07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・18 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

3月





1日 対 Huddersfield(H)

久々に納得のいくゲーム展開となった。中盤でタメがしっかりとできており、パスも上手く回る。ポゼッションもシュート数も完全に上回り、安心して見ていられた。ただ、またもやスコアは1-0です…。
(;・∀・)


8日 対 Peterborough(A)

最近のYeovil Townは守備>>>攻撃のようだ。カップ戦がなくなって日程に余裕のある最近はスタメン11人の大半を固定しているため、コンビネーションは守備だろうが攻撃だろうが熟成されているはずなのだが…今のところ攻撃は全く迫力なし。点は取れないしシュート数も少ない。この試合もシュート数はたったの3で、枠内に2本飛ばして1点を奪うという超高効率ぶり。そしてこれで4試合連続の1-0勝利。もちろん、私はリセットとかはしてません。なんなの、これwww
(;^ω^)


10日~13日 「Man Utd、Alex Fergusonが辞任!」→「Roy Keane、監督としてMan Uに凱旋!!」

トップリーグに衝撃が走った。ここまで首位を快走するMan UtdのFerguson監督が突如辞任を発表し、後任には同クラブOBのRoy Keane氏が就くことになった。理由については関係者全員が口を濁しているが、一部報道によれば健康面で指揮を執り続けるのが困難になった可能性が高いとされている。

(後述はもちろん想像というか勝手な設定ですが、こんなこともあるんですね。リーグ戦は首位ですから解雇じゃないです。それにしても、Ferfusonが去ってKeaneが後釜に就くなんて、凄いリアル♪ユナイテッドファンなら垂涎物のバトンタッチでしょう)


28日「Yeovil、悪夢の行軍。乗り移りしは悪魔か」

これまで首位を快走してきたYeovilが突如止まった。15日のNerthempton戦をホームで落とすと、引き分け2つを挟んで再び下位のRochdaleに足元をすくわれ、直近4試合の成績は2分2敗。優勝が視界に入ってきたことによるプレッシャーか、それとも「息切れ」か。2位との勝ち点差は一気に詰まってきており、ファンのやきもきが伝わってきそうだ。


15日 対 Northempton(H)

●0-1


22日 対 Millwall(A)

△1-1


24日 対 Bournemouth(H)

△2-2


29日 対 Rochdale(A)

●1-2


・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・

もうね、Bournemouth戦でBrett JohnsonとLyonsが移籍後初ゴールを挙げたとかもどうでもいいんですよ。Millwall戦以後は全部下位との対戦だったのに、相手GKに神が宿ったり(15日)、ロスタイムに勝ち越されて負けたり(29日)、とにかく最低な3月でした。既にプレーオフ出場は決めているものの、突然の急ブレーキで一転して優勝争いが混迷してきた。


30日 「JP Trophy、制したのはBradford!」

Cardiffの本拠地The Millenium StadiumでJP Trophyの決勝戦が行われ、BradfordがBrightonを3-1で下し、この大会初優勝を決めた。開始直後から質の高い攻めを見せたBradfordは前半で3点を奪取。後半ロスタイムに1点こそ奪われたものの、それ以外は付け入る隙すら与えなかった。


○3月最終成績○

3gatsu.jpg


後半戦の失速で首位危うし。ただ残り試合数を考えれば、そこまで危機感を持つ必要はないか。月替わりと共に立て直しなるか、暁監督の「モチベーター」としての能力が問われそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/601-1e5c4d35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。