07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらっとマイルCSについて 

日本馬は本職のマイラーではないダイワメジャーが1番人気になるなど層が薄いが、そろそろ外国馬を止めて欲しい。ここ数年は日本の短距離レースは外国馬の「草刈場」となってしまっているだけに、奮闘を期待したいものだ。

◎ダイワメジャー
○マルカシェンク
▲プリサイスマシーン
×ダンスインザムード
△ハットトリック


本命は天皇賞で見事な復活を果たしたダイワメジャー。右回りは元々得意で、マイルは重賞も制しているように問題なし。一気に突き抜ける脚はないため、流れが速くなると後ろから来た馬にやられる可能性はあるが、前走と同様に上手く先行して抜け出せればGⅠ連覇となる逃走Vが見えてくる。

個人的には、クラシックレースの全レースで買ったマルカシェンクが一押し。2歳時に見せた短距離適正は本物で、中長距離で発揮しきれなかった切れ味がフルに出せる場所かもしれない。あとは頼りない福永が「レースの波」を捌けるかどうか。


一発があるとすれば、昨年も5着と健闘したプリサイスマシーン。前走は何故か全く人気がなかったが、(私のように)彼の性格を知っているヒトには簡単に彼の勝利が読めた。GⅠでは底力的に今一歩も、勝ち切れる強さを持つ馬のいない、このメンバーなら間違いなく勝負になる。

このレースが事実上引退レースとなりそうなダンスインザムードも押さえておきたい。能力的な衰えは確かに見えるが、スピードでは全く見劣らない。花道を飾るために、仕上げも万全だ。

連下候補として、京都適正満点のハットトリックを忘れずに押さえておきたい。彼のような気分屋は、忘れたころに飛んでくるもの。

「デットーリが乗る馬は3馬身違う」と言われるように、世界最高の騎手デットーリが駆るコートマスターピースは何より恐いが…日本馬の頑張りを祈って無印にした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/531-bd33f3ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。