05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~グルノーブル vol1~ 

○フォーメーション○

以前にも書きましたが、基本的には4-4-2信者のため、このチームでも4-4-2が基本スタイル。選手も顔ぶれを見ても4-4-2が最適だと思う。とりあえずセンターハーフは頼りないため、ディフェンス時はポジションを下げて相手のバイタルエリアを塞ぎにかかる。特に変わった設定は施しておらず、ミランでスクデットを獲得したフォーメーションとほぼ同じ。

20060707224534.jpg



○テストマッチ○

対Pau FC

記念すべき初采配は仏3部リーグのチームが相手。能力的には完全にこちらが上のはずが、まだまだチームに戦術が浸透していないからか、あっさり先制を許す。しかし、地力で勝るグルノーブルは徐々に試合を支配し逆転勝利。大黒が先制点&MOMの活躍。

test1.jpg



対 Stade Rennais

1部の強豪レンヌとのテストマッチとはビックリしたが、0-1の敗北とまずまず健闘した。シュート数は3:5、ポゼッションは五分五分。ただ、クロス成功率が3%では点は取れないさ・・・。

対 FC Metz

新加入選手が合流したこの試合は前半から攻撃陣が爆発。エースのAkrourが前半だけでハットトリックを達成し、大黒もゴール。後半はメンバーを入れ替え、1点を取るにとどまったが、相手はリーグ1のチーム。この感じは良いのでは?5-0勝利。

対 Lille SC

同じく1部リーグのリールと。ポゼッションが52:48、シュート数では12:6と相手を完全に押さえ込み快勝。これは予想外の強さだぞ。2-0勝利。

3siaime.jpg



対 Thionville

フランスのアマチュアとコンディション調整。シュート28本を浴びせて7-0で快勝した。

対 Guingamp

ここ3試合のレートが10、9、9と好調だったオグリさんはW杯予選出場のために欠場です。同じ2部リーグチームとの試合で、かつ最後のテストマッチということもあり、ベストメンバーで戦ったところ、2-0と完勝。降格?そんなん有り得ないな。

testlast.jpg



○選手獲得○

Moke Diarra(21) DM 分割払いの17Mで仏2部リーグのGueugnonから獲得

足は遅いものの、勇敢さに溢れる中盤のダイナモ。パスセンスも優れており、チームの心臓部に優秀なプレイヤーが加わった。

diarra.jpg



Malek Ait-Alia(27) DRC,DM,MR 9.5Mで仏2部リーグStade Lavalから獲得

アルジェリア代表として2試合出場している中堅のオールラウンダー。フィジカル面が充実しており、PK職人という意外な面も。私自身がマルチプレイヤーが好きなため、こういうプレイヤーが欲しくなる。

malek.jpg



Orlando Silvestri(32) D/WBL 13Mで仏2部リーグValenciennesから獲得

左サイドバックは控えがいない上に能力的にも心もとなかったため、とりあえずベテランを補強。攻撃的なポジションも守備的なポジションもこなせるバランスの良い能力だが、クロス下手なのは微妙か。

orland.jpg



Yann Dobo(27) AM LC 17Mで仏2部リーグUS Creteilから獲得

こちらも左サイドのプレイヤー。年齢はそこそこいってるが、アタッキングミッドフィルダーとしては良い能力を持っている。ただ、集中力が7なのは気掛かり。文句を言える資金などないので目を瞑ってみた。

dobo.jpg




11日 リーグ2の昇格オッズが発表された。本命に推されたのはSC Bastiaで2.75倍、以下、CS Sedan、Montpellier SC、SM Caen、Guingamp、FC Istresとなっており、うちは40倍と完全に圏外。さてさてどこまでいけるかな。

27日 カップ戦(Coupe de La Ligue)の抽選があり、初戦の相手はUS Creteilに決定。このカップ戦、2部リーグと3部リーグの一部が参戦するみたいです。

○練習試合を振り返って○

29日の練習試合を最後に、いよいよ8月5日から2部リーグの開幕です。相手のレベルはまちまちですが、6戦5勝1敗の成績はなかなかではと。特に1部リーグを破った2試合は自信になりますね。新戦力も早々にチームへ馴染んでるみたいですし、不安よりも期待の大きい開幕前って感じです♪

【データ】

6試合=18得点・2失点

得点者=Tony Koutouan(3),Masashi Ohguro(3),Nassim Akrour(5),Yann Kermorgant(4) Biagui Kamissoko,Malek Ait-Alia,Moke Diarra

並び替えは面倒だったため、適当にwww
FWの2枚はかなり優秀で、ゴール以外にもチャンスメイクで活躍してました。センターハーフの1枚、ヤンはFWもこなすだけあってゴールを量産。ロングショット18は伊達じゃないようで、2点はロングシュートからでした。ただ、パス10はゲームメーカーに向かないような・・・。

総評=能力以上に選手が頑張っており、想像以上の好成績を収めた。戦術浸透度も速く、新加入選手もフィット。相変わらず右サイドハーフやセンターハーフの1枚と左サイドハーフは心もとないが、なんとかごまかしていくしかないw

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/415-4d78d62b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。