05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yeovil Town日記1 

【設定】

・Selected Leagues:England(League Two and above)、Italy(Serie A TIM only)、Spain(La Liga only)

とりあえずこんな感じで設定してみた。他に数カ国の選手を全ロードしているはずなんだけど・・・忘れたwww

ちなみに監督の設定は自分自身を投影して、セミプロ出身にしました。あとは何故かイタリア国籍を持っている「ダブルスタンダード」にしてます。我等が日本国は二重国籍認めてないから、実際にはありえないわけですがw

チーム情報はこの間貼ったので良いかなとも思いましたが、一応もう1回貼っておきます。あとはチームの主力選手を。


「Yeovil Town」

このディヴィジョンのチームにしては珍しく借金もなく、移籍金が6Mあり、給与予算も余っている。補強成果次第では、それなりに成長が見込めそうな気がする。関連設備も普通に揃っているし。

「主力選手」

・Chris Cohen

ChrisCohen.jpg


彼が唯一の希望w とにかく久々に下部リーグでやると能力の低さに驚愕しますね。(;・∀・)


「初年度改革案」

メディアの予想は24チーム中21位ということで降格候補扱い。オーナーもサポーターも「降格争い」を覚悟しています。4チームが降格するわけですから、メディアの予想を覆す戦いをしなければなりません。とりあえずRotherhamはマイナス10ポイントからのスタートで、かつメディア予想も23位となっていることから、降格は確定的でしょう。残り3チームの中に入らないよう、なんとかせねば。

このレベルだと移籍資金が6Mしかなくても補強は結構なんとかなるもので、とりあえず30代中盤とかの大ベテランを安価で獲得して戦力値を底上げします。上がり目のないベテランの獲得は「使い捨て」の感もありますが、降格を避けるためにはそうした「ドーピング」は欠かせない。元からいる選手が全く頼りにならないなら、全とっかえでも良いわけで。とりあえず手当たり次第に目ぼしい選手へオファー。取りすぎて持て余すなんて考えは無用。今回は怪我が多いようなので、選手は幾らいても困らないし。

ただ、予算を余らせたまま給与枠を超えてしまった。
(;・∀・)

もっとも、アシマネにフィルターかけてもらって残ったメンバーで使えそうな選手は一握りで、だいたい満足いく補強はできた。あとはローンで補填すれば戦えるはず。とはいえ、ローンをチームが受けても選手が拒否るってケースが続出し、なかなか上手くいってないんですけどね。
(;´Д`)

ちなみにコーチ陣も増員。今回はコーチの人員枠も決められており、いきなりコーチだけ超充実という作戦はできなくなったが、それはリアルに近づく良い変更だと思う。

というわけで、新戦力の発表。

【新加入選手】

・Carl Asaba フリー移籍で獲得

CarlAsaba.jpg


所属しているFWの選手がイマイチなため、このポジションの補強は急務だったが、なかなか良い選手がおらず、やっと見つけたのが彼。この能力でも、チームトップクラスでレギュラー確定です。

・Colin Woodthorpe 英League2のBuryより100kで獲得

ColinWoodthorpe.jpg


37歳と高齢ながら、左サイドバックとセンターバックの両方をこなせる選手ということで獲得。まだスタミナは2桁あるし、能力もそこまで悪くない。

・Sean Dyche 英League1のNorthamptonより100kで獲得

SeanDyche.jpg



35歳の大ベテランで、守備に必要な能力が十分にある。ヘッド、マーク、タックルの数値に見所が。空中戦には強そうだ。

・Ian Tayler 同じくNorthanptomより300kで獲得

IanTaylor.jpg


こちらはなんと38歳です。ただ、中盤の底に入る選手として重要なチームワークやらワークライトやらが高く、精神的な支柱として期待します。

・Alton Thelwell 英ChampionshipのHull Cityより200kで獲得

AltonThelwell.jpg


初の若手選手獲得!!キタ━━(゚∀゚)━━ヨ
彼の加入にファンは喜んでいましたが、非常にバランスの良い選手ですね。特段取り柄はないものの、もう少し基礎能力が伸びれば十分活躍できるでしょう。

