08 | 2017/03 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記・12 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

9月


1日 対 Crew(H)

この試合、閃光を放ったのはde Graaffだった。開始3分に移籍後初ゴールを決めると、6分にEstevesが暴力行為で退場になる苦境にも力強く攻撃陣をけん引。29分にMorrisが追加点を挙げたのに続き、1分後に再び自らゴール!6分後にオウンゴールで1点差に詰め寄られたものの、3-1で逃げ切ったYeovilは7位へ順位を上げた。


8日 対 MK Dons(A)

2位でリーグ1に昇格してきたMK Donsとの初顔合わせ。彼らはメディア予想こそ22位も、ここまで2位と大健闘している。4-4-2のフォーメーションに似た戦術を採る彼らとの戦いは互角の展開となったが、後半に試合が動く。69分、難しい角度からButlerが移籍後初ゴールを挙げ、89分にはこの日再三再四右サイドを突破していたMcCallumがヘッドで押し込み2-0。ロスタイムに全軍攻撃によって1点を失ったものの、逃げ切って2連勝♪


11日 対 Brentford(H)

なんと言っても守備陣の奮闘とFWのButlerの活躍が目立った試合。鉄壁の守備で相手の攻撃を押さえ込むと、カウンターから豪快にButlerが2発沈めて快勝!今シーズン初の無失点勝利に、ホクホク顔でございます♪
(^-^*)

12日 「そういえば、Yeovil Townには提携先のクラブがないな・・・。うちは健全経営だし、リーグのポジションも順調に上がってきた。これなら親クラブとして後見してくれるところもあるのではないだろうか。給与予算的に考えて、これ以上の補強は難しい。親クラブからレンタルで選手を獲得できれば非常に大きいのだが・・・」。ふと思い立った私は、早速オーナーにその旨を依頼した。「もっともな話だ。1~2週間ほどで結論が出るだろう」。さてさて、どこか見付かるでしょうか。

15日 対 Brighten(A)

名前だけは光り輝いていそうなチームだがw、メディア予想は16位と降格争いレベル。ところが、来年には8900人のスタジアムから22000人のスタジアムに移転するらしい。長期的には発展していくチームなのかも。で、アウェーとはいえサクッと叩きたかったのだが・・・無念のスコアレスドロー。31分にPKを失敗したのが痛かった。


19日 対 Crystal Palace(H):Carling Cup 2nd Rnd

ホームを埋め尽くすサポーター軍団の声に支えられ、必死に上手の喉元に喰らいつくYeovil。テクニック、フィジカル、才能、全ての面で彼らにもとる我々だが、前半ロスタイムにWillbrahamが弾丸ヘッドを叩き込んで手傷を負わせる。しかし、これが相手を本気にさせてしまった。後半、一気にギアチェンジしたCrystal Palaceの猛攻がスタート。54分、73分にゴールをこじ開けられ、無念の逆転負けを喫した。

それでも、去り際に送られた万雷の拍手は、その健闘を讃えていた――。


22日 対 Blackpool(A)

昨季はホームで勝ち、アウェーで分けた相手ということもあり、相性は悪くない。開始5分、Butlerのゴールで先制する。しかし、1分後に同点に追い付かれると、29分には同点弾を決めたParkerに再び「してやられ」、前半を1点ビハインドで折り返す。「硬くなりすぎているぞ、もっと楽に自分達のリズムでプレーしろ!」。ハーフタイムにはそれだけ指示して送り出した。そして彼らは甦る。持ち前のワイドな展開を取り戻し、Blackpoolを自陣に釘付けにすると、「Butler’s Show」の開演だ。55分、78分と鮮やかに舞ってハットトリック達成!Yeovilが逆転に成功する。これで終わっていれば、最高のゲームだったのだが・・・全員攻撃に転じたBlackpoolの圧力に耐えきれず86分に同点とされてしまい、3-3。試合後、「よくやった」と労ったが、彼らの顔は悔しさで上気していた。 


25日 対 Bristol Rovers(H)

激戦から中2日、リーグ2で3位に入り昇格してきた「ライバルチーム」をホームに迎えた(Yeovil Townのライバルは、Bristol Cityとこのチーム。全6チームあるのだが、他のチームはリーグ2だったり更にその下だったりで対戦がない。なお、敵対するような激しいライバルチームはないみたい)。

〝先輩〟として負けられないところだが、ホームで大苦戦。70分を過ぎても全くゴールが奪えず嫌な予感が漂う。ようやく77分にAsabaがディフェンスラインの裏に抜け出して先制点をゲットし、ロスタイムにもドリブル突破からMcCannが難しいシュートを決めてトドメを刺した。これで3位浮上!!v( ̄Д ̄)v


29日 対 Carlisle(H)

ここまで2位と好調のCarlisleとのホームゲームは、攻撃・守備共にYeovilが圧倒し、相手に枠内シュートを1本も許さない完璧な試合運び。3-0で勝利した。昨季もホームでは3-0で勝利しており、しっかりと勝ち点3を獲得し、順位も入れ替わって2位へと浮上!!

※この試合で右サイドのO’Learyが負傷。Estevesも怪我でおらず、Thelwellも長期離脱中と、右サイドが手薄になってきた。。。


○9月最終成績○

相変わらず攻撃力に支えられて上位をキープしている感じ。それでも守備はだいぶ改善された気はする。降格組はBurnleyが最下位に低迷している以外は1位、2位と上位につけている。さすが。

※このSSは全チームが12試合を消化した10月に撮ったので、3位になっています。

9gatsu.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/584-c46ea1cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。