05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・30 

4月


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

2シーズン目でチャンピオンシップに昇格したYeovilは、オフシーズンに大量補強して初年度を迎える。主人公であるTerryはどんどん影と髪を薄くし、今やリザーブリーグが活動舞台になってしまっているが・・・暁監督とYeovil Townの3度目のシーズンが始まった――。

長かった今シーズンもいよいよ残り4試合。今月はうち3試合が行われる。Yeovilは果たして何位でフィニッシュするのか。






―――――――――― キリトリ ―――――――――――

4日 対 Leicester(A)

苦戦の続くYeovilはLeicesteの本拠地、Walkers Stadiumに乗り込んだ。久しぶりにHarleyの巧みなボレーシュートで先制したが、結局踏ん張りきれずに追い付かれてしまい、またもや勝ち星が手から滑り落ちた。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

11日 対 Hull(H)

24位の降格圏に位置するHullが相手だけに、ここはすんなり勝ちたかったが、2-0にしてから圧倒的に攻められる始末。3倍のシュートを打たれる薄氷を踏む勝利で、心臓に悪かった。しかも、McCannが負傷退場。全治2週間程度らしい。。。ちなみに8試合ぶりの白星になります。長かった。(;つД`)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

14日 対 Bolton(A)

圧倒的な差を付けて首位を快走するBoltonは、既にプレーオフの権利を手にしている。その勢いは停滞するYeovilを蹂躙し、4-1と大差がついた。意地の1点はHibbert。そして、Boltonは我々の目の前でリーグ優勝のウイニングラン。この屈辱はいつか返してみせると誓った夜だった。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

25日 対 Plymouth(H)

前節の大敗を癒す声が、ホームスタジアムには響き渡っていた。応えるはYeovilイレブン。6分、36分にヘッドでHibbertが輝くと、44分にはFKからSt.Ledgerが3点目。ハーフタイムを迎えるころには勝利を確信したサポーターが飛び跳ね、歌い、踊っていた。後半はペースダウンしたものの、87分にはFerraroが最後の花火を上げて終幕。今までの鬱憤を晴らす4-0圧勝で、Yeovilは息を吹き返した。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○4月最終成績○

今月は試合も少なく、ニュースも特になし。SSを見てもらうと分かると思いますが、終盤に来て大混戦です。残りは1試合。ここでの勝敗によって順位はかなり変わってきそうです。

4gatsu.jpg

スポンサーサイト

コメント

大混戦

更新お疲れ様です。
終盤に来て凄い大混戦ですね、上も下も。
もう試合は終わってるのかもしれませんが、
なんとかプレーオフ圏内でフィニッシュしたいところですね。

まさに急展開

残念ながら僅かに足りませんでした。
(;つД`)

しかしながら、ある程度手応えはありましたし、数年後には上がれそうな気がしています。飽きる前に上がれるといいんですがw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/667-7ec07e99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。