・Alan Pouton 英League1のGillinghamより100kで獲得

AlanPouton.jpg



彼も加入を喜ばれた選手。足は遅いが、中盤の底でチームに活力を与えられる好プレイヤー。ドリブルは下手なんで、とっととパスをはたいてリズムをつくって欲しいものです。

・Richard Witschge 蘭セミプロのADO’20より500kで獲得

RichardWitschge.jpg


素晴らしい大物をゲット!!!このレベルではずば抜けた力を持っている元オランダ代表選手。攻撃陣の核として、チームを牽引して欲しい。36歳の彼が活動可能なうちに昇格したいなぁ。

本当は他にも数人の選手と交渉までいったんですが、給与予算枠の関係でオーナーが拒否。これにて補強は終了でございます。

このままだとボスマンでも選手獲れないし、なんとか不要な選手を売っぱらって補強できるようにしとかないとなぁ。移籍資金だけメッチャ余ってるのは意味がない。

同時にコーチやフィジコなどを数人補充。これもオーナー様のご意向を窺いながらのため、そこまでの成果は見込めず。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【プレシーズン】


とりあえず前作で使っていたトレーニングメニューをインポートして、そのままフィジカル強化に注力。テストマッチはいっぱい組まれていたので、それをこなしながら選手の適正を見ていく。

フォーメーションはもちろん4-4-2で、下部ディビジョンということもあり、ダイレクトで繋いでフィニッシュまでというのは断念し、速いテンポで細かくパスを繋ぎ、ディフェンスも高い位置を保って全体をコンパクトに。もちろん私は攻撃サッカーを志向するので、メンタリティは基本的には攻撃的。アウェーではショートカウンターに切り替えるが、ゲームの主導権を安易に渡すことはしない。結果が出なければ改めますが。過去のシリーズでは通用してたから、たぶん大丈夫(根拠なしwww)。
(ノ´∀`*)

にしても、本当に怪我人が多くて困る。特に期待のエースAsabaが最初のテストマッチで潰されて全治2カ月とかってありえないから。
(;つД`)

その後も続々と負傷者が出てしまい、ついにFWのポジションが2人しかいない状態に。レンタルで片っ端からオファーを出しても、「選手が」断ってくる始末。チーム間ではいずれも合意してたのに・・・今作は弱小にはとことん辛いのか?!


【テストマッチ結果】

対 Aldershot(A) 2-2△

英下部リーグのチームとの練習試合が就任以来初指揮となったが、残念ながら引き分けに終わった。スタッツはほぼ互角で、仕上がり具合はまだまだ。Grayの2ゴールが光った。

対 Hearts(H) 0-3●

スコットランドの強豪との試合は戦力値の差を見せ付けられる完敗。どのポジションのどの選手を比較しても相手にならん。

対 Histon(A) 1-3○

ここでようやく初白星。もっともセミプロ相手に1点を失っているようでは話にならないのだが・・・3点はいずれもFWのゴールで、それなりに前線は活性化しているっぽい。Webbなんて能力は滅茶苦茶低いのに、結構個人で打開したり鋭いドリブル見せたりしている。

対 Ipswich(H) 0-2●

上位ディヴィジョンの相手にやりたい放題された。さすがにこのクラス相手だとシュートを打つのも一苦労。収穫なし。

対 Crawley(A) 3-2○

乱打戦を制して2勝目をゲット。ポゼッション、シュート数で上回り、試合を支配しての勝利だけに価値がある。「攻撃陣は」。

対 Braintree(A) 2-2△

最後のテストマッチはシーズンインに向けて良いところを見せて欲しかったが・・・セミプロ相手に2失点で引き分け。6試合で14失点ってどういうことだよ。
ヽ(;´Д`)ノ

