09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忌み嫌われるプレーの是非を問う① 

よく言われていることだが、ウイイレのネット対戦においては、これをすると叩かれる、暗黙のうちに禁忌とされているプレーがある。

それらは何故か次第に数を増やし、なにやら怪しいものまで制約されてしまっている。
以前にも述べたが、確かにサッカーを愛するプレイヤーには到底我慢ならないスタイルがある訳で、なるべくならお目にかかりたくはない。戦意が明確に削がれるし、その状態でやるプレー時間ほど無駄な時間は無いのだから。

つまり、切断してくる外道は論外として、4トップの方、あまり見かけない珍奇なフォーメーションを使う方、危険なスライディングばかりして退場を繰り返し、ゲームの流れをぶった切るヤツなどとは、基本的に誰もがプレーしたくないのである。

しかし、時にこの不快さを都合の良いように逆手にとり、自らの不徳を恥じずに非難する輩もいるが、これも愚の骨頂であろう。

例えば、ゴール前でこねまくることは、さも大罪かのように断じられているが、甚だ不可解だ。

こねられるということは、明らかに攻撃側の技量が相手の守備の技量を上回っているからであり、守備側はきちんと回り込んだり、先読みしたりすれば、的確にボールは奪取できるはず。にもかかわらず、自由にキープされたからと言って難癖つけるのは、さすがにいかがなものか。

第一、先日のウエストハム対アーセナル戦では、シュートも打たずに繋いでこねてエリア内やエリア付近で停滞するアーセナルの攻撃を、散々見せられましたが?

あれを見て、ウイイレでエリアに入ろうとチャレンジするわけでもなく、ミドルシュートを撃つわけでもなく、なんとか繋いでこねてスルーパスを出そうとするプレイヤーの苦悩を思い出してしまった人は少なくないはずだ。

自分自身は、ミドルレンジからのシュートを積極的に放つし、ゴール前ではパスよりドリブルによるアタックが多いので、当てはまりはしないのだが、これを見せられてイライラしたり不快になったりしたことはない。

もちろん、これは志向性の問題であって誰かが非難されるべきことでもないのだが、少なからず変な不文律がはびこってある現状は少し窮屈ではないだろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/47-da258375

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。