FC2ブログ

07 | 2019/08 | 09

悲嘆すべきキリンカップ最終戦 

以前に1度書いていましたが、今日は相方と2人で有給休暇をとって、埼スタへ行ってきました。
( ・ω・)∩

途中でパチユニを購入(私は本田、相方は鈴木啓太)したり、屋台で色々な食べ物を買い込むなど、とりあえず気分から盛り上げて臨んだわけですが…試合内容は〝お手上げ〟状態。

特に、前半はコロンビアの激しいコンタクトとプレスに苦しみ、ろくにボールを回せず、強い・速い・上手い彼らの仕掛けに翻弄されっぱなし。決定力不足に助けられ、必死に耐えて前半を折り返したものの、誰にボールを収めるのか、プレスはどこからかけるのか、さらにはディフェンスラインの4枚が誰をどこで捕まえにいくのかなどが不明瞭で、褒められるところなど皆無。

酷かったのは中盤で、プレスのかかりが遅い上に、長い手足と下半身の強靭さが可能にさせるコロンビア代表の懐深いボールキープをどうにもできず、数人がかりでも交わされてしまう始末。いつの間にか混迷に陥り、何の機能も果たせなかった。

後半は運動量が豊富な羽生、今野を投入し、中盤を再整備して役割分担も明確にしたことで――ハーフタイムに指示があった?――、連動性や補完性が戻り、かつ相手の運動量がガクンと減ったこともあって何度か良いカタチをつくったが、結局ゴールは奪えず。選手交代の時間も遅すぎて、あれでは何もしようがない。3分間?カップラーメンしかできやしない。

結局、海外組と国内組の融和は全く成されておらず、ただ単に個の力の不足が白日の下に晒されたという、非常に悲しい結論だけが残った。

それにしてもコロンビアはさすが南米の雄。一人ひとりが身体的にも技術的にも強く、ミスの少さ、要所での人数のかけ方、攻守のオートマティズムも上々。これは強くなりそうだ。

---------- キリトリ -----------

「ポジション別考察」

GK:さほど出番はなかったが、相変わらず川口のハイボール処理は冷や冷やする。上への弱さは相手に重量級長身選手がいると致命的。珍しくキックの精度も低かった。

DF:前半は左サイドバックに入った中田浩二のところで、「どこでサイドに流れた相手へアタックするのか」があやふやで、無駄に余っているシーンがあった。センターバックの2人は危ないクリアミスや個の力の差で振り切られるシーンも散見され、マークのズレや裏への飛び出しへの対処も幾つかあった。無失点に抑えられたのは結果論でしかないだろう。一方、右サイドバックの駒野は引き続き好調をキープ。ワイドに開き、そこでボールを受けて縦へ仕掛けたり、時に中へ切れ込んでシュートを放ったりと、軽快さが目立った。後半から入った今野は、相手のサイド突破を抑えることのみに集中し、タスクは十分に果たした。

MF:前半は役割分担が曖昧で、鈴木が守備に忙殺されるだけの破綻状態となった。遠藤にはG大阪の時のような存在感がなく、あっという間に潰され、中村憲からはバランスをとろうという意志は感じられたものの、出し所がなく消化不良。稲本と中村俊はコンディションが悪かった。後半から入った羽生は、特定のポジションにつかず相手ボールホルダーをとにかく追いかけた。この有効性は、後半日本が高い位置でボールを奪えるようになった事実が証明している。

FW:高原は1トップで縦横無尽に動き、潰されても潰されてもポストに裏に走りまくった。相手の危機感は激しいタックルに表れており、さすがの存在感。巻もプレスとハードワークで役目は果たしたか。

---------- キリトリ -----------

「最後に」

自分は辛口だと思う。今日付の一般紙、スポーツ紙の論調を見て、改めて痛感する。けれど、誰かは感じているはずだ。「あの試合、そんなに褒められた内容だったかな」と。賞賛し、楽観的に構えるのは簡単で、結果だけを見て提灯記事を引っさげるのは簡単なこと。わざわざリスクや痛みを伴う批判をする理由なんてない。しかし、自分の価値観や信念に従って生まれたモノには責任と誇りを持ちたい。批判のための批判でない、具体的な〝指摘〟や〝疑問〟から何かが生まれることもある。だからこそ、自分は常に重箱の隅を突く人間でありたい。
スポンサーサイト

コメント

おひさしぶりです。

私も楽観的な気分にはなれませんでした。だってホームだし、相手は中1日だし、ゲームを流そうとする相手に勝ちきれなかったし、M○○Nさんは戸田恵梨香にマジで恋して入院5秒前だし、せっかく痩せた稲本が教材に使われかわいそうだし、このサッカーで真夏のアジアカップで体力が持つのか不安だし、そもそもオシムさんの相変わらずのメタボりっぷりに2010年まで持つのかハラハラしますし、Mug○nさんはパスくれないんですから。

でも、諦観しなくていい代表戦っていいもんですよ!

御無沙汰してます

仰る通りですね。それにしても、月様はそこまで戸田嬢を。。。
(;・∀・)

稲本は私の相方が好きな選手なので、ちょっと残念でしたが・・・生で見ると本当に酷かったですよ。いないのと同じ。彼はコンディションが長持ちしないからこそ、なかなか欧州リーグに定着できないんでしょうね。

Mugonさんは相変わらずパス出しませんか、そうですかwww

私はちょくちょくオフラインで触っているので、そこまで衰えてはいないはずです。また落ち着いたら顔出しますね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/664-210fea96