08 | 2017/09 | 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・45 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

6月


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

ついに悲願のPremiership昇格を成し遂げたYeovil Townと暁空也。主人公であるTerryは、いよいよ弟と最高の舞台で相見えるのか。そして、どのブックメーカーからも「断然の降格候補本命」との烙印を押される中、暁監督はチームを奇跡の残留へと導けるのか。Yeovil Townの5度目のシーズンが始まった――。

シーズン開幕前のお楽しみはW杯2010。イタリアの連覇は?南米勢の逆襲は?それともついにアフリカ大陸からチャンピオンが生まれるのか。激戦が今、幕を開ける。





―――――――――― キリトリ ―――――――――――


★World Cup 2010開幕★

うちのブログでも、今回からW杯をちょこっとだけ掘り下げてみる。もちろん、マメとは縁遠い筆者だけに手抜きwww

とりあえず出場する32カ国はSSの通り。以前に組み合わせ抽選会を取り上げたが、たぶん筆者も含めて誰も覚えてないのでw、改めて貼ってみる。

WorldCup2010draw.jpg


ざっと見た限り、開催国枠の南アフリカが多少恵まれた組み合わせになっている以外はなかなか興味深い組み分けとなった。また、以下に今後ブレイクしそうな若手選手をピックアップしてSSを貼る。メキシコ、コロンビア、ブラジル、トルコ辺りになかなか面白い選手がいた。U-20W杯で活躍したスペイン代表サニーはゲームだとナイジェリア代表に入っている。

SultanCem.jpg
Renan.jpg
Marrugo.jpg
LibisArenas.jpg
Groha.jpg
Cardenas.jpg
Andrade.jpg
Aldrete.jpg
Sunny.jpg
Surraco.jpg
TevfikKose.jpg


【出張、暁の紙屑馬券増産計画~W杯2010編~】

◎ブラジル
○イングランド
▲ドイツ
×オランダ
△イタリア

世代交代をスムースに進め、年齢分布のバランスが最も良好なブラジルが本命だ。Dani AlvesとMarceloの両ラテラルは縦への鋭い突破を見せ、Kaka、Ronaldinhoも健在。FW陣もバランスの良い編成で、今大会も優勝最右翼と言える。対抗は主力がピークを迎えたイングランド。年齢を重ねてチームは成熟しており、いよいよ収穫の季節到来だ。敗北続きの歴史に終止符を打つならここか。

3番手は、破壊力抜群の攻撃ユニットを擁するオランダ。守備陣の物足りなさを補って余りある中盤から前の充実度は、夢を預けたくなる。穴っぽいところではドイツを挙げたい。脂の乗り切ったKloseを筆頭に、25歳という最高の年齢で大会を迎えるShweinshteigerとPodolskiら質実剛健なメンバーが集結。覇権奪取は十分可能だ。

イタリアは、2006年大会とほとんど変り映えのないメンバーを嫌って、評価を下げた。リアルでは代表を引退したNestaやTottiが選ばれている辺りも、世代交代の遅れを感じさせる。愛するスペインを無印にしたのは、「勝てない歴史」は容易に拭えないというのと、印を打たなければ勝ち上がるかもしれないと思ったから。組み合わせに恵まれ、間違いなく決勝トーナメントには進出するだろうが、その先はどうか。アルゼンチンやフランスの無印は、どうにも魅力的な選手に欠けるため。確かに好プレイヤーは多いのだが、圧倒的な感はない。特注はコロンビアか。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

13日 この日、オーナーからスタジアムの拡張について発表があった。4500シートの増設を5カ月かけて行う。これで2年連続の拡張で、費用は約900M。プレミアリーグ所属に相応しいスタジアムづくりへの要望が強かった。また同日、新たなスポンサーと年間92.5Mの3年契約を結んだことを明らかにした。さらに、今季の選手獲得費用について問われると、「約550Mを用意している」と語り、報道陣を驚かせた。

※給与枠も1.26Bまで広がり、これでようやく選手獲得に動ける!!!

・・・・・それから数時間・・・・・

英国内のリーグを全て洗いなおしたり、スカウトのレポートを読んだり、条件検索を駆使したりで相当数の選手をピックアップ。オファーを出してみる。ちなみにスカウトの派遣先が「国内だけ」から欧州全域になったみたい。やったね♪早速、1人をオランダに飛ばした(何故オランダなのかは適当w)。さて、開幕までにどれだけ選手を確保できますか。

15日 「Yeovil to sign Demerit」

YeovilはWatfordからJan Demerit(30)を獲得したと発表した。米国代表として37キャップを刻む長身センターバックで、ヘディングの強さに定評がある。昨季はWatfordの残留に大きく貢献したが、契約条件を巡って首脳陣との関係が悪化していた。なお、契約切れによるフリー移籍のため、移籍金は発生しない。暁監督は「彼の『高さ』は我々の短所を埋めてくれる。昨季の活躍を見て、ずっと獲得できないか考えていた。精神的にも非常に大人で、うちの守備陣に落ち着きを与えてくれるだろう」と語り、期待の大きさを明らかにした。

