10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol25~ 

9月


1日 8月の月間最優秀選手に我等がBahが選出された。リーグ戦5試合(うち1試合は途中出場)の平均レート8点と好パフォーマンス。

8日 対 Stade Rennais(H) 18位

どうしたことか下位に低迷しているRennaisとの試合は、11分に好調大久保のゴールで先制したGrenobleが35分にも大久保のアシストからBahが追加点を挙ると、相手の反撃をロスタイムの1点に抑えて勝利した。大久保は裏に抜け出すタイミングがよく、左右にも広く動いて球の収まりどころとなっている。良い買い物だったか?

10日 チャンピオンズリーグのタイトルオッズが発表された。1番人気はChelseaの6倍で、以下、Real Madridが7倍、Portoが8倍、9倍でMilanとArsenalが並び、Juventusの10倍までが上位人気。Grenobleは66倍。

11日 対 CSKA(Sofia)(A):CL Grp C

ついにGrenobleが本戦に初登場!!オッズでは何故か負けているものの、能力的には上回っているはず。アウェーでも勝ち点3を狙いにいく。

試合はこの日今季初先発のオグリが奮発のスーパーパフォーマンス。12分、44分と前半に2点を挙げてチームに勢いをもたらす。オグリは軽症マークが付いたため惜しくも前半で交代となったが、後半もGrenobleの勢いは止まらない。58分、Akrourが倒されて得たPKを職人Ait-Aliaがきっちり決めて3点差とし、最後は大久保!!相手の荒いプレーに2人の負傷退場者を出したが、初戦を4-0で制しグループリーグ突破に向けて好発進となった。

※負傷退場2人(Pele、Farag)は共に全治2週間弱。
ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

15日 対 SM Caen(A) 17位

中4日のアウェーゲームということもあり、コンディション落ちしている選手は入れ替え。完全にターンオーバーが板についている我々にとって誰が出ようがクオリティは保てる。そのために、一応在籍年数や試合出場履歴を考慮してメンバーを分散させているのだから。もっとも、リアルでここまで2チームを使いまわす監督がいたら叩かれるんだろうなぁ・・・。

さて、この試合も今季初先発の方が。左サイドバックのSivestriさん34歳です。リザーブに落としていたんですが、Ramosの怪我で左サイドバックが手薄になったためにファーストチームに上げてみました。そこまで能力も衰えていないし。また、長く怪我で離脱していたChiumientoが久々に復帰。下位相手に試運転です。

ところが、それが大誤算。なんと前半40分にいきなり相手FWを引き倒してレッドカードを頂戴してしまう。

仕方なく、既にイエローを貰っており、イラついてパフォーマンスが落ちていた大久保を交代させ、Bagayokoの1トップに変更。相手が17位と低迷中だったため、これでも十分勝てると思ったのだが・・・一向にゴールを割る気配がない。そしてそれは90分間続き、退屈極まりない試合は0-0で終了。痛いドローとなったが、一応選手には慰めの声をかけておいた。どうしたことか、Bagayokoはこの試合レイティング5と低調。今季は一転して迫力がない・・・。


19日 対 Olympique Lyon(H) 3位

序盤戦の山場がやってきた。相手は断トツ優勝候補のLyon。だが、うちはBarcelonaを破ったチームだ。恐れることはない。勇敢に戦おうじゃないか。

その決意が選手達に伝わったか、いきなり開始4分、Bagayokoが頭で先制点を挙げる。
しかし、さすがはLyon。慌てず騒がず機を狙い、38分にCKからCrisが打点の高いヘッドで同点弾を叩き込む。さらに前半ロスタイム、ディフェンスのクリアミスをカットしたBenzemaがクロスを上げ、そこにCarew!!強烈なヘディングシュートがゴール右隅に決まり、Grenobleは1-2で前半を折り返す。

「なにをやってるんだ!もはや言い訳は無用、ただ勝て!!!」

初めて選んだ喝。一縷の望みを賭けた怒声が、後半の逆襲を生んだ。

目が覚めたか圧倒的にLyon陣地へ押し寄せるGrenobleは62分、アーリークロスにBagayokoが再び飛び込んで同点とすると、80分にはBagayokoが巧みなドリブルで抜け出しハットトリックとなる決勝点!!2分後には70分からピッチに立った大久保のミドルシュートも決まり、4-2の大逆転勝利となった!!!
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

いやぁ、効果てき面でしたね。1番上の選択肢なんて初めて選んだよw でも、こういう時には効き目があるみたいです。うむ、久々に嬉しい勝利♪


22日 対 Toulouse FC(A) 3位

好調Toulouseとアウェーで激突。ふむ、オッズ上はこちらが本命だが・・・侮りがたし。うちは前節で劇的勝利を収めたメンバーからガラッと入れ替わってるしなぁ。

不安は的中。Akrourが無人のゴールに決められないなど後半までスコアレスドローで動き、交代で入ったオグリが大久保とのコンビで先制したものの、直後にあれよあれよと2失点。8試合ぶりの敗北を喫した。
(;つД`)


26日 対 Rapid Wien(H):CL Grp C 第2節

ホームにRapid Wienを迎えましたが・・・何故に相手が本命?絶対負けないと思うんだけどなぁ。

前半23分にオグリが削られて退場、51分にはBagayokoが同じく削られて退場とFWを2人失う嫌なムードを払拭したのは途中出場の大久保!77分、後方からの長いボールに走りこむとGKの鼻先で方向を変えるテクニカルゴール!!ハードタックルとベタ引きで閉じこもるWienゴールをこじ開けた。83分には、Bagayokoの交代時に右サイドバックからFWへポジションを変えていたZerkaがヘッドで追加点を挙げ(なんでも出来る選手だなぁ)、2-0と快勝。相手のシュートを枠内0の2本に抑えた守備陣も好パフォーマンス。まぁ、18本打って枠内7、得点2の攻撃陣がだらしなかったということか。

浮かれてる場合じゃないな・・・怪我が心配・・・。

なお、この日のハーフタイム時の指示は「1点取ってこい!」。一応、効果が出たのかな?

※Bagayokoは4日~1週間、オグリは6日~2週間と軽症。助かった・・・。

30日 対 AJ Auxerre(A) 12位

結論から言えば、守備陣のダメっぷりで落とした試合。しかも、大久保で先制→Zerkaが自ら倒されて得たPKを決めて2-0→FKを直接決められる→「わくわくしている」→同点弾を浴びる→大久保執念で勝ち越し弾→4-4-2ディフェンシブにフォーメーションを変更→86分Poyetにこの日2点目となる同点ゴールを許す→終戦という流れが悪すぎる。そのくせ、レイティングはどの選手も悪くないし、どうなってんだ?
┐(´∀`)┌

3-3という大味極まりない試合の末、最悪のドロー。守備全然堅くなってないじゃん。


○9月最終成績○

9gatsu.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/480-d82455a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。