07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休載のお知らせ 

時折腸が粘るという持病(過去の癌治療の後遺症)をこじらせて祖母が入院したのは先週のことだった。

よくあること…ではないが、命に別状はないため、「近いうちにお見舞いに行けばいいか」と楽観的に構えていた。

実際、親や叔父も「心配要らない」といった体だった。

ここ数年は多少呆けの兆候が見えつつあったとはいえ、齢80を越えてなお健在だった祖母。いつも傍らに居てくれると信じていた。

ところが今日。

いきなり高熱を発症し、体調が急速に悪化しているという。

まだ緊急を要する事態ではないらしいものの、普段は体調の悪さを表に出さない祖母が、苦しそうに唸っていたらしい。

この状況に至る前からお見舞いへ訪れる予定だった親戚が、明日やって来る。

何かの予兆でないと、信じたい。

母親が離婚してから、中学3年まで4人で一緒に住んでいた祖母は、私にとって母親以上の存在だ。同居を止めてからも、大学生時代などはそれこそ毎日通っていた。

社会人になって、少し足が遠のいても、訪ねれば何ら変わらず歓待してくれた。

その祖母に、何の力も与えられない自らの無力さが、今は悔しくてたまらない。

途絶えたままの医者の系譜を、自分もまた紡げなかった運命が、今更ながら呪わしい。

祈るしかない身からは、歯軋りと涙しか生み出せない。

独りの夜が、こんなに長く辛いなんて。

ぶつけどころのない悲しみを、ただ文字に込めて解き放つしか思いつかなかった自分を、どうか笑って下さい。


入院中の祖母の状態が今日悪い方へ急転したらしく、連休中はそちらへかかりきりになってしまうため、更新をお休みさせて下さい。すみません。。。

スポンサーサイト

コメント

ごゆっくりと

それは心配ですね。
お婆様のご病気が、一日も早く快復される事をお祈り申し上げます。暁さんも、あまり無理なさらず、どうかご自愛ください。


ありがとうございます

>ボビー様

ようやく快方に向かっているようですが、かなり弱っており、不安な日々です。なんとか元気になって欲しい。。。

お気遣い、心から感謝致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/773-dc899bac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。