08 | 2017/03 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・32 

7月


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

3シーズン目も望外の好成績で終えたYeovilは、いよいよトップディヴィジョン昇格に向けて戦力強化を加速させていく。主人公であるTerryはリザーブで1年を過ごし、退団ぎりぎりまで交渉は難航したが、他にオファーがなかったこともあり、ひとまず契約を延長した。全ては弟と最高峰の舞台で対峙するために――。既にメインテーマを忘れ、チームの強化に没頭する暁監督とYeovil Townの4度目のシーズンが始まった――。

7月といえば選手獲得の絶好機。そして何より1番このゲームで楽しい時期だ。限られた予算でやりくりし、チームの戦力を高めていく。マネジメントの技量が問われるだけに、ここはプレイヤーの腕の見せ所だ。





―――――――――― キリトリ ―――――――――――

1日 「Yeovil Town、新加入選手を発表」

移籍解禁日初日となる7月1日、Yeovil Townはクラブハウスで新規加入選手のお披露目会を実施した。昨季7位という好成績を残し、改めて新進気鋭ぶりを示したYeovil Townには、将来性を信じ自らもその一助になろうとする才気溢れる若手選手達が集結。初々しく、しかし精気に満ちた彼らの表情からはYeovil Townの更なる成長が確かに窺えた。

「新加入選手一覧」

・Rachid Tiberkanine(24) Leverkusenよりフリー移籍

RchidTiberkanine.jpg


モロッコ代表2キャップのテクニシャン。Leverkusenでは全く出番に恵まれなかったが、Yeovilでは主力として期待される。アラビア語、オランダ語、ドイツ語、フランス語を話すバイリンガルで、ベルギー国籍保持。背番号は8番。

・George Junior Weah(21) Milanよりフリー移籍

weah.jpg


この年齢でリベリア代表10キャップを刻む、リベリアのスーパースター候補生。父親はフットボールマニアなら誰もが知っているGeorge Weah。勇敢さの低さは玉に瑕だが、強烈な右足を持ち、総合力に長けたストライカー。背番号は9番。

・Chris James(21) Fulhamよりフリー移籍

ChrisJames.jpg


彼もまた国家の威信を背負う若きエリート。ニュージーランド代表として9試合に出場している。21歳とは思えない卓越した能力に、ストライカー顔負けの決定力を備えるアタッカー。野心的な性格は、言い換えれば上昇志向の表れ。若さでぐいぐい引っ張っていって欲しい。背番号は14番。

「記者の目~地元紙より~」

前年の大量補強から一段落し、今年は量より質で各ポジションに厚みを加えていくのがYeovil Townの方針だ。フル活動を強いられたSmithの負担を軽減できるTiberkanine、攻守共にハイレベルなJames、年齢的にさすがに苦しくなってきたButlerが安心して後を任せられるWeahと、的確に弱点を補強。いずれも若く、伸びしろのある選手なだけに、これから長期的なスパンで地力強化を図っていく同クラブにとって相応しい存在と言える。

ただ、その潜在能力は折り紙つきも、20代そこそこの彼らにチームを牽引するほどのオーラはない。そういった意味では、Davidson、Butler、Pouton、McCann、Bolderら中堅やベテラン選手がきちんと要所を締められるかが今季の鍵となりそうだ。

選手の刷新を繰り返し、上位ディヴィジョンでも戦える素材は集まりつつある。今季はいよいよトップディヴィジョンへの足がかりを築く年。ここにきて更なるビッグネームの加入がまことしやかに囁かれるなど、野望に満ちた若きチームへの注目度はますます高まってきている。オーナーのJohn Fry氏は「まだまだ昇格を望むには時期尚早だろう。着実に成長の跡が見えればいい。昨季の結果を上回ることは難しいかもしれないが、中位ぐらいは狙えると思う」と控えめに語ったが、惜しくも逃したプレーオフ進出に再度漕ぎ着けたとしても何ら不思議はない。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

2日 「Fernando Torres wins European Football of the Year」

2位はInterのIbrahimovic、3位にはChelseaのAdrianoが入った。ってか、何故にTorres?特にクラブは何のタイトルもとっていませんけど。。。

4日 「Yeovil、アイスランド代表の英雄と契約!」

Yeovil Townは4日、アイスランド代表として71試合に出場しているBrynjar Gunnarsson(33)との契約を発表した。センターバックとディフェンシブミッドフィルダーの両方をこなす同選手は、Norwichを解雇され移籍先を探していた。背番号は22番。