Demeritは、「きちんと実績を評価してくれたYeovilで戦いたいと思ったんだ。金銭面じゃなく、正当な評価を私は欲していた。Watfordのチームメイトやファンと離れるのは寂しいけど、プロ選手として譲れないものもある。心機一転頑張るよ」と、複雑な胸中を吐露しつつも強い口調で決意を示した。

Demerit10.jpg


また、同日午後にはSerbia代表のIvica Dragutinovic(34)の入団も発表。DragutinovicはMallorcaとの契約が満了し移籍先を探していた。「フットボールは年齢でやるものではない。彼の経験はかけがえのないものだ。心強い存在だよ」と暁監督が話せば、Dragutinovicも「フィジカルは衰えたかもしれないが、まだこのレベルでも十分にやれるという自信があった。だからこそ、このオファーを受けたんだ。プレミアではプレーしたことがないから、楽しみだね」と余裕を見せた。

Dragutinovic10.jpg


16日 「Yeovil to sign Spratt」

積極的に補強を続けるYeovilは、RochdaleからWillie Spratt(20)を獲得した。スカウト主導による先行投資戦略の一環で、オーナーによれば「今後も様々な形で選手補強を続けていくことになる」とのこと。その言葉通り、この日夜にはSheff WedからMarcus Tudgay(27)の加入を表明。万能型のFWで、暁監督自らが獲得に動いたとされている。

Spratt10.jpg


Tudgay10.jpg


17日 「Yeovil Town、圧巻の補強戦略!MilanからAmbrosini!!」

今季もYeovil Townに超大物が到来した。Massimo Ambrosini(33)だ。暁監督は会見で「彼のような超一流選手と契約できて本当に嬉しい。中盤の要として、全権を委任したい」と興奮気味にまくしたて、Ambrosiniも、「選手生活の晩年をこうして意気軒昂なクラブで過ごせると思うと嬉しいね。元々プレミアリーグには興味を持っていたんだ。Milanに不満はなかったけど、新しい挑戦の魅力が勝った。あと数年は今のパフォーマンスを保てるはずだから、このクラブの地位を押し上げられたらいいな」とモチベーションの高さを窺わせた。

Ambrosini10.jpg


18日 「未だ止まない新戦力ラッシュ。今度は米国代表とスウェーデン代表!」

先日に引き続き、Man CityからSteven Cherundolo(31)、DoncasterからChristoffer Anderson(31)の獲得が決まった。選手層が薄いと指摘されていた右サイドバックに格好の人材を補填し、暁監督は満足そうな笑みを浮かべた。

Cherundolo10.jpg
ChristofferAnderson10.jpg


20日 「Yeovil’s Fans’ Player of the YearはFerraro!」

ファンが選ぶ昨季のMVPはチーム得点王のFerraroに決定。渋い働きを、今年も期待してます。

同日、ユースに数人の選手が加わったものの、期待できそうな選手はいない。。。

そして、ついに2010/11 Premiershipの日程が決まりました!!!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

な、な、な、なんと!!!!

開幕戦の相手はChelsea!!!!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

いきなり日記のクライマックスがやってくるなんて。。。
(;・∀・)

この変な運、どうにかなりませんかね。
(;つД`)

もう少し溜めておきたかったのに。。。
(;´Д`)

まぁ、なるようにしかならないでしょうと腹を決めてみる。

他方、テレビ放映権料としてリーグ戦後に2.75Bが振り込まれることが決まりましたwww
( ・ g・)うそーん

なんて額だ。。。
(((( ;゚д゚)))アワワワワ

餞別にならないよう、なんとか残留しなきゃ。

21日 「Yeovil、なおも選手補強」

Simon Francis(25)をHullから67.5Mで、CoventryからLibor Sionko(33)を140Mで、さらにSteve Jennings(25)をNorthamptonから8.5Mで獲得。両サイドの選手層が増した。

Francis10.jpg
Sionko10.jpg
Jennings10.jpg


22日 「これが最後の補強?Yeovil、Norwichから120MでDohertyを獲得」

「もう選手補強は行わない。今季Premiershipを戦い抜けるだけの戦力は整った。あとはチームにいち早く連動性を備え付けさせるだけだ」。暁監督は会見の最後をそう締めくくった。丸々1チームをつくれるほどの大量補強のトリを務めたのはGary Doherty(30)。「再びPremiershipで戦えるチャンスをもらって感謝している。監督が僕に求めることは分かっているよ。コンディションをしっかり整えて、戦える状態でキャンプインしたい」と語った。

