07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念~フランスへ夢の続きを~ 

◎ウオッカ
○アドマイヤムーン
▲メイショウサムソン
×ダイワメジャー
△ポップロック


<データ的考察>

※過去10年間が対象

・1番人気馬は6-2-0-2と信頼感がある。連対できなかった2頭はそれぞれ半年ぶり、高齢などの不安要素があった。

・年齢では、4歳が7勝2着6回、5歳が2勝2着3回、7歳が1勝2着1回で4歳馬の活躍が顕著。6歳、8歳の連対はなく、3歳は0-0-1-4と不振。

・連対20頭のうち17頭は2000メートル以上の重賞で勝ち鞍があり、重賞を2勝以上していた。また、重賞1勝馬にもそれぞれ2400メートル以上のGⅠでの連対歴があった。

・「前走」というキーワードから見ると、天皇賞・春が最多の10連対、金鯱賞5、目黒記念1。オープンや条件戦、3カ月以上の休養明けでの連対はなく、3歳GⅠからの挑戦も苦戦。なお、春天組は5着以内が条件。勝ち切るには3着以内は欲しい。安田記念、目黒記念、金鯱賞は連対が絶対条件。

・牝馬は8頭が挑戦して1-0-2-5。勝ち馬スイープトウショウは安田記念で牡馬相手に2着。牡牝混合GⅠでの連対実績が不可欠。


<血統的考察>

・ウオッカは、母系がスピード血統も、父系には柔軟性があり距離に融通性がある。完成度も高く、古馬相手でもチャンスは十分。

・父オペラハウスはテイエムオペラオーを出したように、底力と成長力を産駒に伝える。メイショウサムソンは母の父ダンシングブレーヴからスピードを補完しており、奥の深い配合。当分は日本競馬を支えられる存在と言える。

・ダイワメジャーは母の父ノーザンテーストの影響を受けて高齢まで高い能力を保っている。半妹ダイワスカーレットが桜花賞を制するなど血統的には一流。大崩れはないだろう。

・アドマイヤムーンは血統的にやや距離が長いものの、終いの切れは一級品。世界的な評価も高く、海外遠征の疲れがなければ上位争いだ。

・カワカミプリンセスは米国色の強い配合で、粘り強さがある。この血統にありがちな瞬発力不足も見られず、復調すれば怖い存在。

・ポップロックは器用さに欠けるエリシオ産駒。阪神内回りコースがどうでるか。


<調教評価>

1位ウオッカ、アドマイヤムーン、ダイワメジャー
4位カワカミプリンセス、メイショウサムソン

~データは全てサンスポより~


<結論>

ローテーション、過去のデータ、そうした「負のイメージ」を覆す走りをウオッカには期待してもよさそうだ。ダービーの勝ち時計は史上2番目のものであり、上がり3ハロンの末脚は天馬ディープインパクトを上回っていた。その彼女が斤量51キロで出走してくる。58キロの4歳馬に比べて〝裸〟のような状態で、だ。ここをステップに凱旋門賞へ向かう以上、恥ずかしいレースはできない。必勝態勢で臨んでいるだけに、勝機は十分だろう。64年ぶりのダービー制覇に比べれば、3歳牝馬で宝塚記念制覇など容易いものだ。

相手筆頭は世界に名を轟かす芝中距離のエース、アドマイヤムーン。2000メートルが「絶対領域」だろうが、小回りコースでのわずか1ハロンであれば問題ないだろう。乗り替わりはマイナス要素だが、手綱を取るのは名手岩田。調教の状態からしても、十分に勝機がある。メイショウサムソンは時計勝負になると厳しい気がするが、代表産駒テイエムオペラオーがそうだったように、オペラハウスの子は絶頂期には安定した走りを見せ、しぶとく勝つ。軽視できない。3番手には年齢的な衰えもなく、充実一途のダイワメジャー。昨年の走りを見ると不安は残るが、前走のような走りをもう1度できれば阪神内回りならではの粘り腰が出てくる。あとはここに来て一気に全盛期を迎えたポップロックを押さておきたい。カワカミプリンセスも魅力だが…牝馬の立て直しは難しく、ここで推すのは難しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/681-1facd88a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。