10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol2~ 

8月

3日 ばりばりレギュラーのAit-Aliaがウェイトトレーニング中に負傷し、全治3週間~1カ月。おいおい、開幕前なんですけど・・・。orz

5日 いよいよ開幕戦。相手はSM Caenです。こちらのオッズは4倍で相手が1・8倍となっており、ホームにもかかわらず厳しい予感がします。能力をざっと見るだけでも、確かにうちより1枚上手。しかも気温は32度!負けたくねぇ。 ふむ、ベンチ入りは5人なのね。悩むところだなぁ・・・。

相手にはミランで活躍したイブラヒム・バがいたり。ホームでの開幕戦ということで観客の前で初勝利を挙げたかったが、選手は期待に応えて素晴らしい出足。ゲームを支配すると、エースのAkrourが前半37分に先制点をゲット。後半早々にもDiarraが公式戦デビューゴールを決めて2-0と快勝。オーナーもお喜びです♪

12日 FC Seteとのアウェーゲームは戦前の予想に反して決定機を多々創ったが、FW2人が決めきれず、逆にミドルシュート1発の前に屈した。しかも、この試合で正GKが負傷し、全治3週間から1カ月。orz

19日 CS Sedanとのホームゲームは、エースのAkrourがハットトリックの大爆発。途中出場のKoutouanにも初ゴールが生まれて4-0の圧勝。オッズは4倍だったが、ホームでは強いな、うちは。

sedan.jpg



24日 次戦の相手Stade Reimsの監督から「暁氏はチームを降格から救うだろう」との言葉を頂いたので、一応彼の手腕を賞賛しておいた。エースのAkrourは喜んでくれたが、ディフェンスリーダーのNevaは「他のチームの監督を褒めるべきでない」と渋い顔。

26日 そうして向かえた試合は、前半25分に大黒が初ゴールを叩き込んで先制すると、後半にもKoutouanが貴重な追加点。守備陣の奮闘で相手の攻撃を無失点に押さえ、見事アウェーゲームを制した。

※移籍期間終了を前に、再度ローン可能選手にオファーを出す。拒否する選手続出の中、優秀なGK(Baptiste Chabert)と右サイドハーフのバックアッパー(Florent Marty)を獲得。特に前者は即スタメンの能力がある。いつか欲しいなぁ。

baptiste.jpg


Florent.jpg



※プレイ開始直後にユースから引き上げたLionel Mallein(17)が凄い勢いで成長してきた。このまま成長が続けば、2年後くらいにはスタメン張れるんじゃないか。テクニックは無いけど、他の能力は満遍なくある。

Lionel.jpg



※右サイドバックのレギュラーを務めていたKamissokoへオファーが来た。値段を聞いてきたので、評価額6・5Mの約10倍の50Mで返答したところ、あっさり受理。もったいない気もしたが、これだけの金額があれば2人有能な選手を獲れると判断し、送り出すことに。移籍先でも頑張ってくれ~。

31日 そして、その金で必死に選手を探し、代わりにより優れた選手をゲット!しかも、たったの8Mで。本当はもう1人と交渉してたんだけど、残念ながら時間切れ。冬の移籍での補強を狙う。

○新加入選手○

Alexandre Barbier(26) D RC 仏2部リーグStade Reimsから8Mで

サイドバックとしての能力は前任者を遥かに上回る。積極的に上がってクロスを放り込んで欲しい。

Alex.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/419-a1944bd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。