06 | 2017/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・42 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

5月


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

Championship昇格初年度、通算3度目のシーズンを望外の好成績で終えたYeovilは、いよいよトップディヴィジョン昇格に向けて戦力強化を加速させていく。一応の主人公であるTerryは昨季リザーブで1年を過ごし、退団ぎりぎりまで交渉は難航したが、他にオファーがなかったこともあり、ひとまず契約を延長した。全ては弟と最高峰で対峙するために――。既にメインテーマを忘れ、チームの強化に没頭する暁監督とYeovil Townの4度目のシーズンが始まった――。

プレーオフ進出という目標にたどり着いたYeovilイレブン。最終節をステップに、いよいよトップディヴィジョン昇格を目指しプレーオフに挑む。





―――――――――― キリトリ ―――――――――――

2日 対 Q.P.R.(H)

この試合の結果、そして周囲の結果によって順位は3位~6位まで動く可能性がある。現在は5位。ホームゲームは強いだけに、ファンの前できっちり勝ってプレーオフに向かいたい。前半早々にPKを得て先制したYeovilだったが、内容は劣勢。あっさりと追い付かれて、1-1ドロー。ってか、相手に何故かベッカム様がいましたけどwww

Beckham.jpg


※ここで貼るのが正解だったのに、変な時に無駄に貼ってしまってプチネタバレしてたwww

最終節が終了し、ストレート昇格の2位にはReadingが入った。以下、Bristol City、Sunderland、Yeovil、Birmingham。前年の悲劇再びで、Leicesterが最終節で6位から7位に滑り落ちた。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

3日 この日、プレーオフの対戦カードの抽選が行われ、Sunderlandとの対戦が決まった。ホームでの初戦が8日、2戦目は11日。何故かFavは2試合ともうちについとる♪

5日 リザーブリーグ6で、うちのリザーブチームが優勝を決めた。やるな~。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

8日 対 Sunderland(H):Playoff Semi Final Leg 1

初戦をホームで戦うよりも、2戦目にホームを戦う方が勝率は良くなるというのがデータの示す定説だ。しかし、初戦で勢いに乗れば、2戦目を楽に戦えるというのも真実。2-0くらいのスコアで敵地を迎えれば、勝ち抜けはグッと近付いてくる。幸い、リーグ戦終盤に出た怪我人も戻ってきた。苦手とする高いFWもいない。ここは負けられない。

たが、戦況は硬直した。0-0のまま時間だけが溶けていく。次々と攻撃的な選手を投入し、前傾姿勢を鮮明にするが、厚い壁に跳ね返され続ける。

「ドローか…」。

そう思った観客は少なくなかっただろう。しかし、ハイライトはここからだった。90分、ラッキーボーイがチームを救う。シーズン終盤にレンタルで獲得したRuiだ。フリーキックに飛びつくと、豪快なヘッドが一直線にSunderlandゴールへ向かう。瞬間、凄まじい歓声と共に白球は勝利へと飛び込んだ。

playoff-Semi1.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

9日 「Arsenal win Premiership!」

昨季は3位に終わったArsenalが今季リベンジを達成!Chelseaの4位という順位も別におかしくはなく、4強がそれぞれに熱い戦いを見せたシーズン。

0910Premier.jpg



9日 「Milan win SerieA!」

イタリアではSerieAが閉幕。3連覇中だったInterが7位に沈む中、2節を残してMilanがスクデット獲得を決めた。なお、SSはシーズン終了後のもの。※ってか、無いぞ。。。探しておきます。

9日 「Barcelona do the double!!」

既にCopa del Reyを制していたBarcelonaが最終節で見事リーグ優勝を成し遂げた。これで2連覇。

0910Spain.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

11日 対 Sunderland(A):Playoff-Semi Final Leg 2

執念対執念――。金も名誉も地位も圧倒的に差があるトップディヴィジョンへの限られた道を、譲る者など誰もいない。試合は息もつかさぬ大激戦となった。

先手を奪ったのはホームのSunderland。24分、前線で潰れ役をこなしていたKitsonがワンチャンスを活かし、豪快にネットへ蹴り込んでトータルスコアをタイに戻す。その後も赤は圧倒的に緑の陣地へ押し寄せた。

耐えるのはYeovil。必死の守りで90分間を戦い抜くと、暁監督はここまで使わずに残していた2枚のカードを切る。右サイドのEstevesとダイナモJamesだ。これに伴いチーム戦術も前輪駆動に変える。すると、これが奏功した。102分、Ferraroが巧みな体裁きで一気にディフェンスを抜き去ると、冷静にGKの脇を突いて勝ち抜きを決定付ける同点弾!!さらに113分、今度はHibbertへ絶妙なスルーパスが通り、シーズン中にはお目にかかれなかったような巧みなシュートがSunderlandゴールを揺すった。

