04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・27 

1月


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

2シーズン目でチャンピオンシップに昇格したYeovilは、オフシーズンに大量補強して初年度を迎える。主人公であるTerryはどんどん影と髪を薄くし、今やリザーブリーグが活動舞台になってしまっているが・・・暁監督とYeovil Townの3度目のシーズンが始まった――。

5位で新年を迎えたYeovil。ゲーム内容は優秀だが、主力の契約切れがラッシュを迎えており、頭が痛い。新戦力の獲得よりも、まず主力の年俸高騰をなんとかして抑え、せめて数人の新戦力を来季に向けて獲得したいところ。





―――――――――― キリトリ ―――――――――――


3日 対 Arsenal(A):FA Cup 3rd Rnd

勝てるわけもないので、サブで固めて試合へ。前半は0-0で凌いだが、後半に4点を奪われて0-4完敗。まだまだ彼らの足下にも及ばない。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

5日 「Yeovil、来季に向けて新戦力!LeverkusenからTiberkanineを獲得」

モロッコ代表として2試合に出場している若きファンタジスタ。Tiberkanineは「とにかくレギュラーとしてプレーできる環境が欲しかった。Championship?フィジカル面での場獲るが激しいイメージがあるよ。でも、Bundesligaもそれは変わらないし、適応できるはずさ。得意なプレーはドリブルとパス、それから意外性のあるプレーだね。合流を楽しみにしているよ」とコメントし、暁監督も「違いを生み出せる選手の1人。Smithとの共演が楽しみだ」と語った。

RchidTiberkanine.jpg



―――――――――― キリトリ ―――――――――――

10日 対 Norwich(H)

互いの守備陣が奮闘し、緊迫感の漂うゲームは19分にHibbertがヘッドで決めた1点を守りきってYeovilが勝利した。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

17日 対 Coventry(A)

圧倒的な人気を背負って戦う時に負けるのが勢いで戦うチームの宿命。「PKを決めていれば・・・」と悔やまれる1戦。0-1。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

27日 対 Nottm Forest(A)

苦戦必至のアウェイゲームだったが、カウンターがばっちりはまって逆転勝利。Hibbertの負傷退場が水を差したが、全治1~2週間で助かった。この試合前に正GKのGoodladが軽傷で1~5日の休養となり、急遽登場したBechetが頑張ってくれました。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

※ここに来て怪我人が増えてきた。断続的に主力の誰かが欠ける状況で、勘弁して欲しい。29日の段階でHarleyとHibbertが全治1~2週間。31日のPreston戦は欠場となっている。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

31日 対 Preston(H)

Thelwellがバックパスの処理をミスって失点し、そのまま試合はダラダラと進行。情けない敗戦を覚悟していたところ・・・Butlerがいぶし銀の働き。土壇場で追い付き、勝ち点1を拾った。( ´―`)フゥー...

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○1月最終成績○

主力とは全員契約を延長し、ボスマンではファンタジスタを1人ゲット。給与枠的にはあと1人か2人は獲得できるはずで、それは国内のボスマンが解禁になる日まで取っておくとしよう。月間成績は2勝1敗1分とまずまず。SSを撮り忘れたので、残念ながら順位表はなし。すみません。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/655-58be4162

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。