08 | 2017/03 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・39 

2月


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

Championship昇格初年度、通算3度目のシーズンを望外の好成績で終えたYeovilは、いよいよトップディヴィジョン昇格に向けて戦力強化を加速させていく。一応の主人公であるTerryは昨季リザーブで1年を過ごし、退団ぎりぎりまで交渉は難航したが、他にオファーがなかったこともあり、ひとまず契約を延長した。全ては弟と最高峰で対峙するために――。既にメインテーマを忘れ、チームの強化に没頭する暁監督とYeovil Townの4度目のシーズンが始まった――。

1月終わって6位。一応プレーオフ圏内に踏みとどまっているが、残り数カ月でいかに粘れるか。Brett Johnsonの離脱という緊急事態もあったが、幸い、代わりとして最適な選手を補強できた。これからもっともっと上昇していくはずだ。





―――――――――― キリトリ ―――――――――――

1日 冬の移籍マーケットが閉じた。イングランドでは、TotthenhamがInterからDowningを4.47Bで獲得したのが目立ったところ。あとは特筆すべきビッグディールはなし。ArsenalがBaptistaをR.Madridから456Mで買い取ったくらいか。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

6日 対 Preston(A):FA Cup 4th Rnd

スコアこそ0-2も、まさに完敗で4回戦敗退。アウェイだと全然勝てる気がしない。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

10日 対 Crystal Palace(A)

上の試合で使った言葉を敢えて繰り返そう。全く見所のない内容で0-2敗北。これで5試合勝ち星なし

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

13日 対 Birmingham(H)

やはりホームだと実力を出せるようだ。Ferraroの2発で2-1勝利。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

16日 対 Derby(H)

連戦に次ぐ連戦で、書くことがほとんどないw この試合は4分と11分にそれぞれのチームが1点ずつ奪い、それで見所は終了した。Ferraroが2試合連続ゴール。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

20日 対 Bournemouth(H)

ホーム3連戦目。貴重なホームゲームでは勝っておきたいところ。TV中継が入り、気合十分も試合は全く動かず。引き分けかと思われた90分にPKをゲットし、なんとか1-0で勝利した。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

27日 対 Sunderland(A)

4位Sunderlandとの試合は、一方的な展開となり、0-3で大敗。何もできなかった試合で、アウェイでどうすればいいのか分からなくなる酷い有様だった。

○2月最終成績○

2月はほとんどニュースのない月だった。連戦をただこなし、勝った負けたに一喜一憂。まぁ、今月に関しては憂ばっかりだったわけだが。それにしても、Hibbertは全然ゴールを決めない。能力値が全く当てにならないという好例になりつつあるだけに、奮起が待たれるところ。ってか、SSを撮り忘れたため、このSSは3月頭の試合結果が含まれてしまってます。ネタバレ失礼。

2gatsu+1siai.jpg

スポンサーサイト

コメント

イングランドの1月は

試合が多いですよねぇ。
リーグ戦にFAカップ、勝ち残っていればカーリングカップまでありますからね。

それにしても、アウェイはやりづらいですよね。
大抵の場合、相手は勝ちにきますから。
戦術を多少いじる必要もありますし、
試合前にマスコミへのコメント、チームトークなんかも配慮が必要ですね。

だんだん面倒になってきたりw

幸い、 カップ戦は適当に流しているので何とかなっていますが、プレミアの激務っぷりはずば抜けてますね。
(;´Д`)

アウェイの辛さはリアルなのかリアル以上なのか微妙なところですよねw この間、インテルでサンプに0-3で敗れた時は青ざめました。
( TДT)

このゲーム、そういうところが最高ですよねw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/721-7982f664

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。