Gunnarsson.jpg


暁監督は、「彼のような百戦錬磨の選手がいるだけで、チームは多くのことを学べる。特にうちは若い選手が多いからね。彼らの良い先生になるだろう。もちろん、ただの〝先生〟として連れて来たわけじゃない。当然、レギュラー候補に入ってくる」と早くも信頼を寄せた。Gunnarusonは「光栄だ。私の経験を伝えると共に、当然、自身のキャリアもここで再度輝かせたいと思っている。監督を失望させることのないよう、身体をきっちりつくって開幕に間に合わせたい」と早くも開幕を見据えていた。

※怪我人が何人か出ており、かなり前から療養中のLyons、移籍前に長期離脱していたTiberkanine、キャンプで負傷離脱したEngelhardtとPoutonの4人。若手はあんまり怪我して欲しくないのだが。。。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

4日 対 Blackpool(A):練習試合

今季初ゲームはLeague Oneのチームと。昇格してから1年。自分経ちに随分実力が付いたと思うのは、スタッツで完全に上回っていたから。とりあえず開幕前に新戦力をフィットさせるのが焦点なので、センターハーフはJamesとGunnarsson、FWの一角はWeahにしてスタート。センターの2人はいきなりレイティング8を叩き出し、Weahも9分に早速ゴール。相手GKの奮闘もあって2-1と接戦だったが、内容はスコア以上に良かった。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

5日 「Yeovil Townに超大物選手が加入」

Guti.jpg



その動きをキャッチしていた者は、ほとんどいなかった。何故なら、彼が行き先に選ぶとは到底思えなかったからだ。しかし、彼はやってきた。今一度、フットボーラーとして輝くために――。

Yeovil Townは5日、R.Madridとの契約を解消していた元スペイン代表MF・Gutiと2年契約を結んだと発表した。背番号は11。

※詳報はYeovil Town外伝にて。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

9日 対 Bury(A):練習試合

4-1と圧倒したものの、ポゼッションは50対50で、パスの繋がりも悪かった。反省材料の目立つゲーム。ただ、Jamesは2試合連続レイティング8で、どうやらすんなりフィットしてくれそうだ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

10日 今作の売りであるチューター制度を活用し、WeahをFerraroに、JamesをGutiに付けた。少しでも何か先輩から受け継いでくれるといいのだが。

11日 怪我人が全員復帰し、ようやくキャンプにも活気が出てきた。若手の成長を期待しつつ、新たな怪我人が出ないことを祈る日々。練習場の改善を頼んだら「金がない」と言われたため、相変わらず施設レベルは平均的。ちゃんと選手の能力伸びるのか?!

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

12日 対 Bremen(H)

testmatch-Bremen.jpg


金を払って呼んだBremenとの強化試合は、両サイドハーフが度々相手の裏を突き、かなりのチャンスをつくることができた。その割に点数は相手のオウンゴールによる1点のみだったが、このレベルの相手によく頑張った。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

14日 ようやく怪我から復帰し、練習に合流していたTiberkanineが再び怪我で2週間~4週間の離脱。Gunnarssonも3週間~1カ月の重傷。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

16日 対 Feyenoord(H):練習試合


testmatch-feyenoord.jpg


オランダの名門との試合は、昨季も取り組んだ4-5-1の改良版を投入。これまでは2人のフィルターに両サイドハーフ、トップ下だったのが、1人をアンカー(DMF)にして、その前に4枚並べる形に変更。1トップは攻撃意識を普通より低めにした上でプレスをあまりさせないようにし、Hold up ballにもチェック。味方との連動を活性化させるイメージだ。アンカー役はメンタリティを守備的にし、徹底的にボールを拾わせる。Guti、Jamesという攻撃的な才能に溢れる選手を活かすための「人足」を担う。

成果はひとまず良好と判断していい。オランダのトップチームに対し主導権を握り、FKをJamesが直接決めて1-0勝利。内容も評価できた。

プレシーズンのゲームは全てフルに見るようにしているのだが、やはりGutiの球捌きやリズムの取り方は秀逸。ボールを簡単に失わないし、走り込む位置も素晴らしい。Jamesも、この日MOM選ばれるなどチームの中核になっている。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

19日 対 Liverpool(H):練習試合(TV)

