FC2ブログ

07 | 2021/08 | 09

チーノは来季も青黒と共に? 

今季終了後の退団をほのめかしていたアルバロ・レコバだが、ここにきて残留に心が傾きつつあることを明らかにした。

レコバはゴールを決めた4月29日のエンポリ戦を振り返り、「少し考えが変わったよ。ゴールをチームメイトやファンが祝福してくれたし、試合終了後にモラッティ会長から祝福の抱擁を受けて涙が出そうになった。自分の子供達や両親が観に来ていただけに、本当に特別な日だった」と語った。

さらにインテルを去るのかという質問に対しては、「私はフットボールをしたいだけなんだ。もしインテルでそれが可能なら1番幸せ。ここにとどまる確率は70%」と、移籍志願から一転、残留を選択肢の筆頭においていることを示唆した。

~超サッカー参照~

まだまだ左足の輝きは失われておらず、〝ザコバ〟でなくレコバであれば魔法の様な球捌きを見せてくれる彼。モラッティ会長の寵愛を受けて超高額なサラリーが保証されている上、サポーターからの支持も厚いとなれば、「やっぱり残ろう」と思っても何らおかしくありません。年齢を重ね、徐々に〝ザコバタイム〟が伸びていきそうな悪寒はしますが、やはり彼にしかない特異なる才能を手放すのは惜しいです。来季も青と黒のユニフォームに身を包み、ピッチに虹を描いてもらいたいと思っています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/641-ec4946ab