03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol129~ 

1月


1日 French player of the yearが発表され、NewcastleのN’zogbiaが選出された。また、GrenobleのBagayokoがForeign player of yearに、French Revelation of the playerにBordeauxのChamakhが、Manager of the yearにGrenobleの暁 空也が選ばれた。

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

Bagayokoは昨年から大活躍してるため当然っちゃ当然も、まさか私が選ばれるとは!!!
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人

※受賞にあたって、暁監督から地元紙へコメントが寄せられた

まさか選ばれるとは思っていなかっただけに、本当に嬉しいよ。今シーズン、これまで首位に立っていることも評価に繋がったのかもしれないね。それら全ては選手達が全力を尽くして奮闘してくれたからであり、ファンの方々の声援、さらにはチームを構成するオーナー、スタッフなど関係者のお陰だ。心からの感謝を捧げたいと思う。

そして、寄せられた多くの期待に応えるためにも、後半戦に良い状態で臨み、できるならば優勝も狙ってみたいね。


※選手獲得の予定は無かったが、オーナーが「有名選手を獲れ」とうるさい。獲らないと心証が悪くなるしなぁ・・・でも、選手は余ってるくらいなんで不要。それよりも、Skacelにオファーが殺到し、ついに最低譲渡金の額を提示するチームが現れた。RC Lensなのだが、本人も乗り気のようだし、ここは快く送り出そう。左サイドはChiumientoとFaragがいるしね。もっとも、Skacelのが圧倒的に強いけど。約1.03Bで売却。


5日 対 AS Monaco:Coupe de France 9th Rnd

さて、「モナコ祭り」の第1弾ですなwww
(;・∀・)

冬季休養明けでコンディションはマチマチだが、とりあえず状態重視で選んでみた。ちなみに2トップは大黒とAkrour。ディフェンスラインのセンター部分も控えです。カップ戦は前から言ってるように「なるべく勝つ」というスタンスですから。

ただ、折角のホームゲームで無様な試合はできない。

と、気張ってみたところで選手は久々からか立ち上がりの反応が鈍い。9分、30分とKallonにネットを揺らされ2点のビハインドを負ってしまう。ようやく目が覚めたか、ここから反撃に転じるGrenobleは、33分にダイレクトプレーの連続からAkrourがゴールを決め、5分後にはオグリが見事なドリブルから同点ゴール!!!

前半は2-2で折り返す。

「1点を取ってこい!!!」

激を飛ばして送り出した後半、Maulidaのミドルシュートであっさりと失点。頭を抱えたが、Akrourが素晴らしい活躍。巧みなコントロールシュートですぐさま追いつく。

熱戦はついに延長戦へ。刻一刻と過ぎていく時間。PK戦突入を覚悟した120分、ドラマが起こった。途中出場のZerkaが右サイドを駆け上がりクロスを上げると、二アサイドへ飛び込んだのはOliveira!!劇的なゴールでGrenobleが逆転勝利を手にした。
ヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人


6日 Coupe de France 10th Rndの抽選会が行われ、アマチュアのNoisy-le-Secというチームとの対戦が決まった。良かった、次は油断しなければ楽勝だろう。

※今年好調のOliveiraが負傷。全治1~2カ月だとさ・・・。(;つД`)

7日 ヨーロッパの各ポジション最優秀選手が発表された。GKはBuffon、DFはTerry、MFはRonaldinho、FWはIbrahimovicに決定。順当なとこでしょう。ってか、昨年とほとんど一緒じゃないかな・・・。


12日 対 Bordeaux(H) 3位

終始劣勢を強いられたGrenobleは、先制されては追いつき、突き放されてまた追いつくという苦しい展開。なんとか2-2のドローに持ち込んだが、シュートは2倍の数を放たれ、内容は完全に負け試合です。

14日 European Footballer of the Yearが発表され、Real MadridのCassanoが受賞した。どうやら活躍しているようですな。

15日 対 AS Monaco(H):Coupe de La ligue Quarter Final

ってか、6人も代表でいないんですけど・・・。アフリカンが多いチームの宿命か・・・。2トップは仕方なく日本人コンビ。対するMonacoはベストメンバー。さすがに勝てないみたい。Floro Floresに2点を決められ0-2の敗北。まぁ、67.5Mの収入が入ったからよしとしよう。

19日 対 Le Mens(A) 18位

降格圏内でもがくLe Mensとのアウェーゲームだが、相変わらずこちらは主力のアフリカンがお休み。やっぱり構成比が高すぎるなぁ。とりあえずベンチにはKoutouanとかMatingouなどのリザーブ組を入れておく。

開始8分、早くも試合は動く。自陣深くからAmbourouetが放ったロングパスに大久保が走りこみ、長い距離をドリブルで駆け抜けてGKを引き付け、ループシュート!

あっさりと先制に成功したGrenobleは中盤の守備でWernblomが奮闘し、後半にはPKを得て追加点。相手のシュートミスにも救われて(10本中枠内1)、2-0で逃げ切った。

※なんと首位のLyonがPSGにアウェーとはいえ5-0で大惨敗。再びGrenobleが首位に立った。


21日 World Footballer of the Yearが発表され、ChelseaのIbrahimovicが受賞した。また、同日World Player of the Yearも発表され、BarcelonaのEto’oが選出された。

23日 対 PSG(H) 7位

前節Lyonを5-0で爆砕したPSGをホームに迎えた。攻撃力に魅力のある両チームだけに撃ち合いも期待されたが、退屈な内容に終始し、スコアレスドローの痛み分け。やはりBagayoko、Akrourの不在が大きい。

26日 対 OGC Nice(A) 14位

中2日が続くが、アフリカンご一行は遠くアフリカ大陸で戦っているのでローテーションが機能しない。コンディションはある程度目を瞑り、ギリギリのところで回していく。相手が下位なのが救いか。

しかし、22分に先制点を許すと、前半ロスタイムにオグリが決めて追いつき後半10分に勝ち越し点を挙げたものの、その4分後に失点して無残なドロー。内容では上回っていたのだが・・・。


30日 対 Noisy-le-Sec(A):Coupe de France 10th Rnd

中3日で今度はカップ戦。息つく暇もない。もっとも、相手はアマチュアで4日前よりは遥かに楽だ・・・と思ったのは間違いだった。開始僅かに5分で失点したものの、18分にオグリのゴールであっさり追いつき、「ここからは楽勝だろう」と思ったのだが、そこから撃てども撃てどもゴールは入らない。まだまだ過密日程が続くため、90分で試合を決めるべきだったのに、ついには延長戦へ突入。そこで2点を決めて結局は勝ったのだが、試合後選手は疲労困憊でスタジアムを去った。


○1月最終成績○


1gatsu.jpg




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/490-fe01bf8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。