『テストマッチを終えての感想』

ラインが高すぎて守りきれないのかもしれないなぁ。もう少し下げた方が良いような気もする。ただ、試合を見る限りでは個人能力で突破されてる感も強い。もちろん、いきなりサイドバックの裏を突かれて独走→ゴールというのも見られたため、依然として見極める必要はある。


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

7月31日 Coca Cola League Oneの昇格オッズが発表された。我々は41倍で文句なし(?)の降格候補だ。地元記者からも「今の陣容で降格を避けることは難しいのでは?」と言われたが、私は胸を張って「我々は勇気を持って戦い、必ずや降格を回避してみせる」と宣言した。これによってチームの士気も上がり、格下とのホームでの開幕戦戦は勝利を望めそうだ。

odds.jpg


※相次ぐ怪我人。練習はそんなにハードじゃないんですが・・・しかも、だいたい2週間以上なのがタチ悪い。(;つД`)  既に主力のうち3人は負傷です。

8月4日 Carling Cupの抽選会があり、Southamptonを引き当てました。はいはい、おつかれちゃ~ん。┐(´∀`)┌

8月5日 対 Port Vale(H)

opening.jpg



ホームで開幕戦を迎えられたのは、昨シーズン15位のお陰なのかどうなのか。よく分からないが、折角補強したエース候補など怪我人続出の中で臨んだ暁Yeovil Town初陣は、前へ前へと向かう攻撃的姿勢を前面に出したYeovilが「シュート祭り」を制し、2-1で勝利。白星発進となった。
v( ̄Д ̄)v

openingresult.jpg



【試合後記者会見】

――初の公式戦となりましたが、勝ち点3を手に入れました

「長いシーズンの一歩目を勝利で飾れたことは嬉しいよ。怪我人が多く、チームとしてのコンディションはまだまだこれから上がっていくところだが、出場した選手たちが満足いくパフォーマンスを見せてくれた。この調子でいきたいね」

――メディアからは降格争いが妥当と判を押されていますが

「その前評判が間違ったものだったとシーズン後には皆が気付くだろう。降格の恐怖など全く感じていないよ」

――今シーズンの目標とファンに一言お願いします

「まずは攻撃的な姿勢を貫いて1つでも上の順位を狙っていく。魅力的なフットボールと結果は両立できると思っているからね。ファンの皆さんを失望させることのないよう、精一杯手を尽くしていくのでスタジアムに来て是非応援して欲しい」

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

8日 対 Northampton(A)

アウェー用に某掲示板での好評を見て、4-4-2DefensiveのYeovil Townヴァージョンを作成。この試合で投入してみた。内容はまずまず良かったのだが、一発に沈み0-1で敗戦。

※試合後にマスコミから「PKをもらってもおかしくないシーンがありましたが」と振られたが、「審判には敬意を払わなければならない。確かにLynchが倒されたシーンはPKに見えるが、それをとらないのも主審の判断だ。こればかりは仕方ないよ」と落ち着いた対応を見せた。

こんなのまで増えたのか!!
( ゚Д゚)ヒョエー


12日 対 Brighton(H)

ホームに戻って我々が本命のゲーム。ってか、さすが24チームもいるだけあって日程が厳しい。ただ、そのわりにはコンディションはまずまず。前節で左サイドバックのレギュラーだったRentesが怪我離脱したところへは33歳のベテランJonesを起用。試合は開始1分で先制したYeovilが相手の一発退場などにも助けられて3-2でシーズン2勝目を挙げた。えっと、Jonesがあっさり退場しましたけど・・・。一応、この勝利で順位は4位になりましたw

※やっぱり怪我人多すぎるような・・・。いや、確かに実際のフットボールシーンでも怪我は多いですが、もっと短期間でしょう。こう長いのばっかりだと戦えないですって。
(;つД`)

keganinoosugi.jpg



15日 Mark Lynchが怪我。全治1~2週間だってさ。┐(´∀`)┌ ちょっと練習の付加をMediumの最低ラインまで下げてみた。どうせ能力なんて伸びないんだから、怪我だけしないようにしないと。