TV中継入ってます、この試合www
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

本気で勝ちにいってどこまでやれるかを確かめたい気持ちもあったが、今は4-1-4-1の熟成を急ぐ。選手の面子はコンディションによってローテーションで回しているため、全員がレギュラーという訳ではない。

さすがに個の実力が違いすぎて防戦一方となったが、後半4-4-2に変えてからは持ち直した。特にHibbertはドリブルで2枚ぶっこぬいて決定機をつくったかと思えば、確実にヘッドで競り勝って起点となるなどエースとして奮戦。82分にはゴールを挙げて実力がプレミアレベルであることを証明した。

testmatch-liverpool.jpg


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

23日 対 Tottenham(H):練習試合

testmatch-tottenham.jpg


この試合を終えると、いよいよリーグ戦が幕を開ける。先発をレギュラーで固め、戦術も昨季終盤から使い始めた4-2-2-2にした。さすがに相手はトップディヴィジョンの上位クラス。防戦を強いられる展開になった。しかし、GKをはじめ守備陣が相手の攻撃を水際で防ぎ、ゴールは許さない。逆に32分、Weahの丁寧な落としをEstevesが右隅に打ち込んで先制点。後半に追い付かれ、1-1のドローに終わったが、内容はどうあれ結果を出せたのは良かった。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

24日 「St.Ledger、ビッグクラブへの移籍を希望」

守備のリーダーとして完全に立場を確立しているSt.Ledgerが、ここにきてビッグクラブへの移籍願望を明らかにした。クラブ側は慰留に努めたが、決心は固く、最終的にはクラブ側も移籍を容認する構えだ。

26日 「Yeovi Town、ポルトガル人ベテラン左サイドバックを獲得」

Yeovilは、昨季終了後に自由契約となっていた元ポルトガル代表Nuno Valente(34)を獲得したと発表した。「まだまだ彼の左足は健在だ。輝かしいキャリアの最後を飾るべく、我々と一緒に昇格を目指して欲しい」と暁監督はコメント。Valenteは「まだまだやれると思っている。フィジカルの衰えは経験と頭脳でカバーできるからね。Yeovil Townは伸び盛りの若手と経験豊富なベテランがミックスアップし、昨季は注目すべき躍進を果たした。今季は昇格も夢じゃない。私にとって最後の挑戦。大事にしたいね」と決意を露わにした。背番号は12番。

Valente.jpg


27日 リーグ戦の開幕を目前に控え、今季のオッズが発表された。詳しくは画像を見てもらいたいが、昨季のような図抜けたクラブがなく混戦模様。これならうちにも昇格のチャンスがありそうだ。

0910odds.jpg



27日 「R.Madrid sign De Rossi」

その額なんと7.8B!!しかし、Romaの次世代の象徴を簡単に売られてファンは激怒している。

28日 またもや怪我人の報告があった。チームの守護神Goodladだ。なんと全治2カ月の重傷で、いきなり暗雲が立ち込めてきた。TottenhamからレンタルしているButtonが成長し、それなりに使えそうな目処が立ったのは文字通り怪我の光明だが。。。

31日 Carling Cup1回戦の抽選が行われ、Yeovilはリーグ1のPeterboroughと対戦することが決まった。

スポンサーサイト

コメント

グティっすか(*゜∀゜)=3

SSを見させていただくと、さすがにフィジカルに衰えはみせますが、
スキルやメンタルはさすがですね。
外伝の方も楽しみです。

しかし一流クラブを相手に2勝1敗1分。
さすがは暁監督ですね。
私など足元にも及びませんw

そんな暁監督にお願いなんですが、
当方も久々にFMに関する記事を書いてみました。
(これでも昨年末には一時、日記を書いてたんですよ^^;)
戦術についてです。
もし、よろしければご意見いただきたいのですが・・・。
一応、TBさせていただきますね。

TBできないorz

どうもTBできないようです(´・ω・`)
できるだけトップページに残しておくようにしますので、
興味がございましたらご覧くださいませ。

あれれ・・・

トラックバック、何故できないんですかね。
(;つД`)

すみません、ちょっと調べてみます。

私は毎回書いていますが、全然ダメ監督ですって。
ヽ(;´Д`)ノ

選手の発掘だけで戦っているような気がしてなりませんから。

Gutiについては…今後を見て頂くと分かると思います。フィジカルの衰えはそこまで気になりませんし、時折輝いてくれます。時折ですけどねw

早速遊びに行きま~す♪
( ・ω・)∩

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/679-4c220ada

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。