05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol28~ 

12月


1日 11月の月間最優秀選手にLyonのJuninho Pernambucanoが選出された。32歳にして、能力はまだまだ全開。さすがにスピードとスタミナは11しかないが、テクニック系は完璧です。

1日 対 RC Lens(H) 9位

Lensも波に乗り切れていないのかぁ・・・。油断はできないが、Bagayokoの開始早々のゴールで楽になった。追加点こそ73分まで奪えなかったが、珍しく守備陣が守りで魅せ、73分に途中出場のAkrourがようやくチーム2点目を奪取。ロスタイムにはBagayoko、Akrourが相次いで決め、4-0で完勝。


4日 対 Rapid Wien(A):CL Grp C 第6節

既にグループリーグの突破を決めているが、1位通過と2位通過ではやはり次を見据えて1位通過が望ましいところ。Sevillaが簡単に取りこぼすとも思えないだけに、最終節も負けられない。

GuarinがFKを直接決めて先制したGrenobleは、前半ロスタイムにAkrourが追加点を挙げ、2点差とする。しかし、同じくロスタイムにカウンターから1点を返されて2-1で折り返すと、後半相手が退場者を出し優位に立ったものの、73分にWernblomのミスから痛恨の同点ゴールを許し引き分け。幸いSevillaが引き分けたため順位に変動はなかったが、こんな脆弱なディフェンスラインでは決勝トーナメント1回戦敗退だろう。


8日 対 Lille SC(A) 11位

アウェーにもかかわらず立ち上がりから猛攻を仕掛けたGrenobleは、この日攻撃陣が絶好調。5分の大久保のゴールを皮切りに、11分Oliveila、25分Bah、37分大久保、45分Guarinと前半だけで5点を奪取し、後半にもOliveilaが1点を加えて6-0と大差で勝利した。6-0のスコアはチーム史上最大得点らしい。
V( ̄Д ̄)V


14日 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の抽選が行われ、Grenobleはトルコの強豪Fenerbahceを引き当てた。これなら何とかなるか?!

16日 Coupe de France9回戦の抽選が行われ、なんとこの段階でMonacoを引き当ててしまった; ま、こんなカップ戦などどうでも良いさwww


18日 対 St.Etienne(A):Coupe de La ligue 2nd Round

この試合が終わると短いウインターブレイクに入る。気持ちよく新年を迎えるためには勝たねばならない試合だ。

相手はリーグ戦で6位とまずまずの位置につけるSt.Etienne。この段階で当たるにしてはかなり歯ごたえがある。うちは奇跡的に首位に立っているが(びっくりした)、個々の能力では中位が精一杯。互角の勝負となりそうだ。ただ、相手は前線の2選手が出場停止。その辺りが隙となるか。

キックオフから積極的に前へ出るGrenobleは、前半24分、エリア左からディフェンダー1人を交わしてエリア内へ侵入したAkrourが難しい角度から右のサイドネットへ強烈なシュートを突き刺して先制。さらに35分にはGuarinがペナルティエリアの外からGKの位置を見極めたループシュートを沈めて点差を2点とする。2分後、今度は大黒がスルーパスに抜け出して試合を決定付ける3点目をゲット。後半は互いにシュートが枠を外し続ける退屈な時間となったが、Grenobleがリーグ戦首位の勢いを感じさせる3-0でSt.Etoenneを一蹴した。
お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!


19日 Coupe de La ligue Qtr Finalの抽選が行われ、またもやMonacoを引き当てた; こんなの有り得な~い (;´Д`)


○シーズン前半戦を振り返って○

これにてウインターブレイクです。なんと首位で折り返したわけですが、かなり嘘くさい首位なんで、後半戦は踏ん張ってチャンピオンズリーグ圏内を死守したいなと。だいぶ金使ってますから、収入減はチーム崩壊を生みかねないので・・・。

前半戦の好調を支えてくれたプレイヤーは、なんといってもディフェンダーのNevaでしょう。画像を見てもらえると分かりますが、個人レイティングで首位を走っており、チーム全体の失点が嵩む中にあって彼の奮闘は目につきます。もっとも、何故これだけレイティングの高いディフェンダーを抱えて失点が多いのかは謎なんですが。
(;・∀・)

20060924092535.jpg



あとは例によってエースのBagayoko。開幕直後は6点台が多くて心配しましたが、やはり地力が違います。何故か他クラブから全く興味をもたれないでいますが、最低譲渡金が設定してあり、しかも彼は一向に外してくれないため、このまま注目されずにいて欲しいところ。

新戦力では、大久保が期待以上の活躍を見せてます。当初は「賑やかし」として獲得したに過ぎなかったのですが、非常に勝負強い。貴重なゴールも多く、なくてはならない戦力になりました。

最後に、成長著しい選手をご紹介。以前に「獲ったの忘れてた」なんて酷い扱いをされたBaur選手。怪我がちなのは難点ですが、ぐんぐん伸びてます。まだ19歳。先々が楽しみです♪

20060923233630.jpg




○12月最終成績○


12gatsu.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/488-31a00f65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。