08 | 2017/03 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol11~ 

5月~6月

3日 対 Coupe de France Semi Final(A)

リーグ戦2位が確定した今、目標はこの大会1本。相手に同じ2部リーグを引いた強運に賭けて、なんとしても決勝に進みたい。

試合はGrenobleが前半40分、相手クリアが小さいところに飛び出したDiarraが強烈なミドルシュートを放ち、先制する。しかし、Istresはすぐさま反撃。ロスタイムにFerreiraがワンツーから抜け出してゴール左隅に流し込んで同点に追いつく。

前半は1-1で折り返すと、後半は決勝の大舞台を目指す両チームの意地が試合をヒートアップさせる。

まずはIstresが49分に相手スローイングをカットしたM’futiのゴールで勝ち越すと、Grenobleも72分にカウンターからPKをゲットし同点に追いつく。

残り18分での同点劇に気勢を上げるGrenobleだったが、この日は守備陣がこれまでの堅守が嘘のような低パフォーマンス。同点弾から僅かに4分、クリアミスから相手FWFaizonにフリーでエリア内に侵入され、強烈なシュートの前にGKは1歩も動くことが出来なかった。

その後、攻撃陣は全力で相手ゴールに迫り、2度終了までにチャンスを迎えたが決めきれず。無念の準決勝敗退となった。

※準決勝敗退のGrenobleは72・5Mの分配金をゲット。移籍で金を遣いまくったから、助かります。

3日 この日第36節を迎えたリーガ・エスパニョーラは、首位のReal MadridがアウェーでValenciaを2-1で破り、2002年以来の戴冠を果たした。最終順位などを含めた詳細はシーズン終了後に。ちなみに残り2試合で2位はDeportivo、3位Betis、4位Barcelona、5位Real Sociedad。相変わらずゲームではベティスが強いですな。

6日 対 Dijon FC(H)

Grenobleの枠内へのシュート1本。この事実だけでいかにだらしない試合だったか分かる。オッズ1.6倍に全く応えられない退屈な0-0。試合後の暁監督は久々に無言でスタジアムを後にした。本当にこんなチームで来年やっていけるのか?

10日 Newcastle対Hertha BSCのUEFA杯決勝は、PK戦までもつれ込み、これを6-4で制したHertha BSCが初優勝を飾った。おめでとう!!

12日 対 SM Caen(A)

別にもう見なくても良いのだが、一応見てみる。Nevaが前半早々に退場して10人での戦いを強いられたGrenobleは、それでもリーグ2位のチームとして先制点を挙げたのだが・・・前半で同点に追いつかれると後半に2点を追加されて完敗。


これにて長かったリーグ戦は終了!!

~仏2部リーグ・2005/2006シーズン~

<FC Grenoble>

20060801213903.jpg



※チームとしての結果は写真参照

「ゴール数」

28 Akrour
15 Koutouan,Ohguro
6 N’Diaye,Diarra
4 Menassel,Ait-Alia

「アシスト数」

13 Akrour

「マンオブザマッチ数」

8 Akrour

「レイティング」

7.38 Dobo
7.35 Pele
7.33 Diarra,Cantareil
7.29 Akrour


「最優秀選手」

Mangione(SM Caen)

「スター選手?(Star of the Season)」

Livramento(Dijon FC)

「スターGK?(Star GK)&最優秀GK」

Mouko(Dijon FC)

「最優秀監督」

Domergue(Montpellier SC)

※暁空也は3位。おいおい、降格候補を昇格させたんだぞ ( ゚Д゚)ドルァ!!

「スターイレブン(?)&ベストイレブン」

うちのチームから選ばれたのはDoboとサブでDiarra。他は割愛www.

