FC2ブログ

07 | 2021/08 | 09

魔が差したら終焉へ 

○アンリ、離婚 慰謝料は約23億円

バルセロナのフランス代表FWティエリ・アンリ(30)が、元モデルのクレア・メリー夫人(27)と正式に離婚した。ロンドンの高等裁判所で行われた協議で成立したもので、4年間の結婚生活に終止符が打たれた。英国各紙によると、慰謝料はサッカー選手としては史上最高額の1000万ドル(約23億2000万円)。アンリの浮気が離婚の引き金と伝えられており、火遊びの代償は高く付いたようだ。

まるで秒殺ゴールのように、離婚は即決された。ロンドンで行われた協議は、アンリ、クレア夫人とも欠席。弁護士同士による話し合いは、開廷からわずか76秒で終了した。

裁判所から出された書面によると、離婚の理由は「アンリの理解しがたい行為」。これは同選手の不倫を意味する。夫人がアンリの携帯電話から、浮気メールを発見。2人の仲は急にギクシャクしだし、ケンカも絶えなかったという。食生活の節制などサッカーに対してはストイックで、「修行僧」の異名を持つが、女性関係は意外と大胆だったことが露呈した。

思わぬ「カウンター攻撃」を食らったアンリは、攻守の切り替えが速かった。早々に別居を宣言。かつてダイアナ元英皇太子妃も担当した敏腕弁護士を雇い、戦術を練った。

とはいえ、英国の離婚裁判は女性側が圧倒的に有利。英紙サンなどによると、アンリは慰謝料として1000万ポンド(約23億2000万円)前後の支払いを求められる。2500万ポンド(約58億円)の総資産の半分近くを取られる計算だ。2歳の愛娘ティーちゃんの親権は夫人が獲得。アンリにとって、失うものが大きすぎた。

2人は自動車のCM共演をきっかけに交際を始め、03年に結婚した。撮影で使われたアンリの自宅はその後、2人の愛の巣になった。だが皮肉にも、アンリは現在、慰謝料ねん出のため自宅売却を余儀なくされている。

~日刊スポーツより~

浮気相手はスペイン人モデルだったはずですが、さすがにそれはどうでもよかったようでw

ちなみにティーちゃんのスペルは「お茶」と同じteaです。自分の娘が「お茶」って。。。加藤茶じゃないんだから。
(;^ω^)

そんなことはともかく、魔が差した代償はとても大きなものになりました。男性諸氏、お互い気を付けましょうねwww

---------- キリトリ -----------

○ベルカンプ氏が殿堂入り

アーセナルの伝説的選手だったデニス・ベルカンプ氏が、イングランドのナショナルサッカーミュージアムの殿堂入りを果たした。

BBCの「フットボールフォーカス」という番組の視聴者が投票で選出したもので、オランダ人選手としては初の快挙。アーセナルの選手としては、アレックス・ジェームズ、トニー・アダムズ、リアム・ブラディ、イアン・ライトに次ぐ5人目となる。

オランダ代表でも活躍したベルカンプ氏は、アーセナルでの10年間に423試合に出場し、120ゴールを挙げ、その華麗なテクニックでファンを魅了した。

~ライブドアニュースより~

天才的なトラップ、超絶的なシュート精度、そして飛行機には絶対乗らないという信念。記録にも記憶にも残る、「アイスマン」でしたね。今でも、1998年W杯で見せたトラップは鮮明に覚えています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/742-3682f029