19日 対 Carlisle(A)

敵地ながら積極的に攻めたYeovilだったが、相手GKの堅守に阻まれてゴールを奪えず。逆にFKを直接決められて0-1で敗れた。ハイライトはこっちのが多かったんだけどなぁ。
(;つД`)


21日 InterがVillaを6.4Bで獲得!!今季2度目の大型移籍ですな。

23日 対 Southampton(A):Carling Cup 1st Rnd

遥かに格上のチームに一方的な防戦を強いられた試合は、後半に入ってカウンターから一刺し加えることには成功したが、88分に決勝点を奪われて敗戦。シュートは3本しか打てず、枠には1本しかいかなかったが、それをきちんと決められたのは良かった。SkacelやMcBrideという過去のFM日記でお世話になった2人を見られたのも感慨深い。


25日 UEFA Super Cupが行われ、BarcelonaがSevillaを2-1で下して勝利した。

26日 対 Bradford(H)

ここまで負けなしの3位と快走続くBradfordをホームに迎えた。試合前、「サポーター達のために勝利を目指そう」とはっぱをかけた成果か、試合を通じてYeovilが主導権を握ったが決定力に欠け、逆にカウンターから被弾。公式戦3連敗となった。


26日 伊・Supercoppaは、Interが3-1でRomaを撃破し、まず1冠。




○8月最終成績○

出足こそ良かったものの、そこからは苦闘が続き現在は16位。内容は悪くないだけに、降格はせずに済むか。

8gatsu.jpg












スポンサーサイト

コメント

Carl Asabaは使えますよ。

 こんにちは。

 Carl Asaba、ヤツを獲得しましたか。でも、いきなり故障とは...。Demo版でチェルトナムやった時、僕も獲得しておりまして、足はそんなに速くないけど、結構使えますよ。2トップのシステムなら、相棒はチョロチョロ動き回るタイプがいいかもしれませんね。

 『FM2007』、やはり故障者続出ですか。あっちこっちのブログでも報告されてるし、2ちゃんでも話題になってます。発売から1ヶ月、そろそろニュースが聞こえてきても良さそうなのですが...。

 そういう意味じゃ、その辺のバグが少ない『CM2007』の方に、どうしても軍配を上げちゃうなぁ。グラフィックの稚拙さは相変わらずなんだけど、鳴り物入りで導入されたプレイ・ゾーン・システム、これ使い慣れてくると結構楽しい。一人一人の選手の個性がよく分かり、作戦を立てる上で役に立ちます。ただ、考えすぎるあまり、ゲームを進める時間が極端に遅くなりますが...。

 毎日更新、毎日バ○騒ぎが、ウチのブログの方針なんで、いつでも遊んでやってくださいマシ。

遅くなりました

Asaba選手、たびたび怪我で戦線を離脱しておりますが、試合に出れば確実に活躍してくれてます♪(詳しくは、今後の日記にて)

怪我人続出については、対応パッチが11月末に出るようなので気長に待ちます。でも、練習の負荷を下げれば、それなりに怪我は避けられるような気もしています。今、ゲーム内で2カ月くらいは怪我人でてないですからね。たまたまかもしれませんが。

CMに実装された、そのシステムは興味津々で見ておりました。CMはその前作の散々なイメージがあって(買ってないので見ただけですが)手を出してませんが…あまりグラフィックとかこだわらない人間なんで、ちょっと気になってはいます。Jリーグもあるんですよね。

駒さんのところへは本当に毎日行ってます。というか、全てのFM系サイトを毎日訪れてますwwwどこかしら更新されていると、宝物を見つけたような気持ちになるのは私だけでしょうか。
(;・∀・)

ってか、自分こそもっと早く更新しろよって感じですが、ゲーム内ではようやく12月に入ったところなので、明日辺りに1月分更新しようとは思ってます。
( ・ω・)∩

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/533-b16a9249

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。