05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・37 

12月


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

Championship昇格初年度、通算3度目のシーズンを望外の好成績で終えたYeovilは、いよいよトップディヴィジョン昇格に向けて戦力強化を加速させていく。一応の主人公であるTerryは昨季リザーブで1年を過ごし、退団ぎりぎりまで交渉は難航したが、他にオファーがなかったこともあり、ひとまず契約を延長した。全ては弟と最高峰で対峙するために――。既にメインテーマを忘れ、チームの強化に没頭する暁監督とYeovil Townの4度目のシーズンが始まった――。

11月は3勝1敗2分の成績を残し、まずまず持ち直してきたYeovi Town。プレーオフ圏内をキープしているが、まだまだ混戦状態で気が抜けない。Ferraroの奮闘と守備陣の鉄壁に支えられ、更なる高みへ――。
文字色





―――――――――― キリトリ ―――――――――――

1日 「Podolski wins World Player of the Year」

BayernのPoldi王子が国際タイトルをゲット。基準が不明のため、コメントのしようがないです。別にBayernが凄い成績を残しているわけでもない。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

5日 対 Q.P.R

元イングランド代表のDyerやらアイルランド代表のKillbaneやら代表クラスが多数顔を並べるQ.P.Rの戦力値は圧倒的にうちより上。アウェイで勝機を見出すのは難しいだけに、引き分けも御の字か。よく粘って0-0。しかし、うちのFWはゴールの枠にボールがいかない。。。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

12日 対 Wolves(A)

ゴール欠乏症に喘ぐYeovilはこの日、中盤をひし形に並べた4-4-2で臨み、トップ下でSmithのパスセンスを活かそうと考えたようだ。だが、その思惑は失敗に終わる。21位と低迷しているWolvesがダイナミックな動きでYeovilの陣形を崩し、再三再四チャンスを迎える。自陣に押し込められたまま反撃の糸口を見つけられず、スコアレスドローで凌ぐのが精一杯。4試合で1点しか奪っていない攻撃陣に、課せられた宿題は大きい。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

19日 対 Doncaster(H)

相手有利が囁かれた試合だったが、2トップのFerraroとWeahがきっちりと1点ずつを決め、ミドルシュートで1点を返されたものの2-1で勝ち点3をものにした。ホームだけに負けられない!ちなみにこの日もひし形の4-4-2を採用。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

※ちらほらと風邪や怪我で選手が離脱していく。主力の数人もやられており、次節は多少のメンバー変更が必要だろう。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

26日 対 Plymouth(A)

10位PlymouthのFW、Ebanks-Blakeという快速FWに蹂躙されたYeovilは、2-1から逆転されて2-4で黒星を喫した。なんなんだ、コイツは。まさかハットトリックされるなんて。。。。

Ebanks-Blake.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

29日 対 Barnsley(H)

20位のBarnsleyを迎えての年内最終戦だけに、ここは何とか勝ちたかった。フォーメーションはデフォルトのダイヤモンド形の4-4-2アタッキング。トップ下にはSmithを据えた。相変わらず期待したほどのポゼッションにならず、空中戦でも劣勢に立たされたが、怪我から復帰したHibbertが7分に先制点を挙げると、64分にはセットプレーからの混戦にO’Hanlonが2点目を押し込み試合を決定付けた。その後は選手交代とフォーメーションチェンジ(逆台形型の4-4-2へ)で逃げ切り、7位で2009年を終えた。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

31日 「Defoe wins World Footballer of the Year」

TottenhamのDefoeが受賞した。次点はChelseaのAdriano。ってか、Premierばっかりじゃん。。。

31日 O’Hanlonが全治1~2週間の怪我。ちょくちょく起用していただけに、勿体無い。St.Ledgerがまもなく復帰するから気にはならないが。。。


○12月最終成績○

地味に健闘して年内を7位でフィニッシュ。今季もプレーオフ圏内にどこまで残れるかが勝負になりそう。意外と勝負強いため、プレーオフまで回れれば昇格も見えてくるか。いずれにせよ、怪我人と不調スパイラルが恐い。


12gatsu.jpg



---------- キリトリ -----------

久々のブログ更新です。ちと体調不良が続いており、なかなか更新できませんでした。楽しみにしている皆様、申し訳ないです。
m( __ __ )m
スポンサーサイト

コメント

お体、大丈夫ですか?

そんな中での更新、ご苦労様です。

4-4-2のダイヤモンドは、ほとんど試したことはないですね。
トップ下が優秀な選手なら、フリーロールをつけてみると面白いという意見をどこかで見たような・・・。
あかななさんの戦術投稿のページに、ミラン型4-4-2(チームはエスパニョール)がありましたので、
参考にされてみるのも良いかもしれませんね。

ダイヤモンドだね~(古い歌ですがw)

毎度、コメントありがとうございます。体調は一進一退といったところです。
(;´Д`)

私もダイヤモンド型は使ったことないんですが、あまりに得点力が無いので、ちょっと攻撃的にしてみました。ふむふむ、戦術投稿ページは盲点でした。参考にしてみますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/711-a9fa4fc5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。