「得点王」

Akrour(FC Grenoble)

見事にうちのエースが得点王をゲット!!彼は地元紙に、「このタイトルを取れたのは監督のお陰だよ。彼がチームを強くしてくれたからこそ、そして彼の攻撃的な志向があったからこそ、私は得点王になれたんだ」と監督への感謝を捧げた。
なんて、良いヤツなんだ。(;つД`)

「最も成長した選手」

Psaume(FC Sete)



―――――――――― キリトリ ―――――――――――

※自身の契約更改時に既に移籍資金が振り込まれていたのをすっかり忘れていたため、これから移籍市場に参戦。昇格が決まっていることで、ボスマンでも興味を示してくれる選手が増えたし、なるべく新しい選手が欲しい。このまま昇格しても、到底太刀打ちできないからだ。1部リーグレベルの選手なんて、半分もいないからなぁ・・・。かと言って、移籍資金3億円ではなかなか1部レベルの選手なんて獲れないし・・・悩みどころでもあり、面白いところでもある。

17日 チャンピオンズリーグ決勝が行われ、PKまでもつれた熱戦はリバプールが制し、チェルシーの初戴冠を阻止した。

20日 Coupe de France決勝戦が行われ、我等を破ったFC IstresがParis Saint-Germainを3-2で下し、初優勝を飾った。悔しいなぁ。

21日 リーグ戦を3位で終えたBarcelonaがRijkaard監督を解任した。後任には様々な名前が挙がっているが、果たして誰になるやら。にしても、ゲームだと簡単に解任されちゃって可哀想だね。後日、Laudrupの就任が発表された。


○選手獲得○

この時期が1番楽しいんですよね。限られた予算でどれだけの選手を獲得できるか。とりあえず5月末までに加入が決まった選手を挙げておきます。

・Fabian Boudarene(27) DM 仏1部リーグFC Sochauxよりフリー移籍。7月1日に合流

20060801213308.jpg



Diarraに負担がかかり過ぎている守備的なセンターハーフを探していたところ、なかなかの選手を発見。フリーだから、気兼ねなく使います。

・Ahmed Samir Farag(20) AM LC 仏1部リーグFC Sochauxよりフリー移籍。7月1日合流

Ahmed.jpg



エジプト人を何となくで獲得してみたwでも、なかなかの能力でしょ?順調に成長すれば、手薄な左サイドの「主」になってくれるかもしれない!

・Davide Chiumiento(21) AM LC 伊1部リーグJuventusよりフリー移籍。7月1日合流

Chiumiento.jpg



松井のLe Mansにレンタル移籍していた彼は、そこそこの活躍をしたみたいだがユベントスからの契約延長はなかった様子。というわけで、獲得してみました。スイス期待の新鋭ですな。

・Jan Schlosser(23) GK 独1部リーグFC Bayernよりフリー移籍。7月1日合流

20060801213515.jpg



GKが心もとないため色々と探していたが、フリーに良い選手がいた。一応、今シーズンレンタルでうちに来ていたChabertが獲れそうなのだが、念のため確保しておく。

・Lionel Bah(26) DM 仏2部リーグStade Reimsより40Mで獲得。7月1日合流

20060801213550.jpg



Diarraど同タイプのフィジカル系ディフェンシブハーフ。欠点らしい欠点のない素晴らしいプレイヤーで期待は大きい。彼がこの値段で買えるとはね。

・Nik Besagno(17) DC DM 米1部リーグSalt Lakeより40Mで獲得。7月1日合流

20060801213624.jpg



ちょっと面白そうな選手だったので獲得してみた。17歳とは思えない高い能力は、どこまで伸びるか。既にフル代表でも6キャップと末恐ろしい逸材だ。なんで獲れたんだろ;

・Freddy Guarin(19) DM M RC 亜1部リーグBocaより200Mで獲得。7月1日合流

guarin.jpg



今回の超目玉。FM2006では有名で、私自身も何度かお世話になっているスーパーコロンビアン。見よ、19歳にしてこの能力。ユーティリティ性も抜群で、チームの屋台骨となる選手。


○テストマッチ○

アシマネが阿呆なのか、選手がまだ休養中に1試合組みやがった・・・。

6/16 FC Grenoble 0-2 Dinamo Kiev

6/25 Libourne St-Seurin(フランスの3部リーグ) 0-4 FC Grenoble

6/29 FC Grenoble 3-0 Shaffhausen(スイスのクラブ)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/440-3625b924

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。