05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒエラルキーを上手に活かして能力アップ 

PC版のユーザーは、その絶対数が少ないだけに、いわゆる猛者と位置付けられる有名どころが、ある程度はっきりとしている。

また、その人それぞれのスタイルも流布されており、例えばスルーパスが主体であるとか、ごり押しであるとか、3トップでウイングをタッチラインにベタ付けであるとか、ドリブルが激巧いとか…などなど、同じPC版ユーザーの皆さんなら、直ぐに頭に思い描けるのではないだろうか。

これこそがPS2版との大きな違いであり、個体数が少ないという状況を逆手にとり、そういった方々を―表現は悪いが―巧く活用することで、ウイイレ力をもう一段階上のステップに進ませることが可能になるのである。


つまり、ネット対戦を通じて現状の自分の実力がどの位置にいるかを把握し、自らのプレイスタイルを冷静に見つめ直した時に、どう攻められて失点しているか、何がダメで攻めきれてないかをきちんと捉え、それに適した相手をピックアップし、積極的に相手をしてもらうことで苦手分野を克服しようというのが、今回の主旨である。

例えば、守備の局面で相手のドリブルを止められず、簡単に突破されて失点してしまうのであれば、ドリブルの名手と言われている○○○○○○氏に揉んでもらえば良いし、圧倒的な個体差を利してゴリゴリと押し込んでくる相手になかなか勝てないならば、○○○○○○○氏や〇〇〇〇〇〇〇氏に挑めば良いわけである。

逆に、楽しく、まったりとやりたければ、有名無実化した「@E」なぞを付けるよりも、私やw、〇〇〇〇〇〇〇〇氏、〇〇〇〇〇〇〇氏、〇〇〇〇〇氏、〇〇〇〇氏と対戦すれば、楽しく・魅惑的な時間を過ごせること間違いないw

そういう使い分けが容易なのも、PC版独自のコミュニティであり、PS2版で嫌な思いばかりしている人(サッカー好きな方、楽しくやりたい方)には本当にお勧めしたいのである。

追伸:〇ばっかりで全く分からないと思われますが、良い意味でも悪い意味でも晒すことになるので、一応控えました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/43-4fb6cc40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。