09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol37~ 

11月


1日 10月の最優秀選手にTouloouse FCのJeremy Mathieuが選ばれた。25歳のフランス人プレイヤーは、未だ代表招集経験こそないものの左サイドバック、ボランチ、ミッドフィルダーとマルチな才能を持つ有能なタレント。

1日 対 AS Monaco(H)

ここまで順調にリーグ戦を消化してきたGrenobleは、今節も安定した試合運びを見せた。

4-4-2のフォーメーション、ハーフの4枚をチーム所属年数の長いメンバーで固めたお陰か、ポゼッションでMonacoを圧倒的に上回り、開始6分には早くもHugo Almeidaが先制点を挙げる。後半は互いに牽制しあい、ゲームは硬直したものの、終盤戦にドラマは待っていた。

76分、Grenobleのディフェンスラインが僅かに綻んだところをKallonが突いてMonacoが同点に追いつく。しかし、これでゲームは終わらない。迎えたロスタイム、Bagayokoの力強い突破に思わずMonacoのJoneleitが足を引っ掛けてしまい、土壇場でGrenobleにPKがもたらされる。キッカーはRenato。ゆったりとした助走からゴール右隅へ落ち着いて打ち込み、2-1。

こぼれ落ちかけた勝ち点3をGrenobleが何とかものにした。Renatoは移籍後初ゴール。

※再び国際Aマッチのために代表選手は出発です。次の試合まで2週間あるため、Maladrerie Caenと練習試合を組んでみた。もっとも、コンディション調整のための練習試合なので相手は適当。


7日 対 Maladrerie Caen(H)

そんなわけで練習試合。シュート35本を浴びせて相手には1本のシュートも許さず、3-0で快勝した。当たり前です。Akrourが2ゴール。

※代表戦で大久保が負傷。全治は1~3週間。同じくOliveiraは1~2週間。練習試合で負傷したMalleinがやや重く、全治1~2カ月。うーむ、怪我人が多いなぁ。

※そういえば練習設備の改善を要求して受け入れられたんだった。早く完成しないかなぁ。


15日 対 FC Istres(A)

17位のチームが相手ということと、1週間空いてコンディションが万全だったことから久々に4-3-3で試合へ入る。すると攻撃陣は期待通りの破壊力を発揮し、Bagayoko、Renato、Bonazzoli、Besagnaが続々とゴール!4-0としたところで気が抜けたか89分、90分と立て続けに2点を返されたものの、4-2で一蹴した。負傷退場したZerkaが全治1カ月。これは痛い。


18日 対 Arsenal(A):CL Grp F

4連勝でグループリーグ突破を早くも決めているArsenalはモチベーションが高くなかったのか、28分にvan Persieが先制点を奪って以降は前線が機能不全に陥り、逆にGrenobleはハーフタイムの激励でお目覚め。53分にこの日3トップの中央に入っていたHugo Almeidaが同点ゴールを突き刺すと、6分後には再びHugo Almeida!

更に76分、Besagnaがヘッドでチーム3点目を決め2点差とし、最後はエースBagayokoがロスタイムにトドメ!!Emirates Stadiumでの虐殺に青ざめるガナーズファンを尻目に、スタジアムの隅で声援を送り続けたサポーターと選手達は枯れんばかりの大声でチャントを発し続けた――。

この試合、GKのSanchezが久々でも活躍したほか、Chiumientoが左ウイングで輝いたのは嬉しい誤算だった。素晴らしいパスを連発し、レイティングは10のMOM。ようやく居場所を見つけたか?


※同日ホームでJuventusに0-2で敗れたSportingは5連敗となり最下位が確定した。最終節の結果次第ではグループ3位のGrenobleにもチャンスは残っているが、グループ2位のJuventusは勝ち点で3、得失点差で5ほどGrenobleを上回っているため、Juventus対ArsenalでArsenalが頑張らない限り相当厳しいだろう。

※ずっとW杯予選の関係で留守にしていたGuarinがようやく戻ってきた。2試合共にレイティング9を叩き出してきてくれたのは嬉しいが、怪我人の多い時に不在じゃ困るんですよ!一応背番号10なんだから!!!


22日 対 Guingamp(A)

相手は最下位に澱むチーム。こういう試合で重要なのは、ゴールラッシュを見せてかつ無失点で終われるかどうか。引き続き攻撃的な4-3-3を採用し、気合いを注入して乗り込んだ。

その監督の意気込みはチームに染み入るように広がり、Grenobleは理想的なゲームを披露する。開始2分という早い時間にBonazzoliのヘッドでリードを奪うと、38分再び頭でBagayokoがゴールを挙げて前半を終える。迎えた後半もGrenobleのペース。56分、またもやBonazzoliが滞空時間の長いヘッドでゴールネットを揺らし、3-0と勝負は決した。Grenobleの全ゴールは頭によるものだ。ある意味貴重w

※これでリーグ戦5連勝を達成。未だ無敗と今季は凄いぞ!!

※チームの状態が良いときに、馬鹿なことをやらかすヤツがいた。このところ出番のないFaragが23日の練習を欠席。即刻、監督として警告を出した。


29日 対 Toulouse FC(H)

圧勝続きでモチベーションの非常に高いGrenobleは誰にも止められない。11分のChiumientoのゴールで口火を切ると、16分Bonazzoli、27分Bagayoko、32分Bonazzoli、43分Ait-Alia(PK)と前半だけで5-0とし、後半も52分にDeletraz、61分にAit-Alia(PK)と2点を追加。55分にはSantosに1点を取られたが、7-1と記録的な大楽勝となった。Chiumientoは何と1ゴール5アシストの超絶パフォーマンスで、左ウイングのポジションを完璧に手中へ収めた!!もちろん、MOM。

※この試合負傷退場したBesagnoだが、全治1週間と軽症で良かった。


○11月最終成績○

圧倒的な強さで首位キープ♪

11gatsu.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/503-6e4508b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。