まさかの2失点に色を失くしたSunderlandだが、試合を通じペースは握っていた。ファンの声を原動力に最後の反撃に転じる。これが実り118分、ゴール前の大混戦にCoatesが体ごと突っ込んで1点を返す。しかし、無常にも、直後にタイムアップの笛が鳴り響く。敵地に駆けつけたファンの元へ、Yeovilベンチから全員が飛び出していった――。

playoff-Semi2.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

12日 もう一方のプレーオフ、Bristol City対Birminghamは初戦敵地で2-2と踏ん張ったBristol Cityが2-0で勝ち、決勝進出。まさか、Premier昇格を賭けてライバルチームと再びぶつかることになろうとは。運命とは何て悪戯なんだろう。16日、中立地での一発勝負で全てが決まる。

12日 「Quality of possession provides victory! Bayern win!!」

UEFA Cup Finalが行われ、Liverpoolを2-0で破ったBayernが優勝した。

0910UEFACup.jpg



15日 「Arsenal celebrate a double!」

FA Cup FinalでTottenhamと対戦したArsenalは、Adebayorが2ゴールを挙げる活躍を見せ、リーグとの2冠を達成した。

FACup.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

16日 対 Bristol City(N)

「試合前記者会見」

――Semi Finalでは記者会見をアシスタントマネージャーに任せていましたね。あれは願掛けとのことですが、珍しくナーヴァスになっているのでしょうか。

「珍しくとは随分じゃないか(苦笑)。あまりゲンを担ぐようなタイプの人間ではないのだが、何か変えてみたら良い結果が出るかもしれないと思ったんだよ。逆の時もあるが、今回は上手くいってくれた。試合だけに集中できたし、祈りも通じたみたいでよかった。君達には悪かったと思っているがね。だから、ここで謝罪とお礼を言っておくよ」

――いよいよ運命の日ですが、今日は願掛けは要らないのですか。

「神様は2度同じことをしても聞いてくれないと思ったんだよ(笑)。いや、冗談はともかく、泣いても笑ってもこれが最後だからね。堂々と、正攻法で昇格を決めたいんだ。きちんと会見に出て、いつものように試合へ臨み、結果として昇格が付いてくる。悔いの残らない方法だと思う。怪我人もRui以外は戻って、ベストメンバー。あとは勝つだけだ」

――Bristol CityにはLeague One時代のプレーオフで一度辛酸を舐めています。

「そうだ。それを我々は忘れていない。メンバーは変わっても、クラブの記録や記憶は変わらないものだからね。私が味わった苦痛の中で、あれは過去最高のモノだった。ずっと、魚の小骨のように刺さっていて苦しめるんだ。今日勝てば、ようやく咀嚼することができるだろう。絶好の機会だ。これほど勝ちたいと思った試合はないよ」

――オッズも後押ししています。

「あれはあくまで予想上のものだからね。悪い気はしないが、だからと言って勝てるわけじゃない。期待されていることは嬉しいけどね」

――試合に向けた具体的なプランは。

「ここまで来たら、奇襲に出るつもりはない。我々の慣れ親しんだスタイルで全身全霊懸けて戦い抜くだけだよ。結果は必ず付いてくると信じている」

――多くのファンが見守っています。是非、勝利を。

「勝って凱旋するよ。その時は、街中の酒と食べ物と歓声を用意しておいてくれよな」

---------- キリトリ -----------

※まさかの寸止めwww 急いで以下の文章を書き上げますが、もう暫しお待ち下さい。(m´・ω・`)m だったら公開するなって話ですが、ドラマティックでいいでしょw
スポンサーサイト

コメント

ここで寸止めですか^^;

これはまた、続きが非常に気になりますな~。

まずは決勝進出おめでとうございます。
敵地での、しかも延長戦での2ゴールは非常に価値がありますね。
しかし、決勝がライバルとの対戦とは、運命ですねぇ。

すみません

ちょっと仕事が忙しい時期でして。。。
(;´Д`)

しかも、無駄に長々と決勝について書いてしまい、もう少し時間がかかりそうです。その後の展開も加え、ボリューム感をつけて改めて発表させて頂きます。

それにしても、まさかの対戦相手で驚きましたw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/741-036d6f33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。