09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベネズエラで一敗地にまみれ、苦しく呻くカナリア 

6月26日に開幕したコパ・アメリカは27日、前回王者ブラジル対メキシコ、エクアドル対チリの2試合が行われた。大波乱が起きたのは前者で、前半24分にカスティージョのゴールで先制したメキシコは、5分後にもモラレスが決めて2-0とリード。攻撃陣がチグハグなブラジルはゴールが遠く、開幕戦を落とした。エクアドル対チリは撃ち合いの様相を呈したが、この所、若年層の突き上げによって復調著しいチリが3-2で逆転勝利。これ以上ないスタートを切った。

敗戦にうなだれるブラジルのドゥンガ監督は、「我々は集中力を欠き、相手にゴールを与えてしまった。リードを奪われてから持ち直し、チームの高いクオリティを示すことはできたが、最後までゴールを奪うことができなかった」とコメント。決定力の低さを嘆いた。

また、今季のブンデスリーガ最優秀選手に選ばれ、意気揚々と代表に合流したブレーメン所属のヂエゴは、「日曜日のチリ戦は運命を左右する一戦となるだろう。今はもう後がない状態なんだ。絶対に勝たないといけない。とりあえず今日の結果を冷静に分析する必要がある」と語った。ヂエゴは前半だけで交代させられたが、「もしかしたら交代に不満を持っているファンもいるかもしれないけど、仕方のないことなんだ」とコメントし、交代の判断が妥当だったとの考えを明らかにした。

なお、初日のウルグアイ対ペルー、ベネズエラ対ボリビアは、それぞれ0-3、2-2となり、古豪ウルグアイはレコバの欠場などもあり大敗。暗雲が垂れ込めている。

---------- キリトリ -----------

○その他のふっとぼ~るにゅーす

☆R・マドリーを4季ぶりのリーグ優勝に導いたカペッロ監督が退団することになった。後任にはヘタフェのシュスター監督が確実視されている。なお、カペッロは10年前もリーグ優勝直後に退団している

☆クーぺルがベティスの新監督に就任

☆ブレーメンのクローゼがバイエルンに移籍(26日)

☆カリアリ所属のスアソがインテルへ移籍(同)

☆マンチェスター・Cの新監督はエリクソン

---------- キリトリ -----------

○加藤あいがバーゼル・中田浩二と“超遠距離恋愛” 1年前から真剣交際に発展

人気女優の加藤あい(24)と06年サッカーW杯日本代表の中田浩二(27)が真剣交際していることが27日、分かった。中田が先月30日にスイスリーグのシーズンを終えて
帰国後、2人は都内で食事をしており、既に親族とも会っている。本紙の取材に、加藤の所属事務所は「プライベートは本人に任せている」と交際を否定しなかった。

日本とスイス。往復3万キロの“超遠距離”を乗り越え、人気女優とサッカー界を代表するイケメンが真剣交際している。2人を知る関係者によると、出会いは5年ほど前。共通の知人を通じて知り合った。一度、04年4月に女性誌の熱愛報道があったが、加藤の所属事務所は「全くの事実無根」と否定。その後も友人として交流を続けてきたという。

05年1月には中田がフランスリーグのマルセイユに移籍し、翌06年2月にスイスリーグの名門バーゼルへ移籍。日本代表としてW杯ドイツ大会に出場し、国内カップ戦でタイトルを手にするなど充実したシーズンを過ごした。その活躍を支えたのが加藤の存在だった。

真剣交際に発展したのは1年ほど前。メールなどでそれぞれの思いを伝え合ううちにハートは急接近していったようだ。

シーズンを終えた中田は先月30日に帰国。今月に入り、2人は都内で食事をするなど何度か会っており、中田に近い関係者も「とてもいい交際をしている」と話している。親族にもきちんとあいさつしている。そんな2人の障害だった3万キロの「超遠距離」も、一気に解決するかもしれない。中田はバーゼルとの契約が1年残っているものの、古巣の鹿島が獲得の意向を伝え、交渉に入った。27日も鹿島に姿を見せており、今夏から日本でプレーする可能性は十分ありそう。

ドラマ、映画だけでなく、カネボウなどCM契約7社を数える売れっ子女優と、アディダス社による“世界の美男5傑”にデビッド・ベッカムとともに選ばれたことがあるイケメン選手の真剣愛。3年前の熱愛報道では完全否定した加藤の所属事務所も、本紙の取材に「彼女ももう大人ですので、私生活は本人に任せていますし、信頼しています」と説明。2人の今後が注目される。

~スポニチより~

(◎皿◎)ナンデスト!!

まぁ、良いことじゃないですかね♪

劇団ひとりと大沢あかねの熱愛報道を完全に食う、ビッグカップルの話題でした。

---------- キリトリ -----------

○独り言

気分転換にインテルの指揮を執り始めたわけで。早く外伝書いて、新シーズンを公開せよというご意見はもっともですが、今暫くお待ち下さいませ。
スポンサーサイト

コメント

ブラジルが・・・。

まさかブラジルが負けるとは思いませんでしたね。
やはり主力がいないのが影響してるんですかね。

加藤あいと中田浩二が交際と聞いて、
もし愛知出身の加藤あいがグラサポで「名古屋へ移籍して」とお願いしたら、
意外と中田が名古屋へ来てくれるかもとありえない妄想をしてましたw
まあ恐らく鹿島へ戻るんでしょうけどね。
2人の仲がうまくいってくれるといいですね^^;

お久しぶり。
なんか暇ができたかと思うとやることができたりで…停滞気味です;
人のこと言えないですけど、察する感じ、空也さんもお忙しいみたいで…。

結局スアソはインテルに落ち着いたみたいで…よかったですね;
チアゴにも横槍入れてたみたいだし、ミランのやり方はなんかなぁw

加藤あいは結構好きでしたが、中田浩二ならまぁいいかなぁ…
小笠原とかだったらまた違った気持ちだったでしょうが('A`;)

コメント多謝

>どらぐら様

いつも、ありがとうございます♪

ブラジルは決定力だけが足りないという、らしくない展開だったようです。主力といっても、カカ、ロナウジョーニョ、ルシオなど数人ですからね。言い訳できないでしょう。

中田浩二はあれだけ出る時に鹿島と揉めたのに、すんなり戻るんですかね。ただ、バーゼル側が3億円の移籍金を求めているらしく、鹿島の1億とはまだまだ開きがあるみたいです。

加藤あいは何気に好きだったので、少し悔しいw


>Lの人

早くブログを更新しなさい!せっかくコメント残したのに。

スアゾは本人がインテルを希望してたからね。レコバが退団見込みだし、セカンドトップタイプが増えるのはいいことだね。ミランは・・・移籍に関しては相当エグいからねぇ。

ってか小笠原嫌いなんだw
( ; ゚Д゚)

中田浩二もプレーは嫌いだけど、なんかのテレビ番組で特集されてるのを見て、「がんばってるんだなぁ」と思ったな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/685-5df381ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。