ上の温度計は32度を示していた。

季節外れの暑さが、アテネの夜をこがしていた。

間違いなく消耗戦になる。

それは覚悟の上だった。

だからこそ、前半から仕掛けた。

そもそも、暁インテルは先行逃げ切りタイプ。攻撃的だが失点の多いスタイルに、慎重な姿勢は似合わない。

前半10分にCKからのこぼれ球をバラックに押し込まれて先制されるも、ひたすら攻撃、攻撃。

実ったのは14分だった。モントリーボのクロスにイブラがニアで合わせて同点に追い付く。

さらに、1-1で迎えた63分、再びモントリーボのクロスに飛び込んだイブラが逆転弾!!

相手の激しいコンタクトに、これまでにスタンコビッチとカンビアッソを失っていたインテルに最大の歓喜が訪れた瞬間だった。

ところが、ますます苛烈を極めるチェルシーのあたりに恐れをなしたか、はたまた優勝へのプレッシャーからか、徐々に全軍が後退気味になってしまう。

こうなると、ヘタに前へ出るよりは割り切ってカウンターに徹する方が吉だ。カウンター用の戦術に切り替え、残り時間を減らしにかかる。

だが、やはり「余所行き」で勝ち切れるほどチャンピオンズリーグは甘くなかった。

79分、途中出場のロッベンが目の覚めるようなボレーを突き刺し、チェルシーが土壇場で試合を振り出しに戻す。登場から僅か10分後のことだった。

このモウリーニョの放った妙手が、チェルシーの戴冠を決定付けた。

A・コールのクロスへ、マーカーから消える動きで滑り込んだドログバが、試合終了間際にネットを揺らす。

悲鳴と、悔恨の痛みが胸中を焦がす中、暁監督の2年目は終わりを告げた。

CL-final-overview.jpg


---------- キリトリ -----------

これでよく首が飛ばなかったものだと思う(苦笑)。
(;´∀`)

一応、セリエAではミランの失速に助けられて最終節で2位へ上がりましたが、リーグ戦2位、CL準優勝、コパ・イタリア優勝という成績はどうなのか。。。

まさに迷監督一直線ですなwww

やはり、下からチームを上げることはできても、勝てるチームはつくれないのかもしれませんねぇ…。

まだまだ未熟者です。

最近仕事が忙しく、ちと余裕がないため手抜きの更新となりました。申し訳ないです。
m( __ __ )m




スポンサーサイト

コメント

ビアンキ、モントリーボ、ピサーノ、ラウール・メイレレスら、総額7.5Bのきら星のごとき選手達が加わったインテル

よいですねー、ピチピチ感があります。
モントリーボは高かったでしょうか。
高いんだろうなー。

わたしも今夜から新しい監督生活を。。。
プレミアリーグで模索中なのですが、
なかなか決めきれないです。
いっそのこと、ベニテスを押しのけてリバプールで
やってみちゃおうかな、とか。
スペイン人は全部、放出してしまいそう(苦笑)

FM日記の再開を待っております

インテルでのプレーは、完全に趣味の世界ですからね(苦笑)。いつも日記ではある程度自分に制約を課しているんですが、公開しないのをいいことに好き勝手やってますw

記憶が不鮮明ですが、モントリーボはかなり高かったような。少なくとも、遣った資金の半分はいってますね。

プレミアは魅力的なチームが多くて――資金も潤沢ですし――迷いますよね~。私は、気分転換に密かにシティでプレーしてますが、これまた不調で喘いでおりますw

ベニテスはリアルに首が寒そうですが、このところ好調ですね。「リーガプール」の再編・イングランド化も、なかなか面白そうです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/776-d7317fd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。