03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニュアルパスは芸術だ 

皆さんはマニュアルパスを使ってるだろうか?

AIやプログラムの進化によって、×パスやスルーパスの精度はかなり高くなり、また、ほぼ自分の思う相手、場所へきちんと出る制動力から、マニュアルパスを使わなくても理想的なパスゲームを行うことが容易になった。

対戦の主要場がネット上へ移り、新たにラグという問題を孕んでいる今、精緻な調整が不可欠で、ややもすれば見当違いの方向・威力で暴発してしまうマニュアルパスを使うプレイヤーが、はたしてどれだけいるのだろうか?
最近知り合った某氏のプレーを見るにつけ、全てのパスをマニュアルで出していた自らの全盛期に想いを馳せ、再び本格的に挑戦したいという意欲が沸いてくるのを禁じ得ない。

上記したように、確かに元々割り当てられている×パス、スルーパスとプレイヤーの意図とのシンクロ率は向上している。実際、「そこじゃね~よ(怒)」というような局面は、1試合に数回だろう。

しかし、極限まで突き詰めたレベルの中では、その数回のミスが命取りになることだってある。そして、守り慣れた相手(迂闊にDFを飛び込ませたりしない、スペースをきっちりとマニュアルカーソルチェンジで潰す、ドリブルへの対応力が高い)を崩すためには、予想外なプレー―通常出せないような位置へのパス―が求められるのだ。

さて、マニュアルパスの長所・短所を考えれば…

【長所】威力や方向(8方向)が自由に決められる、スペースを狙える。
【短所】操作性が悪く、出しにくい。ラグ等によって暴発する。

と、ざっとこんな感じだろうか。

私はマルセイユルーレットとかしない性質上、右スティックを完全にマニュアルパス仕様の設定にしているため、ある程度楽に出すことができる。これは、かなり前のシリーズからずっとなのだが、押し込みながらという操作だと失敗が多いため、マニュアルパスを使うためにはこの設定が良いと思っている。当り前

では、どんな局面で使うと有効だろうか。

個人的には、

○相手のプレスが激しく、守備がきっちりと攻撃側を捕まえている時、少しずらした位置にマニュアルパスでボールを出し、そこに走らせてマーカーや相手守備陣形をずらす。

○相手ゴール前でクロスを放る時に、普通のロングキックによるクロスでは精度、威力があまりに適当なため、自分で微調整してピンポイントに供給する。

という狙いで使っている。

グラウンダーのマニュアルパスは結構使っていたが、浮き球は少し威力の調整が難しく、下手すると本当に見当違いな場所に飛んでってしまうため、結構リスキーであることから、あまり使っていなかった。

ただ、前述した某氏に触発されて相手ゴール前での使用を積極的に行っていたところ、感触がそれなりに良かった。

もちろん、まだ挑戦を始めたばかりだが、この感覚を信じて突き詰めていきたいと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/44-b7d6dc13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。