09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルの終焉は栄光からの転落を導くか 

22日、バルセロナはアーセナルに所属するフランス代表ティエリ・アンリとの契約が秒読み段階にあることを明らかにした。バルセロナによれば、アンリの移籍は99%合意に達しているようで、あとは詳細を詰めるのみとなっており、23日にも契約を結べる状態にあるという。25日にはメディカルチェックを受け、その後、クラブ側から正式発表される模様。なお、移籍金は約40億円と見られている。

アンリは昨シーズンもバルセロナ移籍が噂されていたが、アーセナルと4年契約を結んだことで立ち消えになっていた。それ以来、アンリは頑なに他クラブへの移籍を否定していたが、今年4月にデイン副会長が突然辞任を発表したことについて不快を示しており、その辞任騒動が今回のバルセロナ移籍に拍車をかけたと見られている。

アンリはフランスのレキップ紙のインタビューで事実を認めた。「金曜日の夜に両クラブ間で合意に達したけれど、まだサインは済ませていない。月曜日にはメディカルチェックをパスしなければならないんだ。でも、僕はバルセロナを選んだよ。4年契約にサインすることになる」と、8年間所属したクラブからの離脱を表明した。また、アーセナル監督のヴェンゲルの契約が08年6月までのまま延長されていない事実も、「今回の決断に至ったとても重要な要素の一つ」と語っている。

~超ワールドサッカーより~

オフシーズン最大のビッグディールとなりそうな話題が飛び込んできました。数週間前にも同様の話題が出ており、その時には「飛ばし記事」だと確信していたのですが、どうやら見込みが甘かったようです。

予兆がなかったわけではありません。デイン氏の辞任は、これまで二人三脚でアーセナルに尽くしてきたベンゲルに少なくない動揺をもたらしましたし、選手達にとっても良好な関係を保っていた氏の離脱はショックな出来事でした。ベンゲルは契約満了後の辞任を匂わす態度を示してきていますし、そうなれば、セスクを筆頭に彼を慕う多くの若手選手達もアーセナルを〝見限る〟ことでしょう。

新スタジアムが完成し、新たな「栄光へのサイクル」を歩み始めるはずだったアーセナルに、今、暗雲が垂れ込めようとしています。
スポンサーサイト

コメント

アンリが移籍ですか・・・。

まさかアンリは移籍しないだろうと思ってましたが、
ついにバルサへ移籍ですね。

アンリの離脱は、ガナーズにとってはかなりの痛手となりそうです。
もしベンゲルにまで去られたらチーム崩壊の危機ですね。
好きなチームのひとつだけに、心配です。

驚きました

アーセナルは、全世界で見ても稀有なスタイルを持つチームになりましたからねぇ。その指揮者はベンゲルだったわけで、象徴がアンリでした。2人を失ってしまえば、全てが瓦解しそうで、これほど残念なことはありません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/680-711c00e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。