Doherty10.jpg


25日 ★W杯、グループリーグ終了★

<決勝トーナメント進出国>

A組:アルゼンチン、セルビア ※なんとイタリアが敗退!!
B組:米国、スウェーデン ※なんとブラジルが敗退!!
C組:フランス、パラグアイ
D組:カメルーン、イングランド
E組:ドイツ、コロンビア ※オランダが敗退!!
F組:イラン、ナイジェリア ※以下、ポルトガル、チェコ
G組:スペイン、オーストラリア
H組:南アフリカ、メキシコ

な、なんとイタリア、ブラジル、オランダ、ポルトガル、チェコがここで消えるという大波乱!!!
ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン

さすがはアフリカ大陸での戦い。まるで先が読めません。。。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

29日 ★W杯決勝トーナメント1回戦結果★

まずは画像をどうぞ!
(゚Д゚)ノ

WorldCupSecondRnd.jpg


ここでスペインが消えるという悪夢が発生。。。
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

さよなら、僕のスペイン(折笠愛の声で

(ガンダムWネタなんて分かるヒトいるのか?!)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

30日 「Yeovil Town、Interと提携」

InterのRoberto Barone会長、YeovilのJohn Fry会長が共同会見し、両クラブの業務提携を発表した。形式上、InterがYeovil Townの親クラブとなり、年間21.97Mの資金援助を行う。Yeovil Townは先日、Premiership昇格に伴ってTottenhamとの提携関係を解消しており、新たな提携先を探していた。

※ってか、なんの偶然?!この日記、なんか憑いてるの?よりにもよってInterだなんて。監督の好みのクラブに設定していたから?とにかく、いきなりSlavkovskiが送り込まれてきましたよと。( ゚Д゚)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

これで6月までの全日程が終了!!
(゚Д゚)ノ

いよいよ、7月には新戦力が大量に入ってきますし、リーグ戦もスタートします。こう、ご期待♪
(*^―゚)/~~

スポンサーサイト

コメント

ベテラン勢加入ですねw

インテルとの提携、おめでとうございます。
念願(でもないか)叶いましたねw

個人的にはミランのヘディング将軍アンブロさんと
殴られ上手?のドラグティノヴィッチの
活躍を期待しています。

大量補強ですね。

アンブロジーニが加入とは!
SSを見る限りは、まだまだやってくれそうですね。

しかし開幕戦の相手がいきなりチェルシーとは、
よくできてますね^^;

いきなりチェルシーと対戦で
インテルと提携とは凄い物語w
アンブロさんはきっと現実同様ここぞという時に
ヘッドで決めてくれるに違いない・・・

P.S
折笠さんは分かるけど
ガンダムが分からない人なら1人ここにw

旅行に行ってたのと信長の野望に浮気してるせいで日記停滞中のインギー様です(爆)
アンブロはいいですねぇ、期待できそうな戦力が集まってきてるようでなにより。降格しないように頑張ってください。

P.S.ガンダムならなんでもござれw

ベテランいっぱい

>すろう様

インテルとの提携は嬉しい誤算ですね。ってか、偶然にしてはできすぎていて驚きましたw

Ambrosiniはまだまだかなりの力を維持していますが、Dragutinovicはスピードとスタミナの衰えをどれだけカバーできるかでしょう。プレシーズンマッチではまずまず働いてくれてますが、さてさて。

ってか、彼もフェリポンに殴られたことで一層有名になりましたねw

無闇やたらな補強策

>どらぐら様

調子に乗って補強しすぎてしまいましたw
(;・∀・)

でも、掘り出し物も見つかりましたし、Ambrosini様をはじめ活躍を期待したいところです。このゲームでのベテランの切り捨てられっぷjりは異常ですが、だからこそ成り上がりプレーが楽になるのも事実。助かります。

まさかチェルシーと開幕戦を戦えるとは思ってもみなかったので、思わずPCの前で叫んでしまいましたw

折笠愛さんに反応するとは!

>shin様

彼女の顔も声もイケる!!
(*´д`*)ハァハァハァアハァ

高校時代、「渋谷でチュ!」って番組に出てた時に初めて顔を見て、そんなことを思ったものです(馬鹿

それにしても、FM内で自分の筆力や想像力を圧倒的に超えるドラマが生まれるとは思ってもみませんでしたよw

ガンダムはGと種以外なら

>インギー様

Gはスパロボで概要を知ったのみ、種については全く知りません。。。

ってか、信長に浮気していたとはwww
Σ(゚Д゚;エーッ!

私もコーエーのゲームはかなり好きで、信長も三国志もウイポも結構やってますよ♪

日記の再開を心待ちに、引き続き毎日覗くとしますw
(・∀・)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/755-cce6fd13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。