04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・44 

5月ノ参

激闘の末にプレミアシップ昇格を決めたYeovil Town。長く、険しい道のりとなった09/10シーズンを振り返る。






---------- キリトリ -----------

17日 この日は各種表彰が行われた。まずチャンピオンシップのベストイレブンだが、Yeovilの選手は特に選ばれず。何故かDavid Button(トッテナムからレンタルしてるGK)がサブで選ばれてた。監督賞では暁監督が3位に滑り込み。得点王ランキング1位は以前にハットトリックされたEbanks-Blakeでしたwww(;・∀・)

さて、ここで今季の総括といきますかね。

~英Championship09/10シーズン結果~

※全般的なデータはSSを参照

0910season.jpg


0910season-leaguetable.jpg



「チームトップスコア」

公式戦34試合(うち2試合途中出場)で21点なら十分評価に値する。老練な動きはさすが。スピードが衰えてきているが。。。

Ferraro-0910.jpg


「チームトップアシスト」

Smith-0910.jpg


元Chelseaの貫禄を見せてSmithがトップ。ただ、評価額は昨季より下がり、能力も微妙に劣化しているような…。練習環境が悪いからか。

「チームトップレイティング」

Johnsonなき後に守備陣を引っ張るSt.Ledgerが獲得。高さはないが、人に強く読みが鋭い。うちの数少ないフル代表選手です。

Ledger-0910.jpg


○総括○

今季は昇格も果たし、大満足のシーズンとなった。突出した選手はいないものの、チームとしての完成度が高く、満遍なく色々なところからゴールを決められたのが勝負強さに繋がった。ただ、エアバトルには致命的な弱さを見せ(プレーオフファイナルでのヘディングで競り勝った割合は30%台)、そこの改善が急務になっている。あとはHibbertをどう生かすか。Ferraroにいつまでも頼っているわけにはいかない。

来季はついにプレミアシップへデビューすることになるが、はっきり言って現状では降格候補ナンバーワンだ。どう考えても勝算がない。補強次第で――と考えたいが、果たしてどれだけ予算規模を増やしてくれるか。昇格による自動昇給で給与枠を大きく逸脱してしまい、未だボスマンによる追加獲得はなし(もっとも、うちに興味を持ってくれる中で獲りたい選手はもういないのだが)。早期の見直しを待ちたい。

Yeovil Town以外に目を向けると、まずNottingham ForestとWolvesの降格に驚いた。特に後者は十分選手が揃っているのに。。。一方の昇格組はDerbyが予想外の躍進。ここは前線にVasselを擁しているぐらいで他のポジションは〝そこそこ〟にもかかわらず、とにかく負けなかった。しぶとく勝ち点を稼ぎ続け、昇格有力と目されたライバルを退けた。ReadingはSidwellが残っているし、各ポジションに経験値の高い選手を置いており、まずまず順当な昇格。Sunderland,Birmingham,Crystal Palace,Ipswichは期待を裏切った。もっとも、いずれもこのディヴィジョンでは圧倒的な資金力をもっており、監督次第で直ぐに上がれそうだ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

※選手達が休暇に出て行った今こそ選手発掘に精を出すべきなのだが、給与枠は45Mくらいオーバー、相変わらず興味を持ってくれる選手が少ないときては、チェックこそすれ身動きできず。新年度に切り替わって新しい予算が組まれるまでは無理ぽ。

19日 UEFA Champions League決勝戦が行われ、Bremenを3-0の大差で下したChelseaが悲願のビッグイヤー獲得。

09-10CL-final.jpg


21日 「Yeovil to sign Black」

Yeovil Townは、Dunfermlineユースに所属していたJim Blackを27.5Mの育成補償費を払って獲得した。暁監督は、「うちのスカウトが熱心に獲得を薦めたんだ。その熱意に打たれたよ」。Blackは、「突然のことで驚いてるよ。でも、高い評価を貰ったことはとても嬉しい。まだまだ僕は色々と学ばなければならないけど、いつかトップチームで活躍できるように頑張るよ」と決意を口にした。

ポテンシャル判定16のスカウトが強烈に薦める16歳。ご覧の通り、現在の能力からは全く窺い知れないが、たまには博打もいいでしょ?www

JimBlack-09.jpg


※最近移籍マーケットを賑わしているのが、Aston VillaのKevin Cork。18歳でこの能力とは恐るべし。。。で、後日彼はChelseaに移籍しましたとさ。

KevinCork-09.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

これにて09/10シーズンは終了。昇格という最高の結果を残し、来季に夢を馳せるのでした。どれぐらい予算もらえるかな~♪
(´∀`*)
スポンサーサイト

コメント

エアバトル

私も最近、エアバトルに注目しています。
守備では、相手のスタメンやレートを見て、ヘディングの強いCBをあてがっています。
途中でサイドを変えられると厄介なんですが。

攻撃では、私のブログでも書いたんですが、
ターゲットマンタイプじゃない方のFWがヘディングを競る回数が多くなってしまうんですよね。
ターゲットマンのメンタルを下げ、攻撃参加をまれにしてみても変わらず。

話変わって、架空選手は結構優秀な若手が出てきますよね。
自分のクラブに毎年、どんなユースっ子が出てくるかも楽しみの一つです^^;

毎度どうもです

>どらぐら様

このゲームのCBは、どの能力よりも高さと足の速さが求められるような気がします。高さがなくても活躍するのは、ほんの一握り。次作では少しでも変わっているといいのですが。。。

攻撃面については…どうなんでしょう。積極性とかの違いもありますかね?うちでは結構高い方のFWが競っていたりします。とは言え、イマイチ捉えどころのない部分ですね。

架空選手の発掘も面白いですよね~。私は自前でろくな選手が出たことないので、いつか出てくれないかと祈ってますw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/745-b81a1296

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。