07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3バックは使えないのか~クラブチームで試してみよう1~ 

3バックを使用しているクラブチームは、驚くほど少ない。WSDの別冊によれば、欧州トップリーグで3バックなのは、ウディネーゼ、シエナ、レッジーナ、ナンシーの4チームだけである。

基本的に極端にリアル志向な私は、元々そのチームが使っているかどうかを盲目的に優先させてしまう傾向にある。なんとも融通の利かないバカっぷりなのだが、こればかりは仕方ないw

さて、この中から選ぶとすれば…当然ウディネーゼということになる。何故かと聞かれると返答に困るのだが、やはり自分的に馴染みがある選手が多くないとモチベーションが上がらないからだろうかw

そんなどうしようもない理由だが、とにかく使用チームはウディネーゼで。
さて、ウディネーゼであるが、現状のパッチではまだピサロやヤンクロフスキーが所属している。だが、前述したような理由から、この2名は登録外とし、試合には使用しない。なんてバカなんだ

詳しい戦術に関しては、試行錯誤しながら決めていく方針で、とりあえず現状では…

①3バックを高めに設定

②ボランチは完全に守備専業のDMF

③ウイングバックはかなり低めに配置し、攻撃意識を後ろにつけて守備時には5バックになるように

ってことだけが決まっている。DFとDMF、WBの距離を近くしたのが工夫といえば工夫で、サイドからの崩しにはDMFが後退し、ウイングバックは手動で下げていくという動きが奏功しているのか、今のところはそれなりに機能している気がする。

ただ、必然的にチーム全体が収縮しながら動くというのは、ダッシュを繰り返すことにつながるので、スタミナの減りが非常に早いのが欠点。前半だけで半分近くに減ってしまうこともあり、無駄なダッシュをしなくて済むようにプレイヤーは細心の注意が求められる。

なお、「個」としてはムンタリが非常に目立っている。守備時は必ずゴール前やエリア内まで後退し、豊富な運動量を活かしたプレス、ボール奪取で危険地帯をきっちりケアしており、何度と無く失点を免れている。

やはり、この戦術のキーはDMFが握っているようだ。



udi.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/39-15184b04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。