09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の紅、誇り高きダイヤモンド 

勝たなければならない者、負けなければいい者、その「覚悟」の差は言葉以上にピッチでは明確に表れる。

立ち上がりから動き出しの速さと激しいプレスで主導権を握ったのは、ガンバ大阪だった。

2列目、3列目、さらにはサイドがボールホルダーを追い越して、分厚い攻めが構築されていく。いつもの落ち着きがない浦和は浮き足立ち、じりじりとラインを下げて後手に回る。

特に右サイドの加地と播戸はコンディションが良く、対峙するネネを手玉にとった。

そうした中で、播戸の単独突破からマグノ・アウベスへと繋がり、ガンバ大阪に先制点がもたらされる。

加速する意志。もう、2点──。

しかし、幾分勝ちみにはやりすぎたかもしれない。

押し上げて前傾姿勢になればなるほど、浅いディフェンスラインは最凶無敵のハンターの脅威にさらされる。スピードに欠けるシジクレイ、高さの足りない宮本、ガンバ大阪の頼りない「塹壕」がリスクマネージメントをどこまで遂行できるのか。諸刃の剣に思えた。

ホームスタジアムをぎっしりと浸したサポーターの大音声を受け、浦和レッズは侵略の綻びをじっくりと窺う。尖兵を務めたのは、10番を背負うブラジリアンだ。圧巻のボールコントロールでシジクレイを撫で斬りにし、エリア内へ突き進むと、GKの動きをよく見てシュート。松代の右手の僅かに先を破ったボールは、絶叫と共にゴールへ吸い込まれた。

再び3点を追いかけることになったガンバ大阪だが、落胆の色はない。攻防の地図も塗り変わることなく進む。

チャンスは再びガンバ大阪、CKから宮本が放ったヘディングは枠内を捉えたが、山岸が冷静に対処した。

前半の残り時間は刻一刻と減っていく。このまま1-1で終わるかに見えた。

しかし、その一瞬の空隙に紅が電光石火、飛び込んだ。

エリア右でボールを受けたポンテが、マーカー2人を体軸の移動だけでやすやすと振り切ってグラウンダーのクロスを折り返すと、反応の遅れたシジクレイの前へ出たワシントンが豪快に右足を振り抜く。GK松代の手を弾き飛ばす強烈な一撃はゴールネットの上へ突き刺さってから、ラインを越えた。

ガンバ大阪にとっては、絶対に許してはいけなかった痛恨の被弾。逆に浦和は優勝へ向けて大きく視界が広がる千金弾。明から暗、暗から明へ、試合が反転した。ハーフタイムを示す笛が鳴り響いた直後、何事か悔しそうに呟いてロッカーへ向かうガンバ大阪・西野監督の顔は、土気色に落ち込んでいた。

大勢決す──。漂う空気が明快に主張する。

後半14分には、右サイドからのアーリークロスをオーバーラップした闘莉王が巧みに落とし、再びワシントン。マークすべきシジクレイは直前に負傷でピッチを離れていた。受け渡しの不備を見逃すような男ではない。丁寧に振った頭に導かれた白球は、ガンバ大阪を奈落の底へ突き落とす3点目となった。

青と黒の縦縞から、精気が抜け失せていく。それでも前だけを向く彼は美しく、前年の覇者たるに相応しい意地を見せて1点を返した。この誇りがあれば、来年も、また彼らは頂上で交わることだろう。伝説の始まりは、また新しい伝説の始まり。追う立場は追われる立場になり、様を変えて繰り返される。

夕闇迫る金色の薄光が、勝者と敗者を色分けしようとしていた。

その輝く光を全身に浴びて、深紅の戦士達と共有者達が頂(いただき)へと昇りつめた──。






おめでとう、浦和レッズ。

We are Reds!!

いつまでも、どこまでもこだまする歓喜が、心地よかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/544